フリーターの就職を成功させる秘訣、おすすめの対策や職種

今はフリーターとして働いていても、いつかは正社員として就職したいと思っている人もいるでしょう。
しかし、今までアルバイトとしての経験しかないと、採用されるのか不安になりますよね。
フリーターとしての生活が長くなると、このままでも構わないと思うことがありますが、雇用が保証されているわけでもありませんし、社会保険や年金の不安が残ります。
長年フリーターをしている人でも、就職するチャンスはあります。ここでは、フリーターが就職するための対策やおすすめの職種について紹介していきますので、就職活動の参考にしてみましょう。

身だしなみチェックや応募書類作成など、就活成功のためにやっておきたいこと

就職活動を成功させるためには、まず何から手を付けたらよいのでしょうか。就活成功のために準備しておきたいものや、やっておきたいことを紹介していきます。

身だしなみを整える

フリーターとして働いているときは、ヘアスタイルや髪の色、化粧などについてもあまりうるさく注意されなかったと思います。
しかし、就職するとなると話は別です。面接官に好印象を与えるためには、清潔感のある身だしなみを作ることがポイントです。

スーツを新調する
就職活動などでスーツを購入し、今回も同じスーツを着用しようと考えていませんか?
スーツの購入にははそれなりに費用がかかるので、就職活動時の出費はできるだけ抑えたいと考えるでしょう。
しかし、シンプルなスーツでも色やシルエット、デザインには流行があります。また、あなた自身の体型もスーツを購入した頃と大きく変わっているかもしれません。
社会人になってからスーツを着る機会も多く出てくるので、これをきっかけにスーツを慎重しましょう。
ヘアスタイルを変える
ヘアスタイルも清潔感を与えるものに変える必要があります。長すぎる髪の毛は適当な長さにカットする、明るすぎる髪色はダークブラウンや黒に染め直しましょう。
メイクの研究
フリーター時代は自分好みのメイクをしていたかもしれませんが、就職活動時は相手が好印象を持ってくれるようなメイクにすることが大切です。
派手すぎるメイクはNGですし、ノーメイクは顔色が悪く不健康に見えるのでおすすめできません。メイクも清潔感を与えられるように仕上げることがポイントです。

清潔感のある身だしなみは、社会人になってからも必要です。今のうちにそのコツを押さえておきましょう。

履歴書と職務経歴書を作成する

就職活動の必須アイテム、履歴書と職務経歴書を作成しましょう。以前就職活動で作成したことがあっても、それを使いまわすのではなく、新たに作ることをおすすめします。
履歴書や職務経歴書は手書きが基本ですが、パソコンでも作成可能です。ただし、企業によっては手書きの書類を求められることがあるので注意しましょう。履歴書と職務経歴書を作成するポイントについて見ていきます。

自己分析をしよう
履歴書や職務経歴書で、自分のアピールポイントや長所を書く必要が出てきます。
自分の強みを知るためには、自己分析が欠かせません。自己分析に関する書籍やサイトも多数あるので、それらを参考にしながら自己分析を進めていきましょう。
嘘はつかない
採用してもらうために、自分の経歴や職歴をよりよく見せたいと思うでしょう。しかし、嘘の経歴やすぐにばれてしまいます。
もしも、嘘の経歴に惹かれて企業が採用を決め、入社後に嘘が発覚してしまったら大変です。あなたの信用を大きく失うことになるので、嘘は絶対に書いてはいけません。
今までの職歴をアピールしよう
アルバイトでも立派な経歴になります。応募先の企業の仕事に役立ちそうな経験があるなら、それを職務経歴書や履歴書に記載しましょう。

書き方のコツが就活本やサイトに書かれているので、それを見ながら作成すると参考になります。

就職活動成功のためにはやり方が重要!就職支援サービスを利用しよう

学校を卒業してからすぐにフリーターとして働いていた人は、就職活動の経験がありません。また、就職活動の状況ややり方も年々変わってきています。
以前に就職活動の経験があっても、それが今回の活動に活かされないこともあるのです。効率よく就職活動をすすめるためには、専門家にアドバイスを仰ぎましょう。

就職支援サービスをおすすめする理由

フリーター生活が長い人ほど、正社員として就職するのは簡単ではありません。だからこそ、就職支援サービスを利用した方がよいのです。まずは、その理由について紹介していきますね。

就職活動の進め方を知るため
就職活動といっても、何をどのように始めたらよいのか分からないと思います。いろいろと調べているうちに時間だけが過ぎてしまうようになります。就職支援サービスを利用すると、就職活動のやり方を丁寧に教えてくれますよ。
企業情報を得るため
近頃、ブラック企業と呼ばれる社員を低賃金で長時間労働させる企業が問題となっています。
求人情報や企業のウェブサイトからブラック企業を見抜くのは簡単ではなく、入社してみないと実態が分からないのです。
就職支援サービスでは、企業の内部情報に精通しているので、働きやすい職場を選ぶサポートが受けられますよ。
適正を判断してもらう
就職活動経験が少ない、もしくは全くないと自己分析をしたこともほとんどないと思います。
自己分析をすることで、自分がやりたい仕事や適性がわかるようになります。自己分析の進め方や、自分の適性を知りたいときも相談に乗ってもらえるので心強いです
失敗の理由を分析
自分で履歴書を作成して企業に送付しても書類選考で落とされる、面接をしても次のステップに進めないといったように、就職活動が上手くいかずに悩んでいる人もいるでしょう。
就職支援サービスには、就職に関するプロフェッショナルがいますので、失敗の理由を一緒に分析して改善策を考えてくれます。
書類作成や面接のポイントを教えてくれる
就職活動経験が乏しいと、書類作成や面接のコツも分からないと思います。就職支援サービスでは、応募書類の添削や面接の練習といったサービスも提供しています。

就職支援サービス以外にもハローワークや求人サイトを利用しながら、就職活動を進めることができるでしょう。
それらを利用しても、ある程度就職活動のサポートを受けることができますが、個人的なサポートは手厚いとは言えません。

本気で就職したいと思う、就職活動を成功させたいなら、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

就活成功の近道!フリーターでも就職しやすい職種とは

就職するにしてもいろいろな職種があります。自分のやりたい仕事や待遇などで応募先の企業を決めることもできるでしょう。フリーターでも就職しやすい職種を知っておくと、就活のときに役立つかもしれません。

未経験でも採用されやすい営業職

MRのように、専門的な知識や資格を必要とする営業職もありますが、未経験者を募集している企業も多いのです。他の職種で重視されやすい点も考慮していないところが少なくありません。

  • 学歴
  • 職歴
  • 社会人経験の有無

などが重要視されないことも多いので、フリーターにもチャンスがあります。また、営業職は結果を残せば給料にも反映されるので、やりがいも期待できますよ。

飲食業界

飲食業でフリーターとして長く働いた経験がある人は、そのまま飲食業界で正社員を目指すのもおすすめです。

今までの経験をアピールできるのも魅力ですね!飲食業界は人手不足のところが多いので、採用される確率も高くなります。

介護職

介護業界は人手不足が深刻で、少子高齢化に伴ってますます人手が不足すると言われているので、就職や転職で困ることもほとんどないでしょう。
介護職は介護の資格を持っていなくても、働きながら取得することが可能です。そして、介護の資格を取得できれば、さまざまな施設で働けるようになるでしょう。

IT関連

これから、AIが本格的に家庭や企業に導入されるようになると、ますますIT関連の仕事の需要が高くなります。一度スキルや経験を身に着けておけば、仕事も安定していると言えます。

ただし、一定のスキルがないと採用されにくいので、スクールに通うなどして知識を身に着けておくことをおすすめします。

フリーター歴が長くてもあきらめない!就職を成功させよう

フリーターとして長く働いていると、その気楽さから正社員に就職したいと思わなくなるかもしれません。
しかし、雇用の安定や年金といったことを考えると、正社員として就職した方が安心できます。
フリーターの就職を成功させるためのコツを押さえて、準備にとりかかりましょう。また、就職支援サービスを利用すると、手厚い就職サポートが受けられるので、就職活動未経験者でも安心です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る