40代で転職するのは大変?知っておくべき「35歳限界説」とは?!

一般的には、どうしても難しくなると言われている、40歳を超えての転職。特に未経験職種への転職は難しさがUPしてしまうと、転職そのものを思いとどまっている40歳以上の方もいるのではないでしょうか。
しかし、きちんと「天職が難しいのはなぜか」を理解し、かつポイントさえ押さえた転職活動をすれば、40歳以上でも未経験職種への転職を成功させることは充分にできるのです。
そこで今回は、40歳からの未経験職種への転職が難しくなる理由「35歳限界説」を皮切りとし、知っておくべき転職活動のポイントをご紹介していきます。

40からの転職はつらいってホント?!「35歳転職限界説」を知っておこう

転職をするに際して、実は「35歳限界説」というものがあるのをご存知でしょうか?
この説は、読んで字のごとく「35歳が転職の限界の年齢である」という説です。それではなぜ、35歳という年齢が、転職をするのに限界の年齢と言われているのでしょうか。
この説は、まず「転職に際して、相手方企業が求めていること」に端を発しています。実は、35歳というのは、「同業他社への転職」ならば、限界とは真逆で、なんと「有利な年齢」といえるのです。

その理由は、35歳になるまでに積み上げてきたキャリアにあります。

たとえば、大学卒業からずっと一つの会社に勤め続けているとします。そうすると、35歳になるまでには、それなりの役職についていたり、役職についていなくても、仕事に対する理解は深く、キャリアとして認められます。
ですから、即戦力の欲しい中途採用においては、働き盛りとして歓迎されるのです。ですが、限界説の怖さはここからです。「有利」でないのは、未経験業界への転職なのです。
転職理由として、

  • 「この業界にいたくない」
  • 「新しい業界でチャレンジしたい」

と思うとします。
そのとき、社会人としての知識や能力を求められる20代と違って、上記でも述べたように、即戦力を求められる35歳以上、40歳の女性の未経験業種の転職は、どうしても困難になってしまうというのは分かりやすい事実でしょう。

あきらめないで!40歳の転職はポジティブなモチベーションが不可欠

では、40代での転職は難しいのでしょうか?
答えは、「いいえ」です!
確かに簡単な道ではありませんが、40代の女性の転職や、キャリアチェンジは、決してできないことではありません。今は特に、出産後・結婚後の女性の復職へのサポートも充実していますから、それをうまく使うのも手です。
昔取った杵柄で、同業種の転職もいいでしょう。そんななかで、転職活動の成功に必要なことは共通しています。それは、モチベーションです。
モチベーションが高いということは、面接でのイメージアップに直結します。それだけではなく、

  • 「転職しなくちゃいけない」
  • 「何とかしなくてはならない」

といったようなネガティブなイメージで転職活動を進めると、心が弱くなり、精神的につらくなってしまいます。それだけではなく、早くこの活動をやめたいと思い、どうでもいい企業へ転職してしまうケースも少なくありません。
常に、どうして転職したいのか、どんな未来がほしいのかを前向きに考えるようにしましょう。そうすることで、きっとあなたにとってプラスの作用が働くはずですよ。

まだまだ間に合う!40歳で転職を成功させるポイントは「職種」にあり

20代や、30代で転職をするときは、基本的に未経験であってもその若さが評価され、採用されるケースが多めです。その逆で、「職種」は、経験が重視される40代の転職でもっとも難航する部分でもあります。

同じ40代の未経験者と経験者の応募であれば、企業はもちろん、経験者を優遇します。

40代の転職では、前職の経験とスキルがそのまま活かせる同職種内での転職がベター。最初から「どうしても未経験職種がいい」ということでなければ、同業種か、それに類する職種への転職を進めてみてください。
ですがもちろん、無理ではありません。あなたが今まで培ってきた経験を、その未経験職種ではどこで生かせるのかを考えるのです。それがしっかりアピールできれば、むしろその経験は有意義に使われるでしょう。
ただ、やはり、キャリアアップのための転職でなければ、同じくらいの給与か、それ以上の給与は望みづらいということは知っておかなくてはなりません。何年か勤めれば、あなたの能力値に応じて、必ず給料は上がっていくでしょう。

ですから、それまでの辛抱として、一度下がってしまった金額からのスタートで何とか頑張れるよう、今の会社を辞める前に貯金をしておくことも大切です。

未経験なら、大企業から中小企業への転職を視野に入れて

例えばあなたの前職が大企業・一流企業と呼ばれるような規模の大きい企業ならば、、それよりも規模の小さい規模の企業に転職することは、比較的簡単なのです。
ですが、同業種でないとそれはあまり功を奏しません。大企業のネームバリューを背負うため、高待遇をゲットしやすいのもポイントです。
ここで押さえておきたいのは、中小は、新しい人材として、異業種からの転職を歓迎するタイミングがある、ということです。つまりそれが、未経験職種であっても、大企業から小企業への転職を視野に入れることに意味があるといえるタイミングなのです。

新規事業や関連事業の立ち上げに際して、企業がターゲット事業にかかわる異業種出身者を求めているならねらい目!未経験であっても、その事業の専門知識を持っていれば、必ずあなたの力を買われるはずですよ。

経験に裏付けられた転職が「天職」さがしの秘訣となる!

いかがでしたか?なんだか大変なような気がする40代の転職ですが、やり方によってはスムーズに進めることができますし、まだまだチャレンジの幅は狭まっていないのがわかっていただけたかと思います。
40代が転職する場合の企業選びでは、

  • 自分と応募企業を分析すること
  • 転職の成功率や転職後の満足度の高さを考えること
  • ネガティブな印象で転職活動をしないこと

をポイントとして行うことを心がけてください。
40代の転職は、しっかりと経験に裏付けられた活動が成功の秘訣。この機会にしっかり自分を見つめ、より良い転職活動になるようにしてくださいね!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る