チャンスイット

懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

食費を節約するコツ、我慢と無理をせずおいしく楽しく食費を削減

人間が生きていくうえで欠かせない毎日の食事。1カ月あたりの食費は、住んでいる地域や家族の人数によって前後しますが、2人以上の世帯で月約74000円です。(外食や酒類を含む)

しかし、食費を抑えるのは意外と大変です。おいしいものを食べると幸せな気分になるので、食べることが楽しみという人も多いでしょう。そんな人にとって、食費を削減するのはストレスになりますよね。

食費を節約すると聞くと「我慢」の文字が付きまといますが、やり方次第でストレスなく食費を削減できるのです。

普段の買い物のやり方を少し見直すだけで、お金の使い方が変わってきますよ。ここでは、食費を節約するテクニックについて、詳しく紹介していきたいと思います。

ネットスーパーで食費を削減!衝動買いを抑えて時間を節約

大手スーパー各社がネットスーパーサービスを提供していますが、ネットスーパーは高いというイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、ネットスーパーは、使い方次第で食費の削減に役立つのです。ネットスーパーで食費を抑えられる理由と上手な使い方について理解しておきましょう。

衝動買いを減らす
スーパーに出かけるとつい要らないものまで買ってしまうことが多くありませんか?

おつとめ品やセール品などお得になっている品物をみると、たいして必要ない物までつい買ってしまうからです。

その点、ネットスーパーは直接品物を見るわけではないので、衝動買いが少ないのです。しかも、精算前にカートに入っている品物をチェックできるので、必要か不要かを購入前に判断できます。

予算内に収まりやすい
買い物するときに事前に予算を決めておくと無駄使い防止に役立ちます。しかし、スーパーなど、実店舗に買い物に出かけると予算内で買い物をするのは難しいのが現状です。

そのため、レジに行ってみて予算オーバーということが少なくありません。その点、ネットスーパーはカートに商品を入れるときに合計金額を確認できるので、買いすぎを防げるのです。

時間の節約
共働きや子育てで忙しい人にとって、買い物をする時間を取ることさえ難しいのが現状です。

ネットスーパーを利用すると、時間の節約に大変効果的なのです。時間がないとイライラが募ってストレスもたまります。それが衝動買いをしてしまう原因にもなるのです。

ネットスーパーを利用して時間に余裕ができれば、心にもゆとりが生まれます。それが、食費の節約にも役立ってくるでしょう。

ネットスーパーで食費を節約できる理由や効果的な利用方法については、以下の記事を参照してください。
ネットスーパーは安いの?その魅力とお得な活用法を紹介

外食を我慢せず食費を削減!お得に外食するテクニック

外食は自炊よりもお金がかかるイメージがありますよね。確かに、外食が増えると出費が増えがちになりますが、お店の選び方や割引クーポンなどの活用で、お得に外食できるようになります。

ときどきおいしい物を食べるとストレス発散に効果的です。楽しく食費を節約するコツについて理解しておきましょう。

割引サービスを最大限活用
お店の公式サイトやフリーペーパーなどに、お店の割引券が掲載されています。これらの割引サービスを最大限活用することで、外食費をお得にできます。
食べ放題で食費を節約
食べ放題は好きな物を好きなだけ食べられること、前菜からデザートまでそろっているので食事の満足度が非常に高くなります。また、お腹いっぱい食べることで朝昼晩の3食のうち、1食を減らせます。
お得な日を狙う
お店によっては特定の日に料金が安くなるなどキャンペーンを実施しています。その日を狙って外食することで、食費を安く済ませられます。
ドリンクやデザートは我慢
外食に行くとつい頼みたくなってしまうドリンクやデザートですが、コンビニなどで買ったほうが安上がりです。外食先では食べたい飲みたい気持ちを我慢しましょう。

お得に外食して食費を減らすコツについては、以下の記事を参考にしてください。
外食でも節約は可能!美味しいものでお腹も心も財布も満足するコツ

冷凍保存で食費節約!安いときにまとめ買いで食費を軽減

スーパーなどの特売日を狙って買い物に行けたらよいのですが、いろいろ忙しいと買い物に出かける時間をとるのさえ難しいですよね。

大量に買った品物でも冷凍保存しておくと、長持ちさせられます。まとめ買いと保存方法のコツを理解しておくと、節約に役立ちますよ。

冷凍できる食材を知る
食材は何でも冷凍できるわけではありません。冷凍することで風味や味が大きく落ちる食材があるからです。

そこで、冷凍するのに適した食材と適さない食材について理解しておくことが大切です。冷凍保存できる食材なら、大量買いしても長期保存できますね。

適切な冷凍保存方法を知る
食品によって適した冷凍保存の方法が異なります。たとえば、野菜なら下ごしらえしてから保存したほうが、使うときに楽なのです。

おいしく冷凍保存するためには、食材ごとに最適な方法を理解し実践することです。

冷凍保存食を使うときの注意点
おいしさを保つためには、1カ月を目安に使い切ること、解凍後使わなかった食品を再冷凍しないことなど、いくつかの注意点を心得ておきましょう。

冷凍保存できる食材や適した保存方法については、詳しくこちらに紹介してあります。
冷凍できる食材で食費を節約!冷凍保存に適した食材と保存方法

残り物を有効活用!お弁当で食費を抑える!

