チャンスイット

懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

お金を貯める方法はいろいろ。貯金が苦手でもできるコツ

貯金の重要性は理解しているつもりでも、実際は貯金ができない人も少なくないでしょう。給料が入れば入っただけ使ってしまう、今月いくらお金を使ったか分からない、という人は貯金ができないのも無理はありません。

しかし人生の中では大きな金額が必要になるイベントや時期があるものです。また、仕事ができなくなったときに蓄えがないと精神的にも負担になるでしょう。

困ったことにならないためにも貯金をする習慣をつけることが大切です。

貯金ができない、という人でも無理せず貯金ができる方法を紹介します。

貯金をするには貯金ができない原因を把握する

あまり無駄遣いをしているわけでもないのにお金が貯まらない、という人もいるでしょう。それは何かしら原因があるはずです。貯金ができないのはなぜか?まずは原因を把握することが大切です。

お金の管理をしていないとお金は貯まらない

毎月何にいくら使っているのかを把握していないと、貯金のしようがありませんね。無計画にクレジットカードを使っていては、お金は貯まるものではないでしょう。

将来のことを考えず、今目の前にあるお金を使ってしまう人も貯金ができない人や必要のないものを買ってしまう無駄遣いが多いと貯金はできにくいと言えます。

貯金ができない原因についてもっと詳しく知りたい方は「貯金できない人からの脱却!お金が貯まらない原因と対策 」の記事を参考にしてください。

目標額を決めていない

貯金をしようとしても給料の半分を貯金に回そう、など無謀な計画を立てると無理が出ます。貯金のために生活が苦しくなっては貯金は続きません。

また目標が明確でなければ、精神的にも負担になることも。何のためにいくら必要か、そのためには毎月どれくらいの貯金をすれば目標達成できるのか、といった計画を立てないと貯金は続かないでしょう。

貯金の目安についてもっと詳しく知りたい方は「毎月貯金するためには計画性が必要!あなたに最適な貯金額の目安とは 」の記事を参考にしてください。

無理なく、楽しくがポイント。貯金をするコツ

もともと貯金が大好きで貯金が生きがい、という人は別ですが、貯金をする習慣のない人が急に毎月貯金をするのは苦痛になってしまうこともあるでしょう。

貯金は無理なく、楽しくしなければ長く続けていくことはできませんね。

貯金は楽しい!実感するためのコツ

貯金をしない人は、貯金をすることの楽しみやメリットをよく理解していない可能性もあります。楽しくないことはやる気も起きないものですね。貯金を楽しくするのには、貯金の魅力について知ることが必要です。

貯めた後の楽しみを想像したり、通帳に溜まっていく貯金の額を確認したりすることで、楽しみも大きくなっていくでしょう。

ストレスフリーの貯金の方法を知る

貯金の方法はいろいろです。500円玉貯金や塗り絵貯金、歩数貯金など比較的楽に、楽しくできる方法で貯金を始めるのも一つの方法です。

自分に合った方法で貯金をすることで、ストレスフリーで貯金ができるでしょう。

ストレスフリーの貯金方法について詳しく知りたい方は「楽しく貯金するコツ!無理せず楽しみながらお金を貯めよう 」の記事をご覧ください。

500円玉貯金のメリットとデメリット

550円玉貯金という言葉は、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?実践してみた人もいるでしょう。おサイフの中にある500円玉を貯金箱に入れるだけという手軽にできる方法です。

特に決め事などもなく精神的な負担も少ない割に貯まりやすいので、貯金額もすぐに大きくなるのがメリット。ただし、いつでも引き出せると、必要なときやお金が足りないときなどにちょこちょこと使ってしまうのがデメリットです。

500円玉貯金の方法やメリットなどについてもっと詳しく知りたい方は「500円玉貯金を成功させるコツを紹介!両替についても解説」の記事をご覧ください。

貯金に失敗する人におすすめ!「つもり貯金」

何かをした「つもり」、これを買った「つもり」になり、それに支払うはずだったお金を貯金するのがつもり貯金です。実際にお金を払ってはいないので、その分を貯金ができます。

物だけでなく、映画を観たつもり、旅行に行ったつもりなど、行動も対象にします。

つもり貯金をしていると、何が本当に欲しいものかを判断することができます。無駄遣いを少なくするメリットもあると言われています。

つもり貯金についてもっと詳しく知りたい方は「つもり貯金でお金を貯める習慣を身に付けよう!成功の秘訣も紹介 」の記事をご覧ください。

使う前に貯金をしてしまう先取り貯金

月末に残ったお金を貯金しようと思っても、貯金できるお金がない、というケースも多いのではないでしょうか?それではいつまでたっても貯金ができませんね。

そのような場合におすすめなのが、先取り貯金です。

お給料が入ったら、使う前に貯金をしてしまうのです。貯金分を抜いたお金でやりくりをするようになるので節約意識も高まるという点もメリット。貯金は確実に溜まりますね。

先取り貯金についてもっと詳しく知りたい方は「先取り貯金で賢くお金を貯める!目標金額を達成するためのコツ 」の記事をご覧ください。

楽しみながらできるぬりえ貯金

ぬりえ貯金というものをご存知でしょうか?

