人と関わらない仕事はコレ!個人プレーが活かされる仕事

最近は様々な仕事の形態が増え、人と関わらない状態でもできる仕事が増えてきました。こうした仕事は、人と関わるのが苦手な人達に人気の職業となっています。
人と関わらない仕事を求める人は多く、インターネットでも情報がたくさんで回っています。しかし、人と関わらない仕事にあるリスクについてはあまり深く触れられていません。
そこで今回は、人と関わらない仕事の中からオススメの仕事を3選紹介します。

  • 仕事内容
  • 仕事上発生するリスク

も併せて紹介していくので、

  • 人と関わらない仕事について知りたい
  • 人と関わらない仕事にはどんなリスクがあるのか知りたい

という人は、ぜひ参考にして下さい。

人と関わるのが苦手…。できれば人と関わらない仕事がしたい

人と関わるのが苦手な人は意外と多いです。最近はインターネットが発達した分、こうした人達でも人と関わらずにできる職種や、仕事の仕方等が増えてきました。
まずは人と関わらずに仕事をするにはどうしたらいいのか、について解説していきます。

仕事の仕方や仕事内容によっては人と関わらずにできる仕事も

最近は職種や働き方が多様化しており、人と直接かかわらなくてもできる仕事が増えています。

  • 職場の人間関係が苦手
  • 顧客と直接かかわらずに仕事がしたい

という人でも、働けるような世の中になっているのです。

  • インターネットを通して顧客とやり取りをする
  • 主な勤務時間が人の少ない時間の仕事を選ぶ

といった工夫をすれば、人とのかかわりを最小限にした状態で働く事ができるのです。

人と関わらない仕事は、その分のリスクがある事も

人間関係や接客が苦手、という人にとって人と関わる事が少ない仕事はとても良い仕事の様に思えます。しかし、人と関わらない仕事はその分のリスクもある事を忘れてはいけません。
例えば、

  • 普通の人が働いていない時間に働く事になる
  • 人と関わらない分、孤独感を感じやすくなる
  • 会社等で受けられる保証が受けられない場合がある
  • 社会的な信用が低く、一部の金融商品(クレジットカードやローン等)の審査に落ちやすい

といった事が考えられます。
人と関わる必要がない分、他の要素のリスクが普通の仕事よりも高い場合もあります。人と関わらない仕事を選ぶ時は、仕事内容だけでなく、その仕事を選ぶ際に発生するリスクについても調べておきましょう。

人と関わらない仕事オススメ3選

次に、人との関わりが最小限で済む仕事の中から、オススメの仕事を3つ紹介します。仕事内容だけでなく、その仕事をする上で発生するリスクについても取り上げていきますので、仕事選びの参考にして下さい。

在宅ワーク、ハンドクラフト

パソコンやスマホを通してできる仕事の代表として有名なのが、在宅ワークとハンドクラフト作家です。
在宅ワークは名前の通り、家の中にいながら仕事をこなしていく働き方です。在宅ワークの募集やあっせんを取り扱っているサイトに登録し、サイト上で募集を出しているクライアントから仕事をもらい、もらった仕事をこなして報酬を得ます。
クライアントとのやり取りは基本、募集サイト等で行いますが、

  • メール
  • ビジネス向けのチャットアプリ

等を活用する場合もあります。
仕事内容は多岐にわたり、

  • データ入力
  • アンケート調査
  • 記事作成
  • 翻訳
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • デザイナー
  • 作曲・編曲
  • 動画作成

等、パソコンやスマホでできる仕事がほとんどです。
メリットとしては

  • 家の中でいつでもできる
  • 自分の得意な技術や分野の仕事ができる
  • 空いた時間を有効活用できる

といった部分があります。
デメリットや注意点として

  • 自分で仕事を探さなくてはならない
  • 納期や規約は必ず守る
  • 中には悪質なクライアントもいる

といった事があります。
ハンドクラフト作家は、手芸等の技術を活かした働き方です。手芸で作った物をインターネットで販売するのが、最近の主な活動になります。
自分の作品を公開するサイトを作っている人もいれば、

  • ハンドクラフト用のオークションサイト
  • ハンドクラフトのコミュニティサイト

を活用して仕事を得ている人もいます。
こうしたサイトを実際にのぞいてみると、

  • 洋服や布小物
  • アクセサリー
  • 革細工
  • レジン
  • 金属粘度
  • 人形

等、様々な作品が販売されています。
ハンドクラフト作家のメリットとして、

  • 自分の好きな作品を発表・販売できる
  • サイトを通して必要最低限のやり取りで販売ができる
  • 人気が出れば、メディアに作品を発表できる場合もある

といった事が当てはまります。
デメリットとしては

  • 材料費等がかかる、その分も考えて値段設定などを自分でする必要がある
  • どんなに作っても売れなくては収入にならない
  • 悪質な購入者に当たる可能性もある

といった事が考えられます。
また、どちらの仕事も自由業として働く場合がほとんどです。自分で税金や保証を準備する必要がありますから、これもリスクの一つと言えるでしょう。

個人投資家

  • 不動産

等に投資して資産を増やす個人投資家も人との関わりを最小限に抑えられる仕事の一つです。こちらも在宅ワークなどと同様、インターネットを通して資産のやり取りを行います。

  • インターネットを使える環境
  • 初期投資分のお金
  • 株等の場合は、やり取りをする知識
  • 不動産の場合は土地や建物

これ等の準備は必要ですが、逆を言えばこれだけ揃えていればすぐに始められる仕事でもあります。
メリットとしては

  • 上手くやれば大きいお金を手にする事ができる
  • 株主特典等のサービスを利用できる場合がある

といった事があげられます。
しかし、デメリットとして

  • 損をする可能性、最悪の場合数百万から数千万単位の損をする可能性がある
  • リスクヘッジを常に考えなくてはならない
  • 税金の支払い
  • 社会的信用がない

といった事があります。
リスクが大きく発生しがちな仕事ですから、十分に知識やお金を用意してから始めるようにしましょう。

検針業務や新聞配達

  • ガスや水道の検診業務
  • 朝の新聞配達

も、人と関わらずにできる仕事の一つです。
ガスや水道の検診業務は、担当区域の家や建物にあるガスや水道のメーターを検針し、その結果をポストに投函していく仕事です。男女共に働いている人が多い仕事ですが、作業自体は個人で行っていきます。
メリットとしては、

  • 自分のペースである程度こなす事ができる
  • 最低限の連絡業務以外は人と関わらない

といった事があげられます。
デメリットとしては

  • 徒歩や自転車、車で外を回りながら行うので、体力がいる
  • 雇用形態によってはアルバイト扱い等、不安定な雇用形態で働く場合もある

といった事があげられます。
新聞配達は文字通り、朝刊や夕刊を各家庭に届ける仕事です。検診作業同様、担当区域の建物にあるポストに新聞を届けていきます。
メリットとしては

  • 働く時間をある程度(朝刊か夕刊か、あるいは両方か)選べる
  • 人との関わりが社内連絡等最小限で済む

といった点があります。
デメリットとしては

  • 体力がいる事が多い
  • 場合によっては原付や車の免許が必要な場合がある

といった点があげられます。
どちらの仕事も人と関わる場面は最小限で済みますが、体力が必要な仕事です。

人と関わらない仕事はある。その分のリスクは理解しておこう

人と関わるのが最小限の仕事はたくさんありますが、どの仕事にもリスクが存在しています。人と関わらない仕事につきたいと考えている人は、仕事内容だけでなく、その仕事のリスクもしっかり把握しておくようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る