目標設定を決めるコツ!仕事で結果を出すためにできること

仕事で何かしら結果を出したい!スキルや経験を身に付けたい!と考えるなら、目標を設定してみましょう。
目標設定を行うことによって、自分が何をするべきかが明確になる、仕事に集中できるようになるといったメリットが得られます。
仕事で成果を出せるようになるとやりがいも感じられますし、昇給や昇進のチャンスも広がるかもしれません。
しかし、目標設定が上手くいかないと結果が伴いづらくなります。ここでは目標設定の重要性、目標設定を決めるコツについて解説していきたいと思います。

モチベーションをキープし仕事の安定感を実現!目標設定の重要性

目標設定などしなくても仕事をこなせばやりがいにつながる!と思っていませんか?確かに目標を設定しなくても、成果を出せる人もいるでしょう。
しかし、全ての人が目標を設定せずに上手く仕事を進められるとは限りません。まずは、目標設定の意味や重要性を理解しましょう。

モチベーションをキープする

仕事をやりとげるためには、モチベーションが欠かせません。目標を設定することで目指すところがハッキリとします。

仕事をやりとげるときは、モチベーションが下がることも出てくるでしょう。しかし、やるべきことが明確に見えてくると、目標を見直して再度やる気を起こすことができます。

効率が大幅アップ!

目標を設定する段階で時間や細かいプロセスを決めておくと、より効率よく業務を進められるようになります。
目標までに仕事を終えることができないときは、より効率よく終わらせる方法を考えるようになるでしょう。
また、進捗状況を確認しやすくなるというメリットも得られます。

キャリアプランが描きやすくなる

現在の仕事だけでなく、キャリアプランといった長期の目標を立てることもできます。長期の目標を設定することで、キャリアアップのためにどうするべきかが、わかりやすくなるでしょう。

目標設定のコツはSMART!設定のコツを詳しく解説!

目標は何となく立てればよいわけではありません。いくつかの点に注意して目標を立てることで、目標設定のメリットを得やすくなるのです。
ここでは、目標設定のコツである「SMART」について解説していきます。

S(Specific)具体的であること

目標は曖昧ではなくより具体的に決めるようにしましょう。何をやるのかが具体的でないと、目標達成のためにするべきことがわかりにくくなるからです。

M(Measurable)計測できる

計測できるとは結果を数字で計測できるという意味です。たとえば、ダイエットという目標を立てた時に、目標体重を設定したほうがよりその結果が明確になります。

A(Achievable)現実的に達成可能であること

目標は高く設定したほうがいい!と思っていませんか?確かに高い目標を設定することで、実力以上の成果を出せることもあります。
しかし、あまりにも達成不可能な目標を立ててしまうと、挫折しやすくなります。それよりも今努力すれば達成できそうな目標を立てたほうが、より現実的です。そして、目標が達成できると自信もつき、さらなるやる気アップにもつながるでしょう。

R(Result-oriented)成果に基づいている

達成したい!得たい!という思う目標することが大切です。目標を設定するためにはモチベーションが必要です。
しかし、それがあまり自分の望んでいない結果だったとしたら、やる気を維持するのが大変です。

特に、困難なことにぶつかってしまったときに、モチベーションが問題を解決する原動力になります。立てた目標を達成するためには、自分が本当に望むことに集中することです。

T(Time-bound)期限を明確にすること

いつまでに目標を達成するのかを明確にすることが大切です。具体的に日付を決めることで、その期日までに何をするべきかがわかりやすくなるからです。

日々の業務から課題を見つけること!目標テーマの決め方

目標設定をしたほうがいいとわかっていても、具体的に何をテーマにしたらよいのかわからないという人も多いでしょう。そこで、テーマを決めるときの主な方法について紹介していきます。

業務改善のための「正早安楽」

今現在行っている業務で改善するべき点はみつからないでしょうか?今よりも「より正しく、早く、安く、楽に」行えるようになったらうれしいですよね。
これを日常業務にあてはめてみましょう。資料作成業務を例にとって考えてみるとわかりやすいです。
正:より見やすい資料をつくる
早:短時間で作成する
安:コストを削減する
楽:より楽な方法で作成する
といった点で考えてみると、具体的なテーマややるべきことが見えてくることがあります。

自分の苦手分野から考える

誰でも得分野不得意分野があるはずです。そこで、不得意な分野に目を向けてみるのです。電話対応が苦手であったとします。
すると、自分がやるべき仕事を他の人が担うことになり、仕事の効率が落ちると予測できます。そこで、どうしたら電話対応が上手くいくのかを考えるようになります。

プロセスをチェックする

就業時間内に仕事を終わらせようと思っても、いつも残業になってしまうという問題を抱えていたとします。そんなときは、自分の仕事のプロセスをチェックしてみるのです。

  • 仕事中の私語が多い
  • 特定の業務に時間がかかりすぎている
  • 自分のキャパシティ以上の仕事をこなしている

など、時間内に終わらない原因がいくつか考えられるはずです。その原因から、自分がやるべきことが見えてくるはずです。

モチベーションを下げないためのコツ、達成手段の考え方

目標設定のコツや課題の探し方について理解できたら、次に達成手段に関する注意点について知っておきましょう。誤ったやり方で目標を設定してしまうと、モチベーション低下につながってしまうからです。

今までのやり方を変えてみる

このままだと目標を達成するのが難しいときは、今までのやり方を変えてみましょう。よく考えてみると、より効率的な方法が見つかるかもしれません。

自分一人で考えても良いアイデアが浮かばないときは、職場の人や上司などに相談してみるのも手段のひとつですよ。

今だからできることを考える

目標達成のための手段を考えたときに、今だからできることをやることで目標達成に近づくことがあります。たとえば、業務の効率化を目標として設定したとします。
仕事の繁忙期はより効率よく仕事をこなすことが求められるでしょう。そのときに具体的に何をしたらよいのかを、考えることで達成手段がみつかりやすくなります。

目標設定は大切!仕事のやりがいも大幅アップ

仕事で達成感が得られると、仕事をするのが楽しくなります。そのためにも、目標設定は重要な意味を持つでしょう。まずは、小さな目標からでもいいので、課題をみつけて目標を立てていきましょう。
目標をクリアしていくたびに自信がつき、より大きな目標や長期のプランも立てやすくなってきます。適切に目標設定を行い、充実したビジネスライフを送りましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る