セルフブランディングの正しい意味とポイントを理解し、成功するコツ

「セルフブランディング」という言葉を聞いたことがありますか?セルフブランディングは「self branding」と表記しますが、自分をブランド化することを意味します。
ビジネス風に表現すると「自分自身という商品の価値を高めるための行動」と言えますね。
セルフブランディングが注目されるようになったのは、SNSの流行と大きく関係しています。
ところが、セルフブランディングの意味をはき違えてしまって、自分の価値を上手にアピールできていない人が少なくありません。
ここでは、セルフブランディングの正しい意味とポイントについて紹介していきたいと思います。

セルフブランディングが流行になったきっかけと正しい意味

セルフブランディング使われるようになったのはごく最近のこと。セルフブランディングが注目されるようになった理由を把握しておくと、その意味を理解するときに役立つことがありますよ。

きっかけはSNS

facebookやInstagramといったSNSが登場したことで、一般の人もどんどんWEB上で情報を発信するようになりましたよね。
大勢の人に注目してもらいたいという願望があるからこそ、WEB上での自分のプライベートや意見を発信するのだと思います。
膨大な情報の中から注目してもらうためには、多くの人を惹きつける要素が必要になります。そのための行動が、セルフブランディングというということですね!

セルフブランディングの持つ意味

ブランドという言葉から受ける印象はさまざまですが、「高級」「信頼がある」「品質の良さ」といったポジティブなイメージを抱きがちです。

セルフブランディングとは自分自身をブランド化することですが、それは同時に見ている人や消費者に抱いてもらうイメージを作ることという意味を持ちます。

無理なく、自然体な情報を発信しても、周りから「こんな風になりたい!」「スゴイ!」と思ってもらえるのです。
ネットでセルフブランディングという言葉を検索してみると、「イタイ」「炎上」というキーワードが検出されます。
大勢の人から注目されるために、あえて奇抜な言動を発信したり、炎上するような発言をしてみたりする人がいるからです。

周りから注目されたいがために敢えて目立った言動をしていると、周りの人には「無理している」と伝わります。

そのため、セルフブランディングという言葉はネガティブな意味を持たれることが少なくありません。
しかし、本来の意味はもっとポジティブです。セルフブランディングとは自分の価値を作り出すことですから、誤った捉え方をしている人が多いこともよく覚えておきましょう。

セルフブランディングを成功させるためのコツ

セルフブランディングを成功させたいなら、その意味を正しく理解してコツを心得ることがポイントです。ここでは、セルフブランディングの成功につながるコツを紹介していきますね。

万人受けを狙わないこと

できるだけ多くの人に好かれたいと思うと、万人受けを狙いがちです。ところが、誰にでも好かれたいという気持ちが、誤ったブランディングにつながってしまいます。
世間には著名なブランドがいくつもありますよね。大人気のブランドでも、好きでない、興味がないという人が少なからずいます。
つまり、誰にでも好かれるブランドというのは存在しません。にもかかわず、皆に好かれようとするのでブランディングに失敗してしまうのです。
多くの情報があるからこそ、選択肢も多いのが現代の状況です。似たような人やものもたくさんあるからこそ、選ぶのに迷うようになります。
たくさん似通ったものがある中で選んでもらうためには、選んでもらいたい人のターゲットを決めることがポイントになります。
自分に注目してほしい人を絞り込むと、ブランディングの方法もわかりやすくなりますよ。

盛りすぎに注意

パッと人目を引くような派手なデザインや装飾は、大量の情報の中でも注目を集めやすいでしょう。
目にとまったことをきっかけに、一時は注目してもらえるようになるかもしれません。
また、そのような派手さを好む人も少なからずいます。しかし、派手な装飾というのはどうしても無理している印象を植え付けてしまうため、飽きられるのも早いものです。

無理に自分自身を大きく見せようとするよりも、等身大の自分を見てもらった方がセルフブランディングの成功につながりやすいのです。

自分の強みや売りをアピール

自分をブランド化するためには、自分の強みをしっかりとアピールすることです。著名なブランドをチェックしてみると、それぞれのブランドごとに異なる特徴があると思います。
そうとは言っても、自分の強みや売りを見つけるのは簡単ではありませんよね。ブランド化に求められる強みとは、以下の条件を満たすことです。

  • 与えられる価値
  • 貢献
  • 影響

社会に対して、どれだけの影響や貢献、価値を与えられるかどうかがポイントになってきます。その点を考慮して、自分の売りや強みを掘り下げて考えてみましょう。
自分の強みや売りを発見するためには、自己分析が効果的ですよ!併せて、アピールのやり方も重要になってきます。
ブランド化に適した要素を持っていても、それを適格に伝えることができなければ意味がありません。

自分の強みを効果的にアピールすることができると、情報を受け取った相手の関心を惹きつけやすくなるでしょう。

ターゲットを絞り込む

先ほども述べたように、万人受けを狙おうとするとセルフブランディングに失敗しやすくなります。
それよりも、特定の層を狙って情報発信した方が、セルフブランディングの成功率がアップします。
自分の「強みや売り」が、社会のどのような人たちに求められているのかを考えてみましょう。
そして、自分を売り出そうとしている市場には、既にライバルが存在しているかもしれません。
そのような状況で選ばれる自分になるためには、作戦を練ることです。ライバルたちの情報を集めて、差別化や自分にだけある強みや売りをアピールできるように考えてみると、注目を集めやすくなりますよ!

発信方法を考えてみる

自分の売り出し方についてプランが具体化してきたら、どのようにして世間にアピールするのかを考えてみましょう。
一般人がブログやSNSをきっかけに注目を浴びるのも珍しくなくなりました。それらを使って、自分をプロデュースするのもおすすめです。
しかし、今までSNSへの投稿経験が少ない人が、SNSから情報を発信しても効果を実感するまで時間がかかると思われます。SNS初心者は、ブログを使った方が効果的に注目を集められるかもしれません。

正しい意味を理解し、セルフブランディングにチャレンジしてみよう!

SNSが登場したことで、一般人でも社会から大きく注目される機会が増えましたよね。いつか、私も大勢の人から関心を持ってほしいと思っているなら、セルフブランディングについて知ることが大切です。
そもそも、その意味をはき違えてしまうと誤ったブランディングに陥りがちになります。
その意味とブランディングのための適切なステップを理解して、セルフブランディングを成功させてみましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る