節約や健康のためにお弁当を持っていく人が増えていますが、実はやり方次第で食費が高くつくことがあるのです。お弁当代を抑えるテクニックやポイントを知っておくと、食費の節約に役立ちます。

お気に入りの器を買うこと
お弁当箱や水筒はほぼ毎日使用する物です。だからこそ、気に入った物を選びましょう。

気に入らない物や機能性が低い物を我慢して使っていると、結局買い替えることになってしまいます。

初期投資はかかってしまっても、長い目で見れば節約効果が高いのでそこでケチってはいけません。

残り物を活用すること
昨日の夕飯のときの残りなど、残り物を有効活用することをおすすめします。当日の朝お弁当用おかずを全て用意するのは時間的にも厳しいでしょう。多く作りすぎたときは、冷凍保存しておくと長持ちします。
お弁当のために食材を買わない
冷凍食品やお惣菜など、お弁当のおかずのために食材を買っていると食費が高くつくことがあります。

冷凍食品やお惣菜の全てが高額というわけではありません。お弁当用としてだけでなく、普段のおかずとして使うなど上手にやりくりすれば食費の削減に役立ちます。

常備菜を準備する
野菜を切ったり茹でたりして冷凍保存しておくと、お弁当の彩に使えて便利です。

また、野菜を大量買いしたときに常備菜を作っておくと、普段のおかずやお弁当に使えて便利です。

お弁当代を節約するコツについて、以下の記事に詳しく書かれてあります。
お弁当の節約術!ランチ代を抑えてお弁当作りを楽にしてくれるコツ

宅配食材で食費を節約!使い方次第で無駄を大幅削減

自宅まで食材を届けてくれる便利な宅配食材。普通にスーパーで買い物するよりも、食費が高くなりそうなイメージがありませんか?

確かに、品物全体の価格を比べてみるとスーパーで買うよりも高いと感じるかもしれません。しかし、使い方次第で食費を節約できるのです。

お得なサービス・商品を選ぶ
宅配食材のサービスを提供している業者は、たくさんあります。サービスによってはスーパーで買うのと同じくらい、もしくはそれ以下の値段で食材を購入できるのです。お得な商品を選んで購入すれば、食費の節約効果も高くなりますね。
食材の無駄を防げる
宅配食材の中には、産地や栽培方法などにこだわった商品を厳選して届けてくれるところがあります。

たとえば、野菜でもスーパーで販売しているものよりも甘味や旨味が強いなど、野菜が苦手な子どもでも喜んで食べてくれることがあるのです。

おかげで、食材を余らせることが少なくなります。また、購入した野菜を使ったレシピが付いていることがあるので、レシピのマンネリ化と食材の無駄を防げるのです。

調理キットを活用
宅配食材には、調理キットを提供しているところがあります。調理キットとは、レシピに必要な食材と調味料が必要な人数分セットになって、自宅まで届くのです。

食材を購入したり、調理にかける時間を削減したりできるので、結果的に食材の無駄を防ぎ、家事の時短に役立ちます。

食材宅配のお得な利用方法については、下記に詳しく説明しています。
食材の宅配で節約が可能に!毎日の献立作りと時短家事をサポート

食材を自宅で栽培!家庭菜園で食費を節約

健康や彩のために、毎日食卓に並ぶ野菜。旬の野菜は比較的手頃に手に入るのですが、天候が大きく価格に影響するので買うのをためらうこともありますよね。

それなら、家庭菜園で野菜を栽培すればよいのです。しかし、やり方を誤ってしまうと、スーパーで野菜を買ったほうが安上がりになります。

初期投資でケチらない
家庭菜園を始めるときは最低限の道具をそろえなくてはいけません。必要な道具のほとんどを100円ショップで調達できます。

しかし、外で使うものなのである程度の耐久性が求められます。質の悪い道具を買うと短期間で買い替えることになるので、注意が必要です。

堆肥を手作り
おいしい野菜を育てるために必要な堆肥ですが、手作りすることも可能です。自宅で出た生ごみを使うと、ゴミの減量にもなって一石二鳥です。
基本的な知識を身に付けよう
野菜作りに必要な最低限の知識を身に付けてから、家庭菜園をスタートしましょう。ある程度の知識があると、失敗するリスクを少なくできます。
育てやすい野菜を選ぶ
野菜にもいろいろな種類があるので、初心者でも育てやすい種類を選ぶことをおすすめします。

あまり手間をかけなくても育てられる野菜は、失敗することも少ないでしょう。

家庭菜園で節約するコツについては、詳しくこちらの記事に書かれています。
家庭菜園で食費を節約!節約のコツと初心者でも失敗しない野菜の種類

食材次第で食費が変わる!食費の節約に役立つ食材

食材によって値段が変わります。そのため、購入する食材が食費を左右すると言っても過言ではありません。食費の節約をするときは、節約効果の高い食材について理解しておきましょう。

用途が広い小麦粉
小麦粉は値段が安く、和洋中やスイーツといろいろな料理に使える万能食材です。主な栄養素は炭水化物なので、お好み焼きや手作りのパスタやうどんの材料として使えます。

また、冷凍しておいても凍らないのですぐに使えて便利です。冷凍庫のスペースに余裕があればまとめ買いしておきましょう。

じゃがいも
海外では主食として食べられているじゃがいもは、いろいろな料理に使える野菜でしかも長期保存が可能です。

ポテトサラダや肉じゃが、カレーなど、いろいろなジャンルの料理に使えます。長期保存が可能ですが、夏場は傷みやすいので買いだめには注意が必要です。

貴重なタンパク源、豆腐
タンパク質を多く含む食品といえば肉や魚です。しかし、種類によっては値段が高いのでたくさん買えるものではありません。

その点、豆腐は一丁あたり50円から100円ととてもリーズナブル。そのまま冷や奴や湯豆腐として食べてもいいですし、ハンバーグに入れるとかさましもできるのでおすすめです。

お手頃価格の鶏肉
がっつりとお肉を食べたいときは、鶏肉が安くておすすめです。豚や牛と比べて値段が安いので、節約効果が高まります。

鶏肉は、唐揚げやステーキ、煮物などいろいろな料理に使える食材なので、まとめて買って小分けにしてから冷凍しておくことをおすすめします。

もやし
天候不順のときは、野菜の価格が高騰しますが、天候の影響を受けにくいのがもやしです。安いところでは一袋あたり20円と激安で販売されています。

節約食材については以下の記事に詳しく書かれています。
食費の節約に役立つおすすめの食材7選!調理方法や保存方法も紹介

弁当を持参するか安い店を選ぶ|ランチ代を節約する方法

仕事をしている人にとって、意外と高くつくのがランチ代です。毎回ランチを外食にしてしまうと、一カ月で平均約15,000円から20,000円の出費となってしまいます。そこで、ランチ代を浮かせるテクニックをいくつか覚えておきましょう。

ランチを食べない
ちょっと体形が気になるなら、思い切ってランチを抜いてしまうのもアリです。ただし、痩せている人や仕事で体力や頭を使う人は、ランチを食べない節約方法はおすすめできません。
自宅で食べる
自宅から職場が近い人におすすめしたいのが、自宅に帰ってランチを取る方法です。朝のうちにおかずをまとめて作っておけば、家に帰ってすぐに食事を取れますし、ランチ代も節約できます。
お弁当を持っていく
外食すると食費が高くついてしまうので、お弁当を持っていきましょう。前日の残り物のおかずを活用すると、食費を節約できますよ。
社食を利用する
社員食堂は外のお店で食べるよりも、価格設定がリーズナブルです。外食するよりもお得にランチを食べられるのでおすすめです。
安いお店を選ぶ
低価格で食べられるお店を選ぶことで、節約効果が高まります。

ランチ代を節約するコツについては、以下の記事に詳しく書かれています。
ランチ代を節約する方法を紹介!外食でも節約はできる

一人暮らしの食費を抑える買い物のコツとおすすめ食材

住居費や通信費など、何かとお金がかかる一人暮らし。節約したいと考えたときに、食費を削ろうと考える人も多いでしょう。一人暮らしの食費節約のコツについて、理解しておくと役立ちます。

必要な栄養を理解する
食費を節約した結果体調を崩してしまっては意味がありません。節約するときは、栄養バランスも考えたうえで、食材を選ぶことが大切です。

体に必要な栄養とは何か、それを含む食材を知ることで、よりお得な品を選んで買い物できるようになります。

まとめ買いする
食材を購入するときはまとめ買いするのがおすすめです。ただし、余らせたり腐らせたりすると無駄になってしまうので、小分けにするか冷凍保存できるものを選びましょう。
安い店を選ぶ
特売品など、お得に購入できるお店を知っておくと、食材を安く購入できるようになります。

一人暮らしの食費を節約するコツについては、以下の記事をご覧ください。
一人暮らしで食費を節約するなら自炊しよう!食材を安く買う工夫も

節約方法は多様|自分に合った方法で食費を節約しよう!

食費を節約することは可能ですが、我慢しすぎるとストレスがたまってしまいます。

食べることで健康な体を作るだけでなく、ストレスをいやしたり活力を与えたりする効果も期待できます。

無理なく食費を節約するためには、そのやり方が大切です。いろいろな食費節約方法があるので、自分に合った方法で節約にチャレンジしてみましょう。

この記事をシェア

食費の節約