懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

ポイント交換サービス「ドットマネー(.money)」のことが知りたい!

更新

ポイントサイトで貯めたポイントを、同じポイントにひとまとめにできる国内最大級のポイント交換サービスである「ドットマネー(.money)」は、手数料無料でさまざまな交換先があり、多くのポイ活で活用されています。

「ドットマネー」の運営元は、アメブロやアメーバピグで有名な東証一部上場しているサイバーエージェンシーなので、安心して利用することができるサイトとして人気が高いのです。

この記事では「ドットマネー」についての情報を詳しく解説します。

ポイント交換サイト「ドットマネー(.money)」の使い方

ポイ活するのに便利な「ドットマネー」の使い方をご紹介します。

ドットマネーに登録する

ドットマネー(Dmoney)を貯める
or
保有しているポイントをドットマネー(Dmoney)に交換する


現金、ギフト券、他のポイントに交換する

ドットマネーに登録する

「ドットマネー」を利用するためには、以下の方法によりアメーバ登録をする必要があります。

  • メールアドレスで登録(Amebaに登録する)
  • SNSアカウントで登録

登録は無料で年会費も無料となり、元々Amebaに登録していれば、そのままログインすることができます。

ドットマネーにはアプリはありませんが、アメーバのアプリからドットマネーにアクセスすることができます。

ドットマネーのサイトはスマホ版とパソコン版があり、機能は一緒ですが、ポイ活案件に多少の違いがあります。

ドットマネーモールでマネー(Dmoney)を貯めよう!

ドットマネーでは、ポイント交換サービスだけでなく他のポイントサイトと同様にポイ活することもできるんです。Amebaのコンテンツを利用して、ドットマネーのポイントであるマネー(Dmoney)を貯められるんですよ。

アプリで貯める
アプリをダウンロードするだけでなく、チュートリアルの突破など一定の基準をクリアした場合にマネーがもらえる仕組みになっています。
スクラッチで貯める
一日1回6つのスクラッチの内3つを削ることができ、必ず1~3マネー貯めることができます。
広告動画を見て貯める
スマホ版のドットマネーモール限定で「動画視聴」というコンテンツがあり、視聴完了後のボタンを押すとアプリストアに移動しポイントが付与されます。一日1回の利用となり、必ず1マネーはもらえます。
アンケートで貯める
アンケートに答えるだけで、マネーがもらえます。ドットマネーアンケートに答えるとコインが山分けされるキャンペーンなどが、不定期に開催されています。
レシート投稿(ドットマネーモニター)で貯める
対象商品の買い物レシート情報を投稿するだけで、マネーをもらえます。パソコン版が「ドットマネーモニター」、スマホ版が「レシート投稿」というコンテンツになります。
アメブロで貯める
指定されたブロガーをフォローしたり、自分のブログのランキングによってマネーがもらえます。
広告サービスで貯める
他のポイントサイトと同様に、ドットマネーに掲示された広告の買い物やサービスの利用によってマネーを貯めることができます。
高額案件で貯める
スマホ版のドットマネーモール内には、月額コンテンツ購入の高額案件があります。ただし月額会員登録を完了しなければならず、解約しにくい案件が多いためリスクが高いとされています。
キャンペーンで貯める
等価での交換が多いマネーですが、マネー増量タイムセールなど、ドットマネー独自のキャンペーンもあります。時間制限内の利用でマネーが増量されるセールがあるので、こまめにチェックしておきましょう。

また、ドットマネーにはポイントサイトによくある「友達紹介」がありません。友達紹介でポイ活したい場合は他のポイントサイトを活用してしてくださいね。

保有しているポイントをドットマネー(Dmoney)へ交換しよう

自分が持っているポイントをドットマネー(Dmoney)に手数料無料で交換することができます。

注意しなければならないのは、ドットマネー(Dmoney)の有効期限は6か月後の月末となり、案外短いことです。

クレジットカード

最低交換額 交換日数
永久不滅ポイント  200ポイント→200マネー リアルタイム
AmericanExpress 1500ポイント→500マネー  リアルタイム

ポイントサイト

最低交換額 交換日数
ネットマイル 1000ポイ糸→500マネー  最大2週間
TLCポイント 100ポイント→100マネー リアルタイム
PointInCome 10000ポイント→1000マネー 2営業日以内
POM  5000ポイント→500マネー 1~3営業日
エルネ  5500ポイント→500マネー 1週間以内
moppy 500ポイント→500マネー  リアルタイム
ポケフル  5000ポイント→500マネー リアルタイム
げん玉  5000ポイント→500マネー 3営業日以内
GetMoney 5000ポイント→500マネー 4営業日以内
お財布.com 300ポイント→300マネー リアルタイム

