ノマドってどういう意味?新しいスタイルの働き方を知ろう

最近は新しい働き方が次々に生み出されています。その中でも、「ノマド」という働き方を耳にした事のある人は、多いのではないでしょうか。
しかし、このノマドがどんな働き方なのかまで知っている人は少ないようです。
ノマドは新しい働き方の一つであり、より自由な働き方として注目を集めています。
ノマドで働くノマドワーカーの中には本業や主婦業のダブルワークをしている人もいます。様々な人達が、ノマドという働き方で活躍しているのです。
今回は、ノマドという働き方の意味とノマドワーカーの主な職種、ノマドのメリットやデメリットを紹介します。働き方やライフスタイルを考える時の参考にして下さい。

最近聞く「ノマド」って、どんな意味?

ノマドとは、いったいどのような意味であり、どういう働き方なのでしょうか。まずはノマドという言葉が差す基本的な内容を説明していきます。

ノマドは新しいワーキングスタイルの事

ノマドとは英語で「遊牧民」を指す言葉です。しかし、最近はパソコンやスマホ等のIT機器を通してカフェ等で働いている人を指す言葉として定着しています。
特定の職場を持たず、インターネットのできる環境ならどこでも仕事ができる為、遊牧民の様に仕事場所を変えながら仕事ができる特徴から、この名前が付けられたようです。
仕事に必要な道具が

  • IT機器
  • インターネットに接続できる環境

の2つのみの為、この2つさえあれば家や家の外にあるお店はもちろん、公園や車の中等、今までの働き方ではできなかった環境で仕事ができます。
ノマドは

  • 会社に行かなくても仕事ができる
  • 自分のペースや体調、予定に合わせて仕事量が調節できる
  • 人間関係に悩まされる事が少ない

といった特徴があり、新しいビジネススタイルとして注目を集めています。

ノマドで働いている主な職種

ノマドで働いている職種は多数ありますが、全てに共通する特徴として、IT機器とインターネットを活用して仕事をしているという点があげられます。
主な職種としては

  • ライター
  • 記者
  • カメラマン
  • プログラマー
  • デザイナー
  • コンサルタント
  • IT系企業

があります。
仕事をする場合、

  • IT機器のアプリや機能を駆使して作品や資料を作る
  • 会社関係の人や顧客等とはメールやスカイプ等を通じてコミュニケーションをする

といった形で仕事をしていきます。

ノマドのメリット

新しい働き方であるノマドですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。ノマドの大きなメリットとしては、以下の3点があげられます。

自分のペースで仕事ができる

ノマドは自分のペースで仕事ができます。
納期を守って作品や資料を作成し、納品する形で仕事をするので、

  • 仕事をする時間
  • 仕事の量

等を自分の裁量で判断し、作業する事ができます。
仕事だけでなく、休日の調整も可能です。事前に予定があれば、それまでに仕事を終わらせられるようにすればいいのです。
また、自分の体調や予定に合わせた作業も可能です。実際、ノマドワーカーの中には持病や妊娠、育児等を理由に、ノマドワーカーとして働いている人もいるのです。

どこでも仕事ができる

ノマドワーカーはネット環境さえあればどこでも働く事ができます。

  • 自宅
  • ネット環境の整った飲食店
  • 車の中
  • 公園等の屋外

この様な場所でも、ネット環境さえあればすぐに仕事ができるのです。
会社にわざわざ行かなくても仕事ができる為、通勤や帰宅にかかる時間も短縮できます。交通機関や道路状況によるアクシデントを受ける事もないので、安定した仕事ができるのです。
ある日はカフェで仕事をし、またある日は気分転換として公園で仕事をする、というスタイルで働いている人もいます。

人間関係が必要最小限で済む

ノマドは自分の予定と作品や資料の〆切を元に仕事をしていくため、他の人に合わせながら仕事をする必要がありません。仕事をもらう関係上、顧客等と連絡を取り合う必要はありますが、それも必要最小限で済ます事ができます。
会議や打ち合わせも多くの場合、メールやスカイプといったツール越しに行うので、待ち合わせや応対の準備等も行いません。人と面と向かって話すのが苦手な人でも、ノマドなら安心して仕事ができます。

ノマドのデメリット

自由で他人に縛られない働き方が魅力なノマドですが、ノマドにもデメリットが存在しています。このデメリットはメリットともつながりがある為、ノマドとして働く際には気を付けなくてはなりません。

自分のペースでできる分、だらけやすい

ノマド最大の魅力として、自分のペースで仕事ができるという点があります。しかし、周りの目を気にしない分、サボろうと思えば好きなだけサボれるという意味も含んでいます。仕事をしようとしたけど、結局1日ダラダラしてしまった、という場合も考えられるのです。
また、周りの人とのつながりが薄い分、仕事に対する反応が得にくい等、モチベーション維持が難しいという点もあります。

  • 評価がもらえないと頑張れない
  • 独りで黙々と作業をするのが苦手
  • 会話しながら作業した方がやりやすい

という人には、ノマドはあまり向いていないワークスタイルと言えます。

セキュリティの面で不安がある

IT企業の中にはノマドを取り入れていない会社もあります。その理由として、セキュリティ面での不安があります。

  • 離席した時にデータを抜き取られる
  • Wi-Fi等を通して情報の抜き取りやウイルスに感染し、データに影響が出る
  • IT機器やデータ機器の紛失・盗難

ノマドワーカーとして働く際、この様な危険性が考えられるのです。その為、ノマドワーカーとして働く人の中には、こうしたトラブルを避ける為に防犯対策や保険に加入する等、何らかの処置をしている人もいます。
ノマドは自由な分、自己責任が問われます。この自己責任の部分には、犯罪等に巻き込まれた場合の判断も含まれているのです。

ノマドは新しい働き方。自由な働き方に注目しよう

ノマドはこれからの新しい働き方として注目を集めています。最近はライフスタイルにも多様性が出るようになってきました。今までのワークスタイルでは仕事をする事が困難な人でも、ノマドなら働くチャンスを得られる可能性があるのです。
ノマドは単なる働き方としてだけでなく、新しい未来の形としても注目を集めています。私達も、これからの新しい働き方、生き方として、ノマドに注目してみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る