仕事への満足度を上げたい!仕事にやりがいを見出すコツ

働く理由は人それぞれですが、お金のために働いている人も多いでしょう。しかし、一日のうち多くの時間を費やす仕事が、自分にとってやりがいのないものだったとしたら、職場にいることや仕事に行くことさえも苦痛になってしまいますよね。
また、仕事に対するモチベーションも下がってしまい、仕事の効率や生産性も低下しがちになります。せっかく仕事をするのですから、やりがいや満足度が欲しいですよね。
ここでは、仕事の満足度を上げて仕事にやりがいを見出すコツについて紹介していきます。今、仕事に対して不満を感じている人は、必見ですよ!

仕事に不満を感じる理由とは?やる気をなくさせる要因

仕事に対してやる気を感じられない、満足度が低いのはなぜでしょうか?まずは、考えられるその理由について押さえておきましょう。

評価制度

日本企業はかつて終身雇用制度や年功序列制度を採用するところがほとんどで、同じ職場で長く勤めていれば、昇給や昇進も期待できたものです。
ところが、成果主義を導入する企業が増えたことで、自分の仕事が評価されていないと感じる社員が増えたのです。

給与についても、結果を出した人はそれなりの収入が得られますが、そうでなかった場合、給料に今までの頑張りが反映されなくなります。

自分の仕事が「成果」という形だけでしか評価されないと、仕事に対する満足度ややる気も低下するようになるのです。
特に、自分よりも頑張っていないように見えた人が高い評価を得たときは、不公平だとますます不満を感じるようになるでしょう。

会社に対する忠誠心の薄れ

終身雇用制度の下では、一度会社に入れば定年まで働けるという安心感がありました。
ところが、成果主義の導入や人員整理などが行われるようになると、会社に対して不信感を覚えるようになります。
すると、会社に対して忠誠心も持てなくなるので、仕事を頑張ろうという気持ちや仕事への満足感も薄れてくるようになるのです。

達成感が得られない

仕事の内容によっては、達成感を得にくいことがあります。達成感がなければ、仕事も単調に感じられてしまって次第に仕事に対する満足度も低下してくるでしょう。
また、業績低迷など他の要因が原因となり、なかなか結果を出しづらい状況にいる場合も、仕事に対する満足度が得にくくなります。

待遇の悪化

企業の業績が厳しくなると、ボーナスや給与を減らすなどして対策を取ります。仕事を頑張った見返りが給与やボーナスなので、その額が少なければ不満に思うはずです。

また、給与だけでなく福利厚生もカットや縮小が増えると、会社に対しての忠誠心やモチベーションが低下してしまいます。

労働時間が長い

本当は長時間働きたくないのに、残業が続くと仕事をするのが嫌になります。休みがあっても休日出勤する必要が出てきたり、有給休暇が取得しづらかったりすると、会社への不満が募るでしょう。
残業しても残業代が十分につかないこともありますよね。労働環境に対する不満がたまってくると、それが仕事への満足度を下げてしまうのです。

将来の見通しが立たない

この先、ずっと同じところで働けるのかという不安があると、仕事への満足度が下がりがちになります。

雇用形態
正社員以外の働き方をしていると、いつ契約を切られてしまうかわからないので、不安要素を抱えながら仕事を続けています。
昇進、昇給が見込めない
職場の環境や先輩社員たちをみても、今後の昇給や昇進が期待できそうにないと感じることがあります。
すると、この職場にいても仕方ないという気持ちがわき出てきて、仕事に対する意欲も失われてきます。

職場にいても今後、明るいビジョンが描けなければ、仕事を続ける意味を考えてしまうでしょう。

ストレスが多い

現代はストレス社会なので、日常生活や仕事でストレスを感じる機会が多いでしょう。
しかし、ストレスが蓄積しすぎると、精神的にも肉体的にも疲れがたまるようになります。それが、仕事への意欲低下につながり、満足度も得られなくなるのです。

目標設定や条件交渉など、仕事への満足度を上げるための方法

仕事に対する満足度が低くなると、会社にいることが苦痛になってしまいます。そこで、仕事への満足度を上げるための方法をいくつか紹介してくので、参考にしてみましょう。

目標設定をする

大きな成果を上げることだけが、満足度を高めるのに必要なことではありません。まずは、自分の中で仕事に対して満足できるようにしてみましょう。
そのためには「目標」を設定してみることです。目標といっても、大きな目標を設定するのではなく、最初は達成できそうな目標を設定することがポイントです。
事務職の人なら、「依頼された書類を30分以内で作成する」など、具体的な目標を作ってみましょう。
そして、目標が達成できたら、次の目標を作ってその達成のために努力してみるのです。小さな達成を積み重ねていくと、それが仕事の満足度につながることがありますよ!

上司にアピールする

自分が正当に評価されていないと感じると、仕事に対する意欲がなくなってきます。そこで、上司に対して自分の頑張りをアピールしてみることも大切です。
「成果」は出せなかったとしても、仕事中に自分が努力したことを示すことで、あなたの評価が変わる可能性もあります。

黙っていても努力に気づいてもらえないことも多いので、自らアピールすることも大切ですよ。

仕事内容を変えてもらう

現在の職種や仕事内容では、満足度が得にくいと感じたら、部署や職種を変えてもらうように交渉してみましょう。職種や仕事内容が変わることで、新たなやりがいを感じられることもあるからです。

ストレスを発散する

ストレスが蓄積すると、日常生活や仕事にも悪影響が出てくるので適度に発散することも大切です。

  • 大声で叫ぶ
  • 自分の好きなことに没頭する
  • 自分の思いを紙に書き出す

大声で叫んだり、ストレスに感じていることを紙に書き出したりすると、気持ちの整理がついてスッキリすることがあります。ストレスが緩和されると、仕事に対する姿勢も変わってくるかもしれません。

転職する

今の職場でやりがいを見出すことが難しいと感じたら、転職するのも手段の一つです。
しかし、転職先でも同じようなことが起こる可能性も考えられるので、転職には少し慎重になった方がよいかもしれません。
転職エージェントを利用すると、職場の実情についても詳しい情報を持っているので、やりがいを見いだせる職場を探すのに役立つことがあります。

仕事の満足度を上げて、イキイキとした日々を送ろう!

仕事や職場に対しての満足度が低いと、職場を離れてからの気分もスッキリとしないものです。このまま仕事を続けていても、不満が募るだけになってしまいます。
まずは、仕事への満足度が低下する理由について理解してみましょう。そして、満足度アップにつながりそうなことを試してみるのです。
仕事に対する満足度が変わってくると、仕事に行くのも楽しくなり充実した毎日を過ごせるようになりますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る