正社員・派遣社員・契約社員の違いと身につけておきたい基礎知識


会社に勤める社員には大きく分けて3つの働き方があり、正社員・派遣社員・契約社員それぞれの働き方で会社との契約期間や業務時間などの契約内容が変わってきます。

契約内容を見比べるとそれぞれのメリットやデメリット、どの働き方が自分に合っているかなどが見えてくることもあるはずです。

また、どの働き方においても会社に勤める社会人なら「気持ちよく働くためのマナーや基礎知識」身につけておくべきですし、覚えておくと便利な「オフィスでもオシャレで快適に過ごすコツ」も一緒にチェックしていきましょう。

正社員・派遣社員・契約社員それぞれの特徴やメリットをチェック

就職活動で目標にされることが多いのは正社員ですが、契約社員や派遣社員との具体的な違いはどこにあるのか、正社員・派遣社員・契約社員それぞれの特徴やメリットをチェックしていきましょう。

正社員として働く場合

正社員は「雇用期間を定めない」という雇用形態であるという点が最大の特徴で、一般的にフルタイムの決まった時間で働くことになります。

そのため正社員は給与としてボーナスや昇給、退職金などが支払われるケースが多く、福利厚生などの待遇も充実しているという点はメリットと言えるでしょう。

また、会社の信用度と社員の信用度は直結しているので、勤務している会社が上場すればクレジットカードの格上げが可能になるなど社会的な信用が得られます。

ただし、フルタイム勤務で拘束時間が長いと考えると自分の時間を確保することが難しくなってくるので、正社員として働きながら育児、介護などを両立する場合は精神的人も肉体的にも負担が大きくなってしまうことが考えられます。

また、昇進して仕事の責任は増えたのに給料が下がる「名ばかり管理職」になってしまう可能性があるので自分の働き方をきちんと見直すことも大切です。

▼「正社員として働くメリット」についてはこちらを参考にしてください
正社員にはメリット一杯!メリットを正しく理解しよう

▼「正社員として働くデメリット」についてはこちらを参考にしてください
正社員にはなりたくない!正社員以外で働くリスクも知っておこう!

派遣社員として働く場合

派遣社員は実際に働く会社と契約している訳ではなく、派遣元である派遣会社と派遣先企業との契約になります。

派遣会社への登録時には事前に自分のスキルや希望の働き方などを登録するため、自分の得意な仕事やライフスタイルに合った職場が選べたり、通常のパート・アルバイトに比べて高時給であることが多いという点はメリットと言えます。

一定の条件さえ満たしていれば派遣社員も社会保険に加入できるので、国民健康保険に加入している場合は、脱退手続きを忘れず行いましょう。

また、派遣社員のデメリットとなりうる知識として交通費やボーナスがもらえないのが一般的だということや、「派遣切り」「3年ルール」についてきちんと知っておきましょう。

派遣会社と派遣先企業の契約が解除された場合、契約期間が満了する前に「派遣切り」されて働き先を失う可能性がありますが、派遣切りをされてしまった場合は2018年から始まった「3年ルール」適用の有無を見直すことが大切です。

▼「派遣社員のメリット」についてはこちらを参考にしてください
派遣のメリットを知ろう!メリットを活かす働き方も紹介

契約社員として働く場合

契約社員は「雇用期間に定めのある」雇用形態で、労働時間や勤務地など事前に契約した働き方で働くことになります。

労働時間があらかじめ決められているため、休日出勤や残業などに時間を取られる心配がなくプライベートな時間を確保しやすかったり、転勤することがないという点がメリットとなるでしょう。

ただし、正社員との待遇の差があるためボーナスが支給されなかったり、福利厚生が使えない場合があるという違いはきちんと把握しておく必要があります。

また、期間満了後も継続して働き続けるためには契約更新の必要があり、中には「雇止め」されるケースもあるので雇い止め無効の条件なども頭に入れておきましょう。

▼「契約社員と正社員の違い」についてはこちらを参考にしてください
契約社員と正社員の違いや、契約社員のメリットを知ろう!

▼「契約社員のボーナス」についてはこちらを参考にしてください
契約社員でもボーナスはもらえるの?その支給額が気になる!

気持ちよく働くために身につけておきたいマナーや基礎知識

周囲の人と気持ちよく働き、プライベートも充実させるためには周囲との連携やワークライフバランスを保つための自己管理が重要です。社会人として身につけておきたいマナーや基礎知識をチェックしていきましょう。

職場の人とうまく付き合うコツ

気持ちよく働くためには一緒に働く仲間とうまく付き合っていかなくてはなりませんが、職場には自分の苦手とするタイプの人も中にはいるでしょう。

自分の自慢をしてマウンティングをする人や、仕事のできないダメ社員への対応に悩むかもしれませんが、そのような人に振り回されてストレスを溜めないように上手に接するコツを知っておくと役立ちます。

また、職場関係の人とはプライベートで関わりたくないと考えるなら、社会人サークルや趣味に関係したイベントに参加するなどして会社以外で友達を作ることもおすすめです。

▼「職場でのマウンティングの対処法」についてはこちらを参考にしてください
ウザいマウンティングはこう乗り切れ!職場での対応法

▼「ダメ社員の見極め方と上手な接し方」についてはこちらを参考にしてください
ダメ社員にはこんな特徴がある!その言動から見極めよ!

