仕事のミスで落ち込む時に!気持ちを切り替えるテクニック

どんなに仕事に慣れてきても、ミスは必ず起きてしまいます。ミスがあると、どうしても落ち込んでしまいがちですね。
落ち込んだまま仕事をして、それがまたミスを引き起こして…。という悪循環に陥ってしまうと、本当にどうしようもなくなってしまいます。
ミスをしても落ち込んでばかりではいられませんね。出来るだけ早く気持ちを切り替えたいものです。ミスをして、気分が落ち込んでしまった時は、どうしたらいいのでしょうか。
ミスをした時の気分を変えるには、ミスに関する考え方を改め、ミスを冷静に受け止める必要があります。ミスをしっかり受け止めつつ、次の仕事に活かそうという気持ちを持つのが大切なのです。
今回は、仕事でミスをしてしまい、心が落ち込んでしまった時に使えるテクニックを紹介します。

仕事のミスは誰でもある。落ち込むのはもったいない?

仕事のミスは、どんなに長く働いていても、どんなに仕事に慣れていても起こしてしまう事です。では、誰にでも起こるミスに対して、どの様な捉え方や考え方をするべきなのでしょうか。

ミスは誰にでもある

自分から見て仕事ができる人や、仕事のベテランと呼ばれる人は、一見するとミスなんて起こさないように思えますね。しかし、そんな人達でも、仕事を完璧にこなしている訳ではないのです。
ミスは自分の実力や注意だけでは避けられません。

  • 他の人のミスが、自分の仕事に影響した
  • 事故等、どうしようもない事が仕事の邪魔になった

という場合もある為です。
仕事をしている限り、ミスを避けられる人は誰一人としていないのです。
仕事をしている時は、ミスをしないように気を付けるのも大切ですが、それにばかり囚われてはいけません。仕事にミスは付き物と考えるようにしましょう。その上で、ミスを起こさないように気を付ける事が、大切なのです。

ミスの後に大切な事

どんなミスでも、必ずその後にやらなくてはならない大切な事があります。ミスのリカバリーです。
どんなに仕事ができる人でも、ミスは必ず起こります。ですが、仕事ができる人はこのミスを必要最低限に抑えるよう対策をし、それでも起こってしまったミスは、出来るだけ早くリカバリーやフォローをしているのです。
仕事ができる人を一見すると、ミスをしていないように見えるのは、このリカバリーやフォローをすぐ行っているからなのです。
仕事でミスをして落ち込んでしまうのは仕方ありません。しかし、落ち込んだ気持ちにばかり囚われていると、ミスの改善はできなくなります。ミスの種類によっては、放置した為に問題が大きくなる事もあるのです。
ミスをしてしまった時は、落ち込んだ気分をできるだけ早く切り替えて、ミスのリカバリーやフォローができるようにならなくてはいけません。
この気持ちの切り替えやミスのリカバリー、フォローは、思い立ってすぐにできる物ではありませんから、日ごろから意識や訓練をしておくようにしましょう。

仕事のミスで落ち込むのを防止する、気持ちの切り替えテクニック

仕事のミスで気持ちが必要以上落ち込まないようにするには、気持ちを切り替えるテクニックを活用するのが有効です。仕事でミスをしてしまった時は、以下のテクニックを活用して下さい。

失敗を冷静に認め、受け入れる

失敗して気持ちが落ち込んでいる状態、というのは、失敗に対して嫌な感情を抱きすぎる余り、その事ばかり考えてしまうという状態です。いつまでも失敗した事について考えているので、思考が堂々巡りをしているのです。
これを終わらせるには、失敗を受け止めるしかありません。感情的に受け止めるのではなく、冷静に受け止める必要があります。ミスの内容と、ミスを起こしてしまった自分を受け入れるのです。
ミスをしてすぐにこれを行うとはとても難しいですが、ある程度訓練していけばできるようになります。ミスを受け入れる訓練としては、以下の方法が有効です。

ミスの内容と対策をメモする

ミスを冷静に受け止める方法として、ミスの内容をメモする方法があります。

  • 失敗の内容
  • 失敗の原因
  • 失敗の対策

を箇条書きでいいのでメモしてみましょう。
メモは紙でもスマホ等のアプリでも構いません。自分が使いやすいツールを使って下さい。
仕事のミスをメモに書き出す事には、

  • 失敗の内容を冷静に受け止められるようになる
  • ミスで混乱した頭の中を整理できる

といった効果があります。
ミスをするたび、メモでミスの分析をしていくようにしていると、同じミスが起きそうな時は、メモを見返せばミスを予防できるようになります。自然と仕事のリカバリーに関する情報が溜まっていくので、ミスの予防や改善にも役立ちます。

どうしてもうまくいかない時は、自分の感情に注目しよう

  • 仕事のミスが頭から離れなくてつらい
  • メモを取っても、落ち込んだ気持ちが復活しない

という時は、自分の感情に注目してみましょう。
ミスで落ち込んだ状態になっていると、

  • イライラする
  • 気持ちが落ち着かない
  • 悲しい
  • 不安

といった、様々な感情が引き起こされます。この感情に注目するのです。
具体的には、

  • 「自分はイライラしているな」といった形で、自分の感情を認める
  • 「胸のあたりがザワザワする」等、気持ちによって引き起こされている現象を、心の中で実況する

といったやり方をします。
人の気持ちは、認めてあげたり、共感してあげたりするとある程度落ち着かせる事ができます。自分の気持ちを認めたり、頭の中で実況したりする事で、この効果を自分自身に起こす事ができるのです。
自分の気持ちを素直に受け止めてみると、意外と冷静になれるものです。
冷静な気持ちになる事で、

  • ミスした事は辛いが、ここまで深刻に落ち込む必要はなかった
  • 仕事のミスはきっかけで、それ以外にも気持ちが落ち込む原因があった

といった事に気が付ける場合もあります。

仕事のミスは誰にでもある。落ち込むよりも挽回に力を入れよう

仕事のミスはどんな人にも起こりうる事です。ミスは無ければない程良い物ではありますが、完全に防げるわけでもありません。ミスは多かれ少なかれ起きてしまうものだと心得ましょう。
その上で、ミスが起きてしまった場合は、ミスを冷静に受け止め、気持ちの切り替えをする事が大切です。ミスや自分の気持ちを受け止め、分析して、次の仕事に活かせるようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る