懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

航空券に交換できるe JAL ポイント!JALマイルとの違いを紹介

更新

「e JAL ポイント」をご存じですか。

e JAL ポイントとは、貯めたポイントを航空券やツアーと交換できるJALのポイントサービスです。

「JALマイルだって航空券やツアーと交換できるから、e JAL ポイントなんていらないよ」なんて思う人もいるかもしれません。

確かにJALマイルでも航空券やツアーと交換できます。

それどころか座席をアップグレードさせたり、グルメ商品と交換したりと、e JAL ポイントではできないこともできます。

しかしe JAL ポイントは、JALマイルよりも優れたところがあるポイントです。

今回はe JAL ポイントの説明と、JALマイルと比較したときのe JAL ポイントのメリットをご紹介します。

またe JAL ポイントに似たANAのポイントサービス、ANA SKY コインとの比較もご紹介しています。

航空券や旅行ツアーと交換できるJALのe JALポイントとは

e JALポイントとは、JALの航空券やツアーを交換できるJALのポイントです。e JAL1ポイント=1円分相当の価値があります。

JALのサービスの1つですが、JALマイルとは違います。

JALマイルは、提携企業のクーポンに交換出来たり電子マネーWAONに交換出来たりしますが、e JALポイントはJALの飛行サービスを利用するときにしか使えません。

e JALポイントは、JALマイルと比較すると使い道は限られますが、JALマイルよりも優れたところがあるポイントです。

JALと同じく日本の航空会社「ANA」にも似たようなポイント「ANA SKY コイン」があります。こちらもANAマイルとはまた違うものです。

下記には、e JALポイントとANA SKYコインとの違いもまとめています。

e JALポイントの使い方

e JALポイントは、以下の商品やサービスを交換するときに利用できます。

  • JAL国際航空券
  • JALグループ国内線航空券
  • 国内ツアー
  • 燃油チャージ
  • 海外ツアー

ただし、交換に関していくつかの注意があります。

【国内線利用時の注意点】

  • JAL WEBサイトでの取り扱いとなる
  • JALグループ搭乗区間のみ購入可能
  • クレジットカードとの併用が可能
  • 支払いは10円単位
  • JALビジネスきっぷとeビジネスは購入できない
  • 購入した航空券は、JALグループ航空会社以外の他航空会社への変更不可
  • コンビニエンスストア支払い、ATM払い込み、インターネット振り込みとの併用は不可

【国際線航空券の注意点】

  • JAL WEBサイトで買える「日本発」の旅程の支払いが対象
  • e JALポイントの国際線航空券に含まれる税金の支払いが可能
  • クレジットカードとの併用が可能
  • 支払いは1円単位
  • 海外発の旅程の支払いは対象外
  • 国際線特典航空券に含まれる税金などの支払いは対象外
  • コンビニエンスストア支払い、ATM払い込み、インターネット振り込みとの併用は不可
  • 購入した航空券は、JALグループ航空会社以外の他航空会社への変更不可

【国内・海外ツアー購入の注意点】

  • e JALポイントで支払う会員本人(代表者)のツアー参加が必須
  • JAL Webサイト(国内JALダイナミックパッケージのみ)でのお取り扱いのみ
  • JAL Webサイト(国内JALダイナミックパッケージのみ)でのツアー購入時は、クレジットカードやほかのJMB特典との併用が可能
  • 国内・海外ツアーでの支払いは10円以上、1円単位
  • JAL海外ダイナミックパッケージ、J-TAP商品、ジャルパック海外e-ホテル、割引キャンペーン商品は対象不可
  • 同じ予約記録内で複数会員のe JALポイントの合算は不可

