会社に居場所がない、転職するべき?孤立したら試してみたい対処法

長く仕事を続けるためには職場の人間関係はとても大切。ところが、職場に気の合う人がいない、上司や先輩から無視されている、孤独を感じるなど、職場に自分の居場所がなくなってしまうことがあります。
たとえ、仕事が好きでも人間関係が悪ければ、職場に居づらくなり辞めたいとさえ思うでしょう。
逆に仕事が大変で好きでなかったとしても、人間関係が良好であれば不思議と絶えることができます。
それくらい人間関係は仕事を続けるうえで重要な要素になってくるのです。ここでは職場で孤立してしまったときに試してみたい対処法について紹介していきます。職場の人間関係に悩む人は、必見ですよ。

コミュニケーションが苦手など、職場での居場所がなくなる人の特徴

職場の人間関係で悩む人は少なくありません。そして、職場で自分の居場所がないと悩む人には共通点がいくつかあります。
今は職場で人間関係のトラブルを抱えていなくても、いずれ悩むようになる可能性は誰にでもあります。
人間関係で悩まないためにも、職場での居場所をなくしやすいタイプについて知っておくと役立ちます。

会社に対しての不満が大きい

自分に与えられる仕事、人間関係、待遇など、会社や仕事に対して何かしらの不満を持っている人が大半だと思います。
しかし、それを表に出してしまうと周りから孤立しがちになります。会社への不満が自然と言動に出てしまうようになると、周りの人も扱いに困るようになります。
結果的に、周りの人とコミュニケーションを取らなくなってしまいどんどん孤立してしまうようになります。

コミュニケーションが苦手

もともと人とコミュニケーションを取るのが苦手なタイプは、職場で居場所を失いがちです。人付き合いが苦手だと、自ら人を遠ざけてしまうからです。

また、自分からコミュニケーションを取ろうとしない人は、周りも話しをしたくないのだなと感じるようになり、必要最低限以外は話しかけてこなくなります。

ミスが多い

ミスをすると周りにも多大な迷惑をかけてしまうことになります。誰でもミスはしますので、1度や2度であればそれほど問題はないでしょう。
しかし、ミスが多い、同じミスを何度も繰り返すとさすがに周りもあきれるようになり嫌悪感を示すようになってしまいます。

否定や言い訳が多い

ミスをしても言い訳をして素直に謝らない、他人のせいにしようとする人は周りから信頼されず、孤立しやすくなります。

また、世間話をしているときも、相手の言っていることに対していちいちケチをつけたり、否定したりするような人は、周りから嫌われやすいです。

飲み会や食事会に参加しない

仕事が終わってからの付き合いを断ってばかりいる人も、孤立しがちです。食事会や飲み会は会社の人と親睦を深める絶好の機会ですし、飲み会や食事会に参加しないのは協調性がないと思われます。
参加を断り続けていると、周りからも疎外されるようになってしまい、最終的に自分の居場所がなくなってしまうのです。

まずは現状を理解し改善に努めること!会社で孤立したときの対処法

会社で居場所がなくなると、もう会社に行くのが嫌だ、いっそのことやめてしまいたい!とさえ思ってしまうでしょう。
仕事を辞めるのは簡単ですが、根本的な問題が解決できない限り、次の職場でもまた同じことが起こってしまう可能性が高いです。
ここでは、会社で孤立してしまったときに試してみたい対処法について紹介していきます。

なぜ、孤立してしまったのか、その原因を考えてみる

職場で孤立してしまったのは、何かしらの原因があるはずです。まずは、その原因について自分なりに考えてみましょう。
たとえば、仕事で大きなミスをしてしまった、話しかけられてもぶっきらぼうな対応をしてしまったなど、原因として考えられることを全てピックアップしてみるのです。
原因がある程度把握できたら、改善するためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。
もし、どうしても孤立した原因がわからないときは、会社の誰かに思い切って相談してみるのも手段のひとつです。
直接面と向かって聞いてみるのが恥ずかしいときは、メールを使って聞いてみるということもできるでしょう。

第三者の意見は参考になります。自分では思いつかなかった原因に、気づかせてくれるかもしれません。

まずは挨拶から始めてみる

以前は居場所がないと感じることはなかった場合、孤立するようになったのはちょっとしたことの積み重ねかもしれません。
長い時間をかけて孤立を招いたのなら、それを改善するのにもある程度の時間がかかると思ったほうがいいでしょう。まずは、できるだけ会社の人と接点を持つことから始めてみましょう。
そこで、大きな声で職場の人と挨拶をするようにします。挨拶をするだけでも、周りからの印象は大きく変わってくるはずですよ。

自分をさらけ出すことも大切

プライドの高い人や自分の殻に閉じこもりがちな人は、どのようなタイプの人なのかを周りが把握しづらく、話しかけづらいのです。
だからこそ、自分の弱みを思い切ってさらけ出してみましょう。弱い部分を見せると周りも自然と優しく接してくれるようになったり、好印象を持ってくれたりするものです。

仕事で結果を出す

誰でも得意な分野と不得意な分野があります。普段からミスが多く、周りから信頼を失ってしまっている人は、自分の得意分野をみつけてそこでがんばってみましょう。
仕事で結果を出すことができれば、周りからの評価や見方も変わってくるはずです。自分の得意そうなこと、できそうなことがみつかったら、上司や先輩に仕事を任せてほしいことをアピールしてみましょう。

1人でもいいので味方を作る

周りに誰も味方がいないのと、たった1人だけでも味方がいるのとではだいぶ違います。大勢の人に信頼を得ることは難しいので、まずは誰か1人でもいいのであなたの味方になってくれる人を探しましょう。
仲良くなるための方法はいくらでもあります。ランチに誘ってみる、仕事の後にお茶や食事に誘ってみるのもいいでしょう。

1人でも職場であなたのことを理解してくれる人がいるだけで、だいぶ気持ちが楽になるはずですよ。

仕事は仕事と割り切る

いろいろと試してみてもどうしても孤立を避けられないときは、割り切ることも大切です。
職場はあくまでもお金を稼ぐための場所と割り切って、仕事以外の部分で楽しみを見つければいいのです。
仕事以外の場所で楽しみがみつかれば、孤立していること自体がストレスではなくなってきます。
何かしら楽しいことを見つけてプライベートを充実させることができれば、日々のストレスもたまりにくくなるでしょう。

転職するという手段も

一度悪化した人間関係は、そう簡単に改善されないことがあります。何をやってもダメだったときは、転職することも考えてみましょう。
たとえ、転職したとしてもまた同じことが起こるのでは?と不安になるかもしれません。しかし、なぜ孤立してしまったのかという理由がわかっていれば、次の職場では孤立を防げるはずです。

まずは自分なりに努力することが大切!転職は最終手段と考えよう

職場で孤立してしまったのは、何かしらの原因があるはずです。まずは、その原因を知ることが重要になってきます。
その後、自分なりにいろいろやってみて孤立を改善することができたら、今の職場で働くことが嫌でなくなるはずです。
しかし、対処法をいくつか試してみてもどうしても状況が改善されないこともあるでしょう。そのときは、転職を考えてみるのも悪いことではありません。
人間関係を理由に転職する人は大勢います。自分に非があれば、次の職場で気を付ければいいだけのことです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る