給与と給料の違いは何?それぞれの意味や注意点を覚えよう

給与と給料。何気なく私達が良く使っている言葉です。どちらも同じ意味で使っている事が多いですが、実は細かない違いがあるという事を、知っていますか?
給与と給料の違いは、普段働いている時はもちろん、転職等、新しい仕事を探す時にも深く関わっていきます。記載内容によっては、将来に関するお金の計算にも深く関わってくる事となりますので、かなり重要です。
給与と給料の違いは、働く女性なら覚えておいて損はない知識です。今回は、給与と給料の違いとその違いで気を付けて欲しいポイントを解説していきます。
現在働いている人はもちろん、転職を考えている人や就職活動をしている人にも、役立つ内容となっています。ぜひご覧下さい。

給与と給料の違いはコレ!正しく覚えて間違えないようにしよう

まず、給与と給料とはどういう意味があるのかを解説していきます。どちらの違いも細かい違いではありますが、実際もらえるお金に深く関わっています。悉皆覚えておきましょう。

「給与」とは

給与は、法律では所得税法という法律で以下の様に定められています。

「給与所得とは、俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る所得をいう」

つまり、給与とは会社から渡されるお金やそれに準ずる物全ての事を指しているのです。
具体的には、

  • 基本給
  • ボーナス
  • 交通費
  • 残業代
  • 条件を満たした人に支払われる手当

等が当てはまります。
会社で働いていると毎月給与支払いをされる日に、給与明細をもらいます。この給与明細に記載されている基本給や手当、一部費用は、全て『給与』に当てはまる、という訳です。
後で詳しく解説しますが、この給与と給料を混同してしまうと、生活やお金の計画において、困った事態を引き起こす場合があります。

「給料」とは

では、給料とはどの様なものなのでしょうか。
給料とは、会社から毎月決まって支払われる定額のお金、つまり基本給の事です。『給料』は『給与』の一部の事、といえます。
ちなみに、支払われる給料が上がる事を昇給と言います。資格手当等の手当が付くのではなく、基本給である給料が上がる事を指しています。紛らわしいですが、こちらも正しく覚えておきましょう。

ちなみに「賃金」はどういう意味?

給与と給料に似た言葉に、『賃金』というものがあります。これは、労働基準法に記載されています。
労働基準法では賃金を「賃金、給料、手当賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として仕様者が労働者に支払うすべてのもの」と定められています。
給与とほぼ同じ意味ですが、この場合はお金だけでなく、現物支給による支払いも含まれています。
意味はほぼ給与と同じです。区別して考える場合、賃金については「もらえる報酬全てを指す、給与よりも広義な意味の言葉」と覚えておきましょう。

給与と給料の違いで気を付けておきたいポイント

給与と給料の違いを確かめてみると、細かいながらも見逃せない違いである事が分かります。この違いは、私達が普段もらっている給与明細や、求人情報の記載にも良く登場しています。
給与明細や求人情報で見かける給与と給料について、気を付けて欲しいポイントを解説していきます。

支給品も「給与」になる

会社から渡される支給品の中には、給与として計上されている物もあります。

  • ボーナスとして支給された自社製品
  • 一部の部署のみ配られている記念品
  • 成績優秀者にのみ配られる支給品や記念品

これらの中には、現物支給の給与として扱われている物があり、所得税の課税対象とされている場合があるのです。
これは、会社側が現物支給を労働協定等で認めている場合に起こります。この場合、支給された自社製品や支給品、記念品は、賞与や手当の一部として扱われるのです。
これらの現物支給による賞与や手当は、支給された物の価値をお金に換算された金額に対して所得税がかかるようになっています。
実際に支給された物が給与として扱われているかどうかは、支給された月の給与明細で確認できます。何らかの形で現物支給を受けた際は、給与明細にそれについて記載があるか確認しておきましょう。

求人情報での記載に注意

転職者就職の際、必ず求人情報を目にします。この時、もらえる報酬の額を必ずチェックしますが、この時にも給与と給料の違いに注意して下さい。
求人情報を確認する時は、基本給である給料の記載に注目しましょう。
どんなに給与が高くても、基本給である給料が低いと手当や残業に頼り続ける様な働き方になってしまいます。求人情報に記載されている金額が自分の生活に合っているかどうかの判断は、必ず給料の額で行って下さい。
給与の場合、

  • 資格や条件を満たした人に与えられる手当
  • 残業代
  • 成績によって支給される賞与

等を含めた記載になっている場合があります。
この様な場合だと、求人情報に記載されている額をもらえない可能性もあります。求人情報はもらえる最大の額を記載している場合も多いですから,内容をそのまま鵜呑みすると後々困った事にもなってしまいます。
また、現物支給にOKを出している企業だと、この給与額に現物支給される品の金額が含まれている場合もあります。お金として報酬を受け取れないので、これも生活に影響を与えてしまう可能性が考えられます。
給与は基本流動的な物と考えましょう。

  • 生活していく上で必要な金額をもらえるか
  • 目標としている金額を稼ぐ上で、効率的に稼げるか

といった判断は、給料を軸に考えるようにしましょう。

給与と給料は小さいようで大きな違いがある。注意深くチェックしよう

給与と給料の違いは、一見すると小さい違いのように思えますが、実際に働いてみると大きな違いとなって現れます。この違いを軽視してしまうと、最悪の場合、生活に大きな影響を与えてしまう可能性もあるのです。
普段働いている人は求人明細を改めて見直してみましょう。給与と給料の違いを理解してみると、新しい発見があるかもしれません。
転職活動や就職活動をしている人は、求人情報の報酬に関する部分は注意深くチェックしましょう。一見いい求人に見えても、給与と給料の違いに注目してみると、また違った発見ができる場合があります。
どちらも自分の人生に深く関わってくる内容です。小さな違いを見逃さず、本当に自分にその金額が適切なのか、よく考えるようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る