子育てサロンとは育児に悩むママに安心を与えてくれるもの

育児に奮闘しているママさん、子育てサロンをご存知でしょうか?
言葉だけは知っているという人もいるでしょう。または、興味があるけれど利用したことはない、という人もいるでしょう。
特に初めての育児は上手くいかないことも多く、落ち込んでしまうことも少なくありません。子育てサロンは育児をしている皆さんにとって、便利で、心強いサポートをしてくれるもの。意外と身近にあるものなので、すぐにでも利用できますよ。
子育てに悩んでいる人や子育てに関する情報が欲しいという人は、ぜひ利用してみてください。どこにあるのか?どういった内容なのか?子育てサロンについてまとめてみました。

悩み相談やイベントの開催。子育てサロンで悩み解消

同じ子育てをするママやパパが育児の悩みごとや不安を相談できたり、子どもを遊ばせたりできるのが子育てサロンです。具体的にはどのようなことをしているのかお伝えしましょう。

子育てサロンで行っていること

子育てサロンは地域の自治体が主体となり行っているものです。それぞれのサロンによって多少の違いはありますが、主な内容は次の通りです。

子どもを遊ばせながらママたちが交流
子どもを遊ばせることができるとともに、そこに来ているママたちと交流をすることができます。情報交換をしたり、悩みを言い合ったりすることができる場です。
中には、スタッフが子どもを預かってくれるサロンもあり、ママ同士でゆっくり話をすることもできます。
悩み相談
サロンのスタッフや専門スタッフなどに、子育てに関する悩みを相談することができます。電話や手紙などを受け付けているところもあります。
健康相談
身体的な悩みや健康に関する不安などについて、

  • 保健師
  • 助産師
  • 保育士
  • 栄養士

などの専門スタッフが相談にのってくれます。

親子で遊ぶ
さまざまなアクティビティーを実施しているサロンもあります。

  • ゲーム
  • 工作
  • リトミック
  • 読み聞かせ
  • プール遊び
  • 親子ヨガ

など、内容はいろいろ。中には専門家を招き、セミナーや講座などを開催することもあります。

イベントの開催
クリスマスパーティーや餅つきなど、季節ごとのイベントを開催しているサロンも多くあります。それぞれのサロンで告知をしていたり、年間スケジュールを立てていたりすることも多いのでチェックしてみるといいでしょう。

子育てサロンを利用するメリット

家の中で一日中子どもと一緒にいると、ストレスが溜まってしまうことがあります。散歩に出て新鮮な空気を吸うだけでもリラックスできますが、子育てサロンではもっと楽しいことがあったり、心が軽くなったりすることがあるものです。
子育てサロンを利用することで得られるメリットには次のようなことがあります。

育児ノイローゼにならずにすむ
育児ノイローゼは他人事ではありません。1日中子どもの世話に明け暮れ、誰もいない家の中で育児だけをしていることで社会から取り残されたような不安を感じることもあるでしょう。
育児は思い通りにいかないものです。本を読んでも、ネットを見ても、自分の探し求めている答えが出てこないことも多いもの。そんなイライラや不安が募れば、心が壊れてしまうこともあるのです。そんな不安定な気持ちを救ってくれるのが育児サロンです。

サロンに行けば、同じような悩みを抱えたママがいて、アドバイスをしてくれる専門家もいます。そういった人たちや場所は、育児で疲れた心を安定させ、元気にしてくれるはずです。

育児に関するさまざまな情報を得ることもでき、自分一人では解消できなかった悩みも解消されるでしょう。

子どもの社会性が身につく
保育園に入る前に、さまざまなお友達と遊ぶことで、社会性を身につけられるというメリットもあります。家ではできない遊びやイベントなどに参加させることで、家で遊ぶだけでは発見できない才能を見出すことができるかもしれません。
友だちができる
さまざまな年代のママたちがいるので、意気投合する友だちができることもあるでしょう。気の合う友人ができれば、育児の悩み相談だけでなく、一緒に出掛けたりするなど、さまざまな楽しみも増えますね。

いつ参加できる?対象年齢や場所

子育てサロンは、地域の

  • 社会福祉協議会
  • 民生委員児童委員
  • ボランティア

などによって運営されていることが多く、NPO法人の民間団体や保育士、専門知識のある相談員、地域のボランティア、子育て中のママや子育て経験のあるママなどがスタッフとして活動しています。
対象年齢は施設によってさまざまですが、0~3歳くらいまでが多く、公民館や自治会館、ボランティアの自宅などで週に1回、もしくは月に1回程度行っています。
多くは予約も必要なく、無料であることがほとんどですが、中には、100~300円程度の利用料金が必要な場合もあります。
また、講座やイベントなどがある場合は予約が必要だったり、定員になった時点で締め切ったり、という場合もあるのでホームページなどで確認するといいでしょう。

子育てサロンを利用する際の注意点

子育てサロンはそれぞれのサロンやセンターによって、開催スケジュールや参加できる年齢なども異なります。ホームページなどでチェックするといいでしょう。また、楽しく利用するためにも次のような点に注意しましょう。

行く前にホームページなどでチェックすること

場所や曜日、時間などはサロンによってさまざまなので、事前にチェックすることが必要です。主に以下の点は確認が必要です。

  • 開催時間
  • 当日のプログラムの内容
  • 利用条件や利用料金
  • 授乳スペースの有無
  • 持参していった方がいいものの確認

基本的にはオムツや授乳する際に必要なものなどが持参していきます。また、部屋の中での体温調節のためにも、上着や着替えなども用意していきましょう。体を動かすことも多いので、動きやすい恰好がおすすめです。

スタッフに預けていないときは子どもから目を離さない

ママたちとの話に夢中になって、子どもから目を離すのは危険です。サロンには自由に遊べる遊具などが用意されていることもありますが、子どもは何をするか分からないもの。誤ってケガをしたり、ケガをさせてしまったりしては、大変なことになります。

スタッフに子どもを預けているのではない限り、子どもと一緒にいるか、目を離さないようにしましょう。

子どもを連れていくベストなタイミング

もちろん、体調不良のときなどは避けた方がいいでしょう。気分が安定している昼寝の後などがおすすめです。初めて参加する場合は、ママも緊張するかもしれませんので、体調のいい時に行くといいですよ。

子育てサロンを利用して気分転換を

子育ては自分の思い描いているように順調に進むとは限りません。毎日子どもと一緒にいることは、どんなにかわいい我が子であってもつらくなることもあるものです。ミルクを飲んでくれない、他の子と比べて成長が遅いなど、悩みや不安は尽きないでしょう。
そんなときに利用したいのが子育てサロンです。そこには悩みを解消してくれる人や環境があります。一人で悩む必要はありません。気軽な気持ちで、地域の子育てサロンをのぞいてみるのもおすすめです。うつうつしていた気持ちが晴れ、気分がスッキリしますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る