花などの塗り絵シートやマスなどを使い貯金をしていく方法です。シートの塗る部分に金額が書かれていて、その金額を入れて貯金をするというやり方です。

貯金をすればするほど、絵が完成に近づいていきます。早くキレイに仕上げたいと思えば、その金額を貯金すればよいのです。

ゲームのような感覚ででき、楽しいのがメリット。シートのバリエーションはいろいろなので自分にできそうなものを選ぶとよいでしょう。

ぬりえ貯金についてもっと詳しく知りたい方は「365日貯金は楽しい貯金!ぬりえ貯金の仕組みとコツを紹介 」の記事をご覧ください。

生活を圧迫しない小銭貯金

貯金が生活を圧迫してしまうとストレスになり、途中で挫折してしまう可能性があります。そこでおすすめなのが小銭貯金です。

小銭貯金はいつでも、気軽に始められる貯金です。さまざまな方法があるので、自分に合った方法で行うのがよいでしょう。

貯金箱などにこだわるのも貯金を楽しくするコツです。

小銭貯金についてもっと詳しく知りたい方は「小銭貯金を成功させる方法。コツコツ貯めて自分にご褒美」の記事をご覧ください。

賢く貯金ができる子どもに育てる方法

お金の使い方は育った環境も影響するものです。親としては賢いお金の使い方できる子供に育って欲しいものですね。お年玉の使い方など、身近なものから子供と一緒にお金の使い方を考えてみるのもよいでしょう。

お年玉は全部使う?それとも貯金?お年玉の管理方法

お年玉はいつもより大金になることが多く、それを手にした子供は親に預けるケースもあれば、全部使ってしまう子供もいます。

管理方法としては、子供名義の口座にすべて入れる、一部を貯金して残りを子供に渡す、また一部を子供に渡して残りを貯金するいった方法があります。自分の手元に残ったお金を子供が管理するのは、お金の使い方を学べるチャンスです。

計画的に使うなど使い方をアドバイスしたら、後は子供に任せてみるのもよいでしょう。お小遣い帳などをつけさせるのもおすすめです。

お年玉の管理方法についてもっと詳しく知りたい方は「全額貯金はNG?子供がお金に賢くなるための貯金方法は」の記事をご覧ください。

子供名義の銀行口座のメリットと注意点

子供のためと考え、子供名義の銀行口座を作るケースもありますね。コツコツ貯めて子供が成長してお金が必要になったときに渡したり、教育資金にしたり、目的はさまざまでしょう。

毎月決まった金額を入れるケースもあれば、お年玉やお祝い金などを貯金しておくケースもあります。

子供名義の口座は家計とは別口座になるので、子供のための貯金がしやすくなるのがメリット。ある程度貯まった時点で子供に渡し、お金の使い方を学ばせることもできます。

注意したいのは、個人情報の取り扱いが厳しいため子供の年齢によっては親が勝手に解約したり、手続きをしたりできなくなる点です。また、子供に渡すタイミングによって贈与税がかかることもあるので注意しましょう。

子供名義の銀行口座についてもっと詳しく知りたい方は「子供の銀行口座は作るべき?メリットとデメリットとは 」の記事をご覧ください。

貯金は無理をせずに楽しく貯めることで長続きする

貯金ができない、苦手、という人はまず貯金ができない原因について考えてみましょう。原因の多くは、自分がどれくらいお金を使っているのかを把握していないことにあるものです。

お金の流れを把握していないと貯金を始めても挫折しやすいでしょう。無茶な貯金計画を立ててもすぐにできなくなってしまいます。

まずは収入と支出を把握し、無駄遣いをチェックすると同時にどれくらい貯金ができるかを考えてみましょう。貯金をしなければならないと思うと負担になるので、気軽にできる500円玉貯金や楽しくできるぬりえ貯金などから始めるのもおすすめです。

この記事をシェア

お金を貯める方法