今後、ルールや制限内容が変わる可能性があります。

e JAl ポイントを利用するなら、定期的に公式サイトで制限内容を確認したほうがよいでしょう。

e JALポイントの有効期限

e JALポイントの有効期限は、ポイント獲得から1年後の同月末です。

追加の特典交換でe JALポイントを獲得すると、すべてのe JALポイントの有効期限が伸びます。

ちなみに有効期限内の支払いであれば、搭乗日が有効期限後の航空券も交換できます。

e JALポイントはJALマイルと交換すれば貯められる

e JALポイントは、JALマイルと交換することで貯められます。

5,000マイル=5,000ポイントと10,000マイル=15,000ポイントから、5,000マイル単位で交換できます。

JALマイルとe JALポイント交換方法

JALマイルとe JALポイント交換は、オンラインからできます。

  1. JALマイレージバンクに、お得意様番号とパスワードを入力してログイン
  2. e JALポイントの詳細ボタンをクリック
  3. 「マイルをe JALポイントに交換する」をクリック
  4. 交換するマイルとセットを選択し、「次へ」をクリック
  5. 「特典申し込み」をクリック
  6. お支払い情報入力画面で「JMB特典情報入力へ進む」を選択
  7. 「e JALポイントを利用する」にチェックを入れ、利用するポイント数を入力
  8. 差額と支払い方法を選択
  9. 最終確認画面へ

航空券を予約している途中で、マイルとポイントを交換することはできないので、注意してください。

この他、特定の海外旅行保険や自動車保険の見積もりや契約で、e JAL ポイントを貯められます。

有効期限が切れそうなJALマイルをe JALポイントに交換

JALマイルの有効期限は約3年です。

JALマイルの有効期限が失効しそうなとき、e JALポイントに交換すると有効期限を伸ばせます。

余ったJALマイルはe JALマイルに交換すれば、残しておけます。

マイルとポイントを比較!e JAL ポイントのメリットを紹介

JALマイルとe JAL ポイントを比較したとき、e JALポイントが優れているところをご紹介します。

e JAL ポイントなら払い戻しができる

特典航空券の発行・発券申し込みをし、引き落とされたJALマイルは口座に戻せません。

e JAL ポイントなら商品を購入した後、キャンセルしても払い戻しができます。

e JAL ポイントとクレジットカード払いを併用した場合、e JAL ポイントが優先して払い戻されます。

交換した航空券でFLY ONポイントが貯められる

FLY ONポイントとは、特定の対象便に乗って積算されたフライトマイルから自動換算されるポイントです。

つまり対象便に乗らないと貯めることができないポイントです。

1月~12月の間にFLY ON ポイントが一定数貯まると、JMBダイヤモンド・JGCプレミア・JMBサファイア・JMBクリスタルなどの、ステータスサービスを利用できます。