過労やストレスによる症状を見逃さないで

ニュースでも時折話題となる「過労」ですが、働き過ぎて仕自分のプライベートな時間を確保できないだけでなく、心身に大きなダメージを受けて最悪の場合「過労死」につながる恐ろしい問題です。

働きすぎの兆候や職場で受けたストレスは心や体にサインとして現れるので、見逃さずに対処することがポイントとなります。具体的な症状をチェックしていきましょう。

働きすぎで起こる症状の一例…
過労やストレスによる症状は見逃しやすい軽度な症状であることがほとんどですが、症状が進めばその分ダメージは大きくなって周りに迷惑をかける事になりかねないので、定期的なリフレッシュや休息が必要不可欠です。

会社によっては病気や怪我で一定期間療養の必要があると認められた場合に休職制度を設けていることがありますし、業務上のケガや病気は労災申請が必要になるので制度をきちんと理解しておきましょう。

▼「過労による症状のチェックポイント」についてはこちらを参考にしてください
過労で入院はあり得るのか?注意が必要な疲労の蓄積

▼「働きすぎを感じた時の対処法」についてはこちらを参考にしてください
働きすぎは損をする?働きすぎを感じた時試してほしい対処法

会社を休む時は早めに連絡を

会社を休むことは容易ではありませんが、インフルエンザなどの感染症にかかってしまった時や冠婚葬祭、家族の病気、大規模な災害などで出勤できないことがあるかもしれません。

急なアクシデントで出勤できなくなってしまった時を含め、止む終えず会社を休む場合は電話やメール、SNSなど就業規則で定められた方法でできるだけ早く連絡することがマナーとなります。

メールで休むことを連絡する場合は休む理由を簡潔にまとめ、最低限の引き継ぎやお詫びの言葉を付け加えることも忘れないようにしましょう。

また、有給や介護休暇など会社の制度を使って休む場合は、緊急でない限り会社が忙しくない時期を狙って休みを取るなど周りの人への配慮も大切です。

▼「会社を休む理由」についてはこちらを参考にしてください
会社を休むべき時はいつ?会社を休む時の理由と使い方

▼「休みを伝える方法」についてはこちらを参考にしてください
会社を休みたい時必見!休みを伝える正しい方法教えます

プライベートな報告をする時のポイント

結婚や妊娠、離婚などプライベートな事柄は「会社へ報告すべきなのか」「どのタイミングで報告するの良いのか」悩む人は少なくないので、結婚、妊娠、離婚を報告する時に押さえておくべきポイントをそれぞれご紹介していきます。

結婚報告の場合
結婚報告をする場合は、直属の上司との時間をきちんと確保した上で結婚の事実や結婚後の仕事について伝え、その上の上司や同僚への伝え方などを合わせて相談しましょう。
妊娠報告の場合
妊娠報告の場合、安定期に入ってから報告したいと思う人が多くいますが妊娠中の体はどのような変化があるのか予測できないので、精神的引き継ぎの準備を考慮して直属の上司には早めに報告しましょう。
離婚報告の場合
特に離婚の報告は隠しておきたいと思ってしまうかもしれませんが、姓が変わらなくとも年末調整の書類などで配偶者の有無は記入することになるので先に報告しておきましょう。
どの報告も最初に伝えるのは直属の上司ですが、妊娠を期に仕事を辞めたいと思う場合などは特に引き継ぎや手続きにかかる時間を考慮してなるべく早めに報告することが大切です。

また、社内結婚の末に離婚に至った場合は大人として対応し、周りへの気遣いも忘れないようにしましょう。

▼「結婚報告のルールとマナー」についてはこちらを参考にしてください
恥をかかないために。結婚する時の会社への報告のルールとマナー

▼「妊娠報告のマナーやタイミング」についてはこちらを参考にしてください
会社への妊娠報告、伝えるときのマナーやタイミングと注意点

▼「離婚報告のタイミングや伝え方」についてはこちらを参考にしてください
離婚する時に会社にも報告が必要?タイミングや伝え方など

オフィスでもオシャレで快適に!身だしなみやアイテム選びのコツ

男性はスーツにネクタイというスタイルが定番ですが、女性の場合は明確なスタイルが決まっていない分、TPOをわきまえてオシャレすることが大切です。

例えばオフィス勤務ならイメージチェンジや作業効率アップが狙えるオシャレなまとめ髪を選んだり、営業職の女性なら前髪やサイドの髪が顔にかからない清潔感のあるヘアスタイルにすることで好印象を与えられます。

また最近は「身だしなみの一つ」としてネイルが許可されている職場も増えていますが、TPOをわきまえて派手な色や柄のネイルは避け、シンプルなデザインを選ぶことがポイントとなります。

そして、女性のビジネスコーデに欠かせないヒールですが長時間履いていると足に痛みを感じやすいので、自分の足の形やサイズに合ったものを見極めたりシューズストレッチャーやインソールを用いて快適な履き心地を目指しましょう。

▼「会社ネイルにおすすめのデザイン」についてはこちらを参考にしてください
会社でのネイルはどの程度までOK?印象のよいネイルとは

▼「ヒールの選び方や痛い時の対処法」についてはこちらを参考にしてください
ヒールの「痛い」は歩き方で解消!足に合った選び方やケアも

社会人として正しい知識を身につけ、自分らしい働き方をしよう

正社員・派遣社員・契約社員それぞれの働き方に特徴やメリットがありますが、頭に入れておくべきデメリットがあるのも事実です。

それらを全て理解した上で、自分のライフスタイルやこれからのライフプランに合った働き方を選ぶことがポイントとなります。

また、どの働き方においても社会人として基本的なマナーや知識をきちんと身につけて、周りの人と気持ち良く働いていきましょう!

この記事をシェア

正社員・派遣社員・契約社員の最新記事

ページ先頭に戻る