資産運用は20代から始めよう!おすすめ資産運用3選


年金問題や不景気の影響を受け、20代の頃からお金について考える人が増えています。そういった人の中には、貯蓄だけでなくお金を増やす資産運用を考えている人もいるでしょう。
20代で資産運用と聞くと少し早いのではないか、と思う方もいるかもしれません。しかし、20代で資産運用を始めることには、ちゃんとメリットがあるのです。
また、20代から得られるメリットは、年齢を重ねた後にも活かせるものもあります。上手くいけばメリットの効果を20代以降も活かせるようになるのです。
資産運用の本来の意味と、20代から資産運用を始めるメリットを解説します。それに合わせて、おすすめの資産運用についてもご紹介していきますので、これから資産運用をしたいと考えている方は、ぜひご覧下さい。

資産運用とはどんな事?資産運用の本来の意味を知ろう

まずは資産運用の本来の意味と、20代から資産運用を始めるメリットを解説していきます。本来の意味と20代ならではのメリットを知り、賢く運用に活かせるようになりましょう。

資産運用とは

資産運用」と聞くと

  • 株式
  • FX

等でお金を増やしていく事をイメージしている人も多いです。
しかし、本来の資産運用の意味とは、

お金が必要な時に必要な分のお金を用意する為の準備

の事を指します。
現在、ただ稼いだお金を貯蓄するだけでは、いざという時に必要なお金を用意する事は難しいといわれています。ただ貯めるだけでなく、資産を投資等で運用し、利益を出して増やしていく事が必要になっているのです。
その為、最近の資産運用に活用される金融商品には、様々な商品が販売されるようになりました。同じ投資を行う商品でも、リスクや必要な資金に違いがあり、自分の目的や資産計画に合わせて選べるようになっているのです。
資産運用を成功させるには、

  • 明確な目的
  • 目的を達成する為の具体的な計画

をしっかり立て、それに合った金融商品を選ぶ事が重要になります。

20代で資産運用を始めるメリット

資産運用の基本的な意味を知ると、20代でから始めるのは少し難しいのではないか、と考える方もいるかもしれません。しかし、資産運用には20代から始めると得られるメリットも存在しています。
メリットはまとめると2つです。

  • 運用益を得やすい
  • 若いうちから資金運用や経済感覚を養える

資産運用は主に投資やそれに近い金融商品によって行われます。資金を投入し、それを運用することで利益を増やすのが基本のやり方です。
金融商品やその市場の状況によっては、一瞬で高い利益を出す事も可能ですが、その分資金を失うリスクも高くなります。
このリスクを出来るだけ少なくするには、リスクの低い投資をしたり、リスクの低い金融商品を購入したりするのが対策になります。
しかし、この場合、どうしても利益が出るのが遅くなります。リスクが少ない分、利益も少なくなる為です。これはリスクを避けるなら仕方のない事でもあるのです。
20代の場合、このデメリットが他の年代よりも少なくなります。

  • 若くて時間がある分、コツコツ運用しても問題が無い
  • リスクが低い投資や金融商品は、お金をかける時間が長ければ長い程大きな利益が出来る

という特徴がある為です。
小さい額でも結果的には大きな利益につなげられる上に、リスクも少なく済みます。20代は堅実な資産運用がしやすい年代でもあるのです。
また、若い内から資産運営に関わり、経済やお金の知識を得ておけるのもメリットの一つです。

  • 家やマンション

といった、大きな買い物をする時も、資産運営の知識があれば、それを活用してお得な購入方法を選択できるようになります。
こうした資産運用の知識は、

  • 税金
  • 保険

といった、必ず払わなくてはいけないお金も深く関わっていきますから、こうした出費を抑える際にも役立てられます。
産運用をしていれば、これから関わるお金の問題に自然と強くなれるのです。年齢が進めば進むほど、お金の問題は金額も内容も大きくなる傾向がありますから、これは大きなメリットといえるでしょう。

初心者でも安心!おすすめ資産運用3選

次に、初心者でも挑戦しやすい資産運用の方法を3点紹介します。それぞれ特徴やメリットがありますので、自分にはどれが向いているのか、考えながらご覧下さい。

貯蓄型の金融商品

  • 銀行預金
  • 生命保険

の中には、貯蓄性に力を入れたタイプがあります。こうした金融商品を活用して資産を増やすのも、資産運用の方法の一つです。
主に、毎月や毎年、決まった額の金額を商品に投入し、それを貯蓄又は運営して資金を増やしていく方法を取ります。

  • 商品によってリスクの大きさや利益に違いがあり、自分の目的に合わせて商品を選べる
  • 自分は資金を投入するだけで済み、管理や運営は銀行や保険会社がやってくれる

といった点がメリットになります。
商品によってかなり違いがあり、例えば同じ保険会社が取り扱っている貯蓄タイプの保険でも、

  • 決まった額を貯蓄し、決められた期間が来ると貯めたお金を年金方式でもらえる年金保険
  • 保険会社の運用実績によって死亡保険と解約時にもらえるお金が変わる変額保険

等の違いがあります。
貯蓄性の高い商品は、商品の仕組みを理解し、自分に合っているかどうかを賢く判断する必要があります。ただ利益が高い、確実にもらえる、といった理由だけで選ぶと、結果的に損をする場合もあるのです。

投資信託

投