証券・FX

交換最低額 交換日数
M2Jポイント 5000ポイント→4000マネー  翌月10日頃

アフェリエイト

交換最低額 交換日数
アドボンバー 1ポイント→1マネー リアルタイム
TCアフェリエイト 1ポイント→1マネー 支払日翌日 
atb 777ポイント→777マネー 当月末締め翌月交換
レビューブログ 200ポイント→200マネー リアルタイム
fx-on.com 100ポイント→100マネー  30営業日以内 30営業日以内

口コミ・アンケート

みんばこ 300ポイント→300マネー リアルタイム
ファンくる 5000ポイント→500マネー リアルタイム
フルーツメール  25250ポイント→2000マネー 5営業日以内
モニタータウン 550ポイント→500マネー 1営業日以内
infoQ   500ポイント→500マネー 月末締め翌月3営業日以降
アンとケイト  300ポイント→300マネー  リアルタイム
スマートアンサー 100ポイント→100マネー  リアルタイム
Vモニター  500ポイント→500マネー  7日
エキテン 500ポイント→500マネー  月末締め翌月5営業日以降
Toluna  20000ポイント→750マネー  1~2週間

トラベル

交換最低額 交換日数
イーツアーポイント  2000ポイント→2000マネー  3営業日以内
宿らん 100ポイント→100マネー 1営業日以内

クラウドソーシング

交換最低額 交換日数
REPO  300ポイント→300マネー  リアルタイム
ザグーワークス 500ポイント→500マネー リアルタイム

暮らし

交換最低額 交換日数
くらしTEPCOポイント 300ポイント→300マネー リアルタイム
Eisaimile  200ポイント→10マネー リアルタイム
SPOONラジオ  300ポイント→300マネー リアルタイム
スマート接待 300ポイント→300マネー リアルタイム
住まいサーフィン 500ポイント→500マネー リアルタイム
DELISHKITCHEN 300ポイント→300マネー リアルタイム

ドットマネー(Dmoney)から何に交換できる?交換先と交換日数

現金やギフト件、他のポイントなどに手数料無料で交換できます。単位は「マネー」となり、1マネー=1円の価値となります。

現金

交換先情報 交換最低額 交換日数
銀行振り込み 全国の銀行に振込み可能 1マネ→1円分 で、銀行によって1000~2000マネーから ゆうちょ銀行:7営業日以内 その他:5営業日以内

ポイント

交換先情報 交換最低額 交換日数
楽天スーパーポイント 楽天グループのポイントサービス 300マネー→300円 3営業日以内
TOKYUポイント 東急グループのポイントサービス 300マネー→300ポイント 1~15日申請:月末 16~末日申請:翌月中旬
Pontaポイント Ponta加盟店やオンラインショップで使える共通ポイントサービス 300マネー→300ポイント 1~15日申請:月末 16~末日申請:翌月上旬
nanacoポイント セブン&アイグループで使える電子マネー 300マネー→300円分 4営業日以内 4営業日以内
Tポイント Tポイント加盟店やネット上で使える共通ポイント 1000マネー→1000ポイント 4営業日以内
WAONポイント イオングループで使える電子マネー 300マネー→300ポイント 3営業日以内
dポイント docomo関係や街の買い物に使える共通ポイントサービス 300マネー→300円分 6~8週間

ギフト券・プリペイドカード・電子マネー

交換先情報 交換最低額 交換日数
Amazonギフト券 オンラインショップAmazonで使えるギフト券 297マネー→300円分 3営業日以内
iTunesギフトコード iTunesで使えるギフトコード 490マネー→500円分 3営業日以内
GooglePlayギフトコード GooglePlayで購入できるギフトコード 500マネー→500円分 4営業日以内
QUOカードPay クオカード社が発行するスマホで使えるデジタルギフト 300マネー→300円 3営業日以内
Vプリカ  ネット上のVISA加盟店で使えるプリペイドカード 500マネー→500円分 3営業日以内
WebManey 全国のコンビニで購入できる電子マネー 300マネー→300円分 3営業日以内
Pollet VISA加盟店で使えるプリペイドカード 300マネー→300ポイント 3営業日以内
ドコモ口座 ネット上で買い物や送金ができるヴァーチャルウォレットサービス 300マネー→300円分 3営業日以内
auWALLETポイント au関係の支払いや買い物に利用できる電子マネー 300マネー→300円分 3営業日以内
Amebaコイン Amebaのサービスで利用できるコイン 10マネー→20コイン リアルタイム
楽天Edy  楽天グループの電子マネー 1000マネー→1000円分 3営業日以内
PayPal オンライン決済サービス 1マネー→1円分 6営業日以内
リクルートポイント リクルートグループで使えるポイント 300マネー→300ポイント 5営業日以内
ココナラポイント 「知識・経験・スキル」を売り買いできるオンラインフリーマーケット 300マネー→300円分 5営業日以内