具体的には「専用カウンターでのチェックイン」や「予約時の優先キャンセル待ち」「マイル有効期限の廃止」などの、特別なサービスを受けられます。

JALマイルは特典航空券に交換できますが、特典航空券で乗る飛行機ではFOY ON ポイントが貯められません。

しかしe JALポイントで交換した航空券であれば、FLY ONポイントが貯められます

e JAL ポイントはクレジットカード払いと併用できる

JALマイルを航空券に交換しようとしても、マイルが不足していたら交換できません。

しかしe JALポイントなら、ポイントが不足していてもクレジットカード払いが利用できます。

e JALポイントなら、クレジットカード払いの併用で航空券を購入できます。

JALマイルと比べてお得に航空券と交換できる

早期予約を利用すれば、JALマイルよりもお得にe JALポイントで航空券を交換できることがあります。

交換のタイミングにもよるので、時にはJALマイルで交換したほうがお得なときもあります。

またJALマイル単体だと、航空券と交換しようにも枠が不足していて交換できなかったということがありえます。

JALマイルだけではなく、e JAL ポイントで航空券交換という選択肢が残っているのはありがたいです。

ルールの改定に要注意!e JALポイントを利用する際の注意点

e JAL ポイントを利用する上での注意点をご紹介します。

利用できる人が限られる

e JAL ポイントを航空券やツアーに交換したとしても、利用できる人が限られます。

e JAL ポイントが利用できるのは、以下の人です。

  • JMB会員本人
  • 会員の配偶者
  • 会員の二親等以内の親族

国内・海外ツアーは「ツアーにお申し込みの代表者(JMB会員)本人のみ」が利用可能です。

e JAL ポイントで交換した航空券を友達にプレゼント、なんてことはできません。

交換したJALマイルは戻せない

JALマイルをe JALポイントに交換することはできますが、逆にe JALポイントをJALマイルに交換することはできません。

一度e JAL ポイントに交換すると、二度とJALマイルには戻せないので注意です。

JALマイルからe JAL ポイントへの交換は、よく考えて行いましょう。

e JAL ポイントのルールが変わる可能性がある

e JAL ポイントは比較的新しい制度で、今後も規則や制限などが変わる可能性があります。

実際2019年の11月16日に大幅な改定がありました。

変更内容は以下の通りです。

  • おともdeマイルへの交換を停止
  • 国際線特典航空券の税金や燃油特別不可運賃への交換不可

上記のように改悪もありますが、下記のような改善もありました。

  • e JAL ポイントで支払った航空券はキャンセルしても払い戻し可
  • 予約変更時の運賃税金差額や予約変更手数料の交換可

今後悪いほうへ改定されるのか、良いほうへ改定されるのかは予測できません。

一長一短!ANA SKY コインとe JAL ポイントの違い

JALにJALマイルやe JAL ポイントがあるのと同様に、ANAにもANAマイルやANA SKY コインというものが存在しています。

入手しやすいのはANA SKY コインです。nanacoやPeXなど様々なポイントからANA SKY コインへ交換できます。

対してe JAL ポイントは、JALマイルからしか交換できません。

またe JAL ポイントはポイントを増やせば、すべてのポイントの有効期限が伸びます。

対してANA SKY コインは、コインそれぞれの有効期限が固定化されており、延びることはありません。

払い戻しができる、というのはe JAL ポイントもANA SKY コインも同じです

しかし「e JAL ポイントが会員と二親等以内の親族しか利用できない」のに対し「ANA SKY コインは友達分の購入分も可能」などの違いもあります。

さらにe JAL ポイントは1ポイント=1円分で変動がないのに対し、ANA SKY コインは交換マイル数や会員ステータスによって価格に変動があり、最大1.7倍の交換率を期待できます。

ANA SKY コインはANAマイルからの交換がおすすめ

他社ポイントからANA SKY コインへ交換できますが、ANAマイルからもANA SKY コインへ交換できます。

ANAマイルを貯めておけば、「マイルから交換」と「コインから交換」の2つの航空券の入手方法を選べます。

席の空き状況や料金に応じてお得な交換方法を選べるのは、とても便利です。

ANAマイルを貯める方法は、「直接マイルを貯める」か「他社ポイントをマイルに交換する」かの2つの方法があります。

他社ポイントをANAマイルへ交換する場合、交換率が非常に大切です。

低い交換率で他社ポイントをマイルに交換すると、それだけ損をしてしまいます。

以下の2つのページでは、高交換率で他社ポイントをANAマイルに交換するルートをご紹介しています。

ソラチカルートはANAマイルを貯める裏ワザ!仕組みを詳しく解説
TOKYUルートでマイルを貯めよう!交換率75%で手間も少ない

JALマイルとANAマイル、どちらを貯めようか悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてください。

航空券をゲットできるe JAL ポイントという新しい選択肢

e JAL ポイントとJALマイルを比較すると、JALマイルのほうが交換できる商品が豊富です。

JALマイルは、航空券に交換できるだけでなく、グルメやクーポンと交換することもできます。

JALマイルと比べると、e JAL ポイントは使い道が非常に限られてしまうポイントです。

しかし航空券やツアーの取得方法に、e JAL ポイントという新しい選択肢が増やせるのは大きなメリットです。

JALマイルとe JAL ポイントの2つを比較し、空いている席や安いツアーを選べるのはとてもお得です。

ANA SKY コインと比べると、利用資格や交換方法の制限が厳しいのがe JAL ポイントです。

しかしe JAL ポイントは、ポイントを獲得し続ける限り、すべてのポイントの有効期限を無期限にできます。

ANA SKY コインの有効期限は伸ばすことができないうえに、それぞれのポイントの有効期限が異なるので、ゆっくりと時間をかけて貯められるのはe JAL ポイントです。

この記事をシェア