仕事ストレスは職場の人間関係が原因かも…心掛けたい考え方や対処法

社会人の誰もがストレスを抱えながら働く「ストレス社会」と呼ばれる世の中ですが、そのストレスの多くは職場の人間関係が原因だと言われています。

毎日顔を合わせる上司や同僚との人間関係に苦手意識を持ってしまうと「今日は会社に行きたくない」「会社を辞めたい」と悩むことになりかねません。

職場の人と上手に付き合いながら働くために、心掛けたい考え方や接し方のポイントを一緒にチェックしていきましょう。

新しい職場で働き始める時は不安が付きもの…職場に馴染むコツ

新しい職場で働き始める時は誰もが不安や緊張を抱えるものですが、早く新しい職場に馴染み本来の実力を発揮したいと思うのではないでしょうか?

職場に早く馴染むためには笑顔で明るく挨拶し、できる業務から積極的に協力することを心がけるなど、自ら自然に溶け込む努力を怠ってはいけません。

また、初対面の人とは「どう話していいのか」「何を話せばいいのか」迷ってしまうものですが、相手も同じように緊張していることを認識し、共通の話題を見つけたりさりげなく相手を褒めるなどしながら会話をしていきましょう。

▼「新しい職場に馴染むコツ」についてはこちらを参考にしてください
新しい職場の不安を取り除く!環境になじむコツと心構え

▼「初対面でも緊張をほぐす会話のテクニック」についてはこちらを参考にしてください
初対面でも緊張しない方法。スムーズな会話で好印象も

上司、同僚、部下。苦手な人との関係性を考慮して対処しよう

仕事仲間と言えども対人関係には相性があるので、職場の上司や同僚に苦手な人がいてもおかしくありません。

職場におけるその人との関係性によって対処方法が異なるので、「上司」「同期や同僚」「部下」それぞれのパターン別に見ていきましょう。

苦手な上司との関わり方

厳しい上司の前では過剰に気を使うことになったり、えこひいきする上司に不満を抱える場合など上司が苦手だと感じる原因はさまざまですが、上司だからという理由で我慢するだけでは自分が苦しみ続けることになってしまいます。

厳しい上司の中には部下を成長させるために厳しくしている場合もあるので、怒られてばかりだと感じるなら自分が怒られる理由を探り、自ら現状の解決に取り組むことも必要になります。

また、苦手な相手の話をあえてよく聞き、相手が何を求めているのか読み解くと付き合い方が見えてくることもあるはずです。

ただし、パワハラセクハラ、プライベートに必要以上に踏み込んでくるなどの明確な被害が出ている場合は、一人で悩まずに誰かに相談すべだということも頭に入れておきましょう。

▼「嫌いな上司への対処法」についてはこちらを参考にしてください
嫌いな上司のせいで仕事が辛い…。会社での対処法を知ろう

苦手な同期や同僚との関わり方

同期や同僚とは仕事中も関わる機会が多くなるため、性格が合わないと感じる同期や同僚とは仕事上の付き合いだと割り切り、仕事以外では関わらないようにすると気が楽になるはずです。

それでも一緒に仕事をしたくないと思う場合は、辞める決意を固める前に移動願いを出すという選択肢を考えましょう。

もし、同期や同僚からのハラスメント行為がストレスの原因になっているなら、我慢するのではなく証拠を集めて信頼できる上司や専門の部署へ報告することも大切です。

▼「合わない同期への対処法」についてはこちらを参考にしてください
合わない同期との付き合い方を学ぼう!今日からできる対処法

▼「嫌いな同僚への接し方のコツ」についてはこちらを参考にしてください
嫌いな同僚にイライラ…の対処法をご紹介。NG行動に気を付けて

部下との接し方にも注意が必要

勤続年数が長くなれば教えられる側から教える側になったり、あなたの元に部下が配属されることもあるはずです。

職場環境や上司の接し方は部下のモチベーションに直結するので、部下を育てる立場に立ったなら自分の言動や行動に責任を持つ必要がありますし、部下のやる気を引き出す上手なフォローを身につけておくことをおすすめします。

また、ゆとり世代やさとり世代との接し方に戸惑ったり、苦手だと感じる部下にイライラすることもありますが、部下に対する関わり方はあなた自身の評価として見られているので自分が手本になるよう心がけましょう。

▼「部下のモチベーションを下げてしまう言動」についてはこちらを参考にしてください
部下のモチベーションが下がる理由。上司の言動にも注意

▼「嫌いな部下と関わる時に気をつけたいこと」についてはこちらを参考にしてください
嫌いな部下でも最低限の関わりを!日常で気をつけたいこと

ワンマン社長や女性の多い職場など、職場環境によっても注意が必要

職場環境によって人間関係の問題は全く異なりますが、中小企業に多いワンマン社長の元で働く場合や女性の多い職場で働く場合は起こりうる問題を頭に入れておきましょう。

ワンマン社長の元で働く場合
ワンマン社長は仕事のスタンスなど自分が大切にしている美学を持っていたり、自分が正しいと思ったことはなかなか曲げられないので、すべての発言を重く受け止めず自分の心が折れない工夫も必要になります。
女性の多い職場で働く場合
女性が多い職場では派閥があったりお局が独自のルールを作っていることがあるでしょう。トラブル回避のためには過剰に反応せず深入りすることは避けるべきですが、女子会の誘いは適度に参加して人間関係を築くことも大切です。

▼「ワンマン社長との上手な付き合い方」についてはこちらを参考にしてください
ワンマン社長に悩まない!知っておきたい上手な付き合い方

▼「女性ばかりの職場でのトラブル回避のコツ」についてはこちらを参考にしてください
女ばかりの職場は大変!?仕事を円滑にするための付き合い方

マタハラや学歴ハラスメント…職場で考えられる問題と対処法

セクハラやパワハラを筆頭にハラスメントという言葉が社会的に浸透していますが、職場で受ける可能性のある嫌がらせや、職場の人の言動に悩まされた場合の対処方法をチェックしておきましょう。