マイル

交換先情報 交換最低額   交換日数
JALマイレージバンク 航空券や特典と交換できる 500マイル→250マイル 1~15日申請:月末 
16~末日申請:翌月上旬
ANAマイレージクラブ  航空券や特典と交換できる 300マネー→85マイル 申請月の翌月9日頃

その他

交換先情報  交換最低額 交換日数 
CNポイント 地域密着型ポイント 1000マネー→1900ポイント 3営業日以内
StockPoint 疑似投資サービス  100マネー→95sp 5営業日以内
Amebaマンガポイント Amebaマンガで使えるポイント 300マネー→300ポイント 3営業日以内
AWA  世界最大級の音楽アプリ 980マネー→1ヶ月聞き放題 3営業日以内

ドットマネー(Dmoney)をさらにお得に利用する方法とは

普通に交換するだけでも手数料無料で交換できるドットマネーの利用はお得ですが、さらにお得に利用できる方法をご紹介しましょう。

陸マイラーには欠かせない経由地「ドットマネー」

ドットマネーの交換先にJALやANAのマイルがありますが、交換率があまりよくないので、マイルに高いレートで交換できる他のポイントに等価で交換してから、マイルに交換するルートがおすすめなんです。

ANAマイラー必見!直接交換よりも高い交換率の「TOKYUルート」
東京メトロポイントに交換してからANAマイルに81%のレートで交換できる「ソラチカルート」が2019年末に閉鎖することに伴い、TOKYUポイントから75%のレートで交換できる「TOKYUルート」が注目を浴びることとなりました。

そして、ドットマネーの交換先に最低交換額300マネーから交換できるTOKYUポイントがあるため、ドットマネーはANAマイラーにとってなくてはならない経由地となったのです。

保有ポイント→「ドットマネー」(交換率100%)→「TOKYUポイント」(交換率100%)→「ANAマイル」(交換率75%)

「TOKYUルート」を利用するためには、【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】を作らなければならないなどの手間がかかりますが、ドットマネーから直接交換すると28%の交換率とかなり低いので、それに比べるとTOKYUルートはかなり高い交換率となります。

※「TOKYUルート」について詳しくは「TOKYUルートでマイルを貯めよう!交換率75%で手間も少ない」を参考にしてください。

ANAマイルへ交換できる「Tポイントルート」
クレジットカードを作りたくない人は、交換最低額が1000マネーからとなるドットマネーからTポイントに交換してANAマイルにする「Tポイントルート」がおすすめです。

保有ポイント→「ドットマネー」(交換率100%)→「Tポイント」(交換率100%)→「ANAマイル」(交換率50%)

TポイントからANAマイルへの交換レートは50%となりますが、ドットマネーから直接ANAマイルに交換する28%と比べると約2倍アップします。

ANAマイルへ交換できる「nanacoルート」
その他にもnanacoポイントからANAマイルへの交換レートは50%とTポイントルートと同じですが、nanacoポイントの場合は最低交換額が300マネーからなので、Tポイントの最低交換額1000マネーよりも交換しやすくなっています。

保有ポイント→「ドットマネー」(交換率100%)→「nanacoポイント」(交換率100%)→「ANAマイル」(交換率50%)
JALマイルへもドットマネー経由での交換可能!
ドットマネーから直接交換すると50%の交換率となり、ANAマイルの直接交換に比べては割合がよいです。

ドットマネー(Dmoney)を電子ギフト売買サイトで売る

電子ギフト売買サイトとは、インターネット上の金券ショップのようなもので、電子ギフトを売り買いするサイトです。電子ギフトは商品券と同様に使えます。ウェブ上でギフトコードを入力することで使用する電子版商品券です。

通常の金券ショップでは、商品券などを売るときには価値の90%以下で買ってもらうことが多いですが、ドットマネーに関しては例外となっており、額面の120%以上で買い取ってくれるのです。

例えば、10000マネー(1000円分)が1200円になるということです。なぜそんなにドットマネーの価値が上がるのかというと、先述した通りマイルに交換できる点が大きな要因となっているからなのです。

貯めたポイントの使い道に迷っているならば、ドットマネーに交換して電子ギフト売買サイトで売ることも視野に入れておきましょう。

「ドットマネー」を活用して効率よくポイ活しよう!

ドットマネーをうまく利用すれば、効率よくポイントが貯められます。またポイント交換先も多く便利なので、ドットマネーを利用しない手はないですよね。

  • 手数料無料で等価で現金に交換できる
  • 自分の貯めているポイントに手数料無料で交換できる
  • ドットマネーそのものを価値高く売ることができる
  • マイルに高い交換率で交換できるルートが利用できる

など、メリットがたくさんあるので、ポイ活をするならドットマネーに登録することをおすすめします。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、ドットマネーを利用したらきっと手放せなくなるに違いありません。

この記事をシェア