リモートワークの基本と気を付けるべきマナーを徹底解説


ネットの普及と共に、働き方にも色々な形が生まれました。リモートワークもその一つです。リモートワークはオフィスに行かなくても働けるという点から、オフィスで働く事が難しい人でも働ける人達から取り入れられています。
とはいえ、一般的な働き方の一つとして受け入れられる程広まっているという訳ではありません。しかし、働く人達がリモートワークを知っていれば、それを企業に提案する事ができます。
そこで、リモートワークという働き方がどういう働き方なのか、リモートワークをする場合の注意点はあるのかといった点をまとめました。リモートワークという働き方を詳しく知りたい方は、ぜひご覧下さい。

リモートワークとはどういった形の働き方か

リモートワークはオフィスに行かないで働く方法である、という事はよく知られていますが、具体的な内容についてはあまり知られていません。まずは実際の働き方やそれによって生まれるメリットを説明していきます。

リモートワークとは

リモートワークとは、

Remote(遠い、遠隔な) + Work(労働、働く)

という言葉を組み合わせて作られた言葉です。

  • パソコンの性能や技術
  • ネットワークの発達

等により、仕事の一部はパソコンとネット環境さえあればどこでもできるようになりました。
その為、IT企業を中心に、オフィスに行かないで仕事を行う方法が確立していきました。これがリモートワークです。
リモートワークでは、企業との連絡やデータの送受信を

  • チャットアプリ
  • メールソフト

等を活用して行います。
主な流れを簡単にすると、

  1. 企業からチャットやメールで仕事の資料等を受け取る
  2. もらった情報を使って仕事を進める
  3. 完成したデータ等をチャットやメールで企業に渡す
  4. 会議等がある場合は、チャットアプリのビデオ通話等を使って行う

といった形になります。
また、リモートワークは大きく分けて4つの働き方があり、働く人や企業の事情に合わせて働き方が変わっていきます。

  • オフィスワークとリモートワークを組み合わせるハイブリット・リモートワーク
  • 終日出勤しないフルタイムリモートワーク
  • 外部の人材と委託契約を結び、リモートワークをしてもらうリモート・アウトソース
  • 一時的に家にいる状態で仕事をするテンポラリー・リモートワーク

リモートワークで働く場合、この中から働き方のスタイルを選び、働く事になります。

リモートワークのメリット

新しい働き方であるリモートワークには、たくさんのメリットがあります。
主なメリットとしては、

  • 働く人の環境に合わせた働き方が出来る
  • 通勤時間のタイムロスが減る
  • オフィスに行かない分、固定費等の節約が出来る
  • 物理的に出社できない環境でも仕事が出来るようになる

といった点があげられます。
働く人の中には、オフィスで働く事が困難になってしまった人もいます。

  • 病気や怪我
  • 家族の育児や介護
  • オフィスまでの距離が遠く、通勤が現実的でない

この様な場合でも、リモートワークなら家やカフェ等にいながら働く事ができるので、今まで通りに働く事ができるようになるのです。
実際の企業でも、出産や育児、介護等がある関係で一時的にリモートワークの形で働く、テンポラリー・リモートワークの形で仕事を続けている人がいます。
リモートワークは主に家やお絵の近くのカフェや図書館等で行われる事が多いです。自分の好きな場所で働く事ができます。オフィスに行かなくてもいいのですから、その分通勤にかかる時間やお金を節約できるのです。
また、オフィスに出勤して働く場合、企業はそれにかかる費用を支払わなくてはいけません。

  • 交通費(電車の定期代や車のガソリン代)
  • オフィスが賃貸の場合はその賃料
  • オフィスの水道光熱費や通信費
  • オフィスで働く為の備品や設備にかかる費用