マタハラと逆マタハラ

妊娠したことによる嫌がらせを「マタハラ(マタニティハラスメント)」と呼びますが、妊娠したことで退職を促すような言葉を掛けられたり、妊娠しても今まで通り働くことを強いられるなどの嫌がら背が該当します。

妊娠中は心身の健康が赤ちゃんに影響するため、早産や流産のリスクを高めるストレスを放っておくことは危険です。

マタハラの被害に遭ってしまったら一人で抱え込むのではなく、まずは家族や上司など身近な信頼できる人に相談することが大切ですが、打ち明けられる相手がいない場合は女性専用の無料相談電話などを利用しましょう。

また、「逆マタハラ」をしてしまうことを防ぐためにも、妊娠中や育児中でも配慮してもらうことを当たり前に思うのではなく、周囲のサポートに感謝しこちらからも配慮することも忘れてはいけません。

▼「マタハラを受けてしまった時の対処法」についてはこちらを参考にしてください
職場でマタハラを受けてしまったら、よくある事例と上手な対処法

学歴ハラスメント

仕事上で学歴に関する不当な扱いを受けることを「学歴ハラスメント」と呼びますが、低学歴だけでなく高学歴にも起りうる問題です。

低学歴の場合は仕事のミスを学歴のせいにされたり、高学歴の場合は嫉妬や高すぎる期待がハラスメントにつながります。

学歴ハラスメントを防ぐためにも仕事で結果を出す努力は大切ですが、もし精神的苦痛に苦しめられる場合はパワハラに該当する可能性があるので、厚生労働省の労働局や専門家に相談しましょう。

▼「学歴ハラスメントの実態と対処法」についてはこちらを参考にしてください
低学歴でも高学歴でも受ける?学歴ハラスメントの実態と対処法

時短ハラスメント

近年大きな社会問題になりつつあるのが「時短ハラスメント(ジタハラ)」と呼ばれるハラスメントで、残業せずに定時に退社するように指示されることが大きく関わります。

業務量が減らないまま業務時間だけ削減されてしまうと働く側へ負担がかかるため、仕事を持ち帰ることになり適切な残業代が支払われないという問題も出てきます。

時短ハラスメントから身を守るためには自ら仕事の効率化を図ることも大切ですが、仕事量の改善を要求したり残業した事実はきちんと残業代として請求しましょう。

▼「時短ハラスメントへの対処法」についてはこちらを参考にしてください
新たな被害、時短ハラスメントとは?困ったときの8つの対処法

周囲の人の態度に悩まされることも

ハラスメントとまではいかなくても、周囲の人の態度が気になったりストレスになることもあるでしょう。

職場で毎日顔を合わせる挨拶をしない人文句ばかり言う人に対して不満を抱くかもしれませんが、挨拶しないことは社会人としてデメリットだらけですし、文句ばかり言う人はどこか自信をなくしている可能性が考えられます。

自分がそのようにならないためにも元気な挨拶やポジティブな考え方を貫けば仕事の結果として現れますし、周囲の人は必ず見てくれているということを覚えておきましょう。

また、集団行動に苦手意識を持っていたり、会社で孤立していると感じる場合はストレスを抱えやすくなりますが、「辞めたい…」と思い積めるのではなく現状の把握と改善策を考えてみることから始めるべきです。

1人でも仲良くなれそうな人を見つけたり仕事は仕事と割り切るなど、自分なりに気持ちを切り替えることがポイントとなるでしょう。

▼「仕事の人間関係に悩んだときにやるべきこと」についてはこちらを参考にしてください
仕事の人間関係はストレスの元!上手く過ごす方法を知ろう

▼「会社に居場所がないと感じる時の対処法」についてはこちらを参考にしてください
会社に居場所がない、転職するべき?孤立したら試してみたい対処法

断り方にも注意が必要!身につけておくべき基本的なマナーとは

周囲の人とお互いに気持ちよく働くためには、業務に関することだけでなく上司や同僚、後輩への配慮や社会人としての基本的なマナーを身につけておく必要があるでしょう。

上司に年賀状で新年の挨拶をしたり、お中元やお歳暮を送る際はきちんとマナーを押さえておくべきですし、旅行などで会社へお土産を用意する場合はルールや雰囲気を踏まえて仕事の邪魔にならないものを選ぶことがポイントとなります。

また、社内の恒例行事として計画されている社内旅行や、親睦を深めるための飲み会に参加することも時には大切ですが、断りたい場合は企画者や参加者への配慮を忘れず事前に断りを入れましょう。

▼「社員旅行の断り方」についてはこちらを参考にしてください
社員旅行に行きたくない!角が立たない断り方と心掛けること

▼「飲み会に行きたくない時の上手な断り方」についてはこちらを参考にしてください
飲み会に行きたくない時の角が立たない上手な断り方を知りたい!

一人で抱え込まないで!接し方の工夫や誰かへ相談する勇気も大切

職場の人間関係は友達付き合いとは異なり、苦手な人とも毎日顔を合わせなくてはならないので悩みを抱えるのも無理ありません。

しかし、苦手意識を抱き我慢しているだけでは何も変わりませんし、働きやすい雰囲気を作るためには社会人としてのマナーを守り、自ら接し方に工夫する必要があるでしょう。

また、人間関係やハラスメントで悩んだ時は、一人で抱え込まず誰かに相談する勇気を持つことも大切です!

この記事をシェア

職場の人間関係の最新記事

ページ先頭に戻る