こうした費用は固定費として支払われています。
オフィスを維持する固定費はオフィスを使えば使う程必要になる費用でもあります。リモートワークをすれば、オフィスで働く時間は自然と減りますから、その分固定費を抑える事が可能です。
リモートワークは働く人だけでなく、企業にもメリットがあるのです。
リモートワークは通常の仕事だけでなく、災害等出社が難しい状況でも役立ちます。出社する事が難しい状態でも、パソコンとネットがあれば仕事が出来ます。

  • 公共機関や道路が使えない為に出社ができない
  • オフィス等が災害の影響を受けている

といった状況でも、仕事やそれに関連した作業が出来るのです。これもリモートワークが持つ大きなメリットといえます。

リモートワークをする時気を付けて欲しい注意点

働く人にとっても、企業にとってもいい所がたくさんあるリモートワークですが、行う上で気を付けなくてはならない点もあります。リモートワークで働く事を検討している場合は、以下のポイントに注意するようにしましょう。

最初にリモートワークをする時のルールを決める

リモートワークには複数の働き方がありますが、どの働き方をする場合でも、必ずルールを取り決めるようにして下さい。
リモートワークはオフィスの様な直接的なコミュニケーションがありません。オフィスに定期的に顔を出すハイブリット・リモートワークでも、オフィスに顔を出す回数が少ない分、コミュニケーションが難しい場面が出てきます。
コミュニケーションの機会が少ないと、

  • 進捗の報告
  • 情報共有

が難しくなりがちです。
リモートワークをする場合は、

  • 定期的な進捗報告のルール
  • 情報共有の為のルール

等を企業と一緒に取り決めるようにしましょう。
具体的な取り決めの例としては、

  • 朝の会議にはビデオ通話で参加する
  • 資料は特定の共有フォルダを活用する
  • 定期的に進捗報告のタイミングを設ける

等があります。

締切や期間は必ず守る

リモートワークに限った事ではないのですが、仕事には締切や仕事をする期間等が決められている事が多いです。これは必ず守りましょう。
リモートワークだと、仕事をする場所や時間もある程度自由が利きます。しかし、この事由に甘えてしまうと、うっかり締切を過ぎてしまったり、期間中に仕事が終わらなかったりといった事態を招いてしまう可能性があるのです。
仕事の成果を受け取る企業側としては、これではリモートワークをする人を信用できなくなってしまいます。リモートワークは仕事がしやすい環境である分、締切等の時間の制限についてはシビアに考えなくてはならないのです。
仕事の締切や期間はしっかり守りましょう。

  • どうしても仕事をするのが難しい状態になった
  • 仕事量が多すぎてさばききれない

といった事態は出来るだけ起こさないようにし、どうしても避けられそうにない場合は早めに相談するようにして下さい。早め早めの連絡や対応を心がけましょう。

ビジネスマナーの乱れに気を付ける

リモートワークで以外と忘れられがちなのが、ビジネスマナーです。リモートワークでもビジネスマナーにのっとった対応を心がけましょう。
家やカフェ等落ち着いた環境で仕事をしていると、オフィスにいる時に比べ、どうしても緊張感が失われてしまいます。人によっては、その緊張感のなさからビジネスマナーが崩れていってしまう人もいるのです。
しかし、リモートワークをしている相手は

  • 同じ会社で働いている人達
  • 自分の所属している会社の取引先やお客様

です。
こうした人達に対して

  • フランクな口調のメールやメッセージを送る
  • ビデオ通話等の時に、ビジネスにふさわしくない身だしなみで対応する

といった事をしてはいけません。

  • メールやチャット文章を作る時のビジネスマナー
  • 仕事をする上で人と接する際のビジネスマナー

等を忘れないように心がけておきましょう。

リモートワークは新しい働き方の一つ。他には無い注意点に気を付けよう

リモートワークは新しい働き方の一つで、今までの働き方では働く事が難しかった人でも働けるようになる働き方です。企業にも働く人にもメリットを与えてくれますが、リモートワークならではの注意点もあります。
リモートワークで働く場合は、リモートワークのメリットを正しく活かす為にも、リモートワークをする時の注意点を忘れないようにしながら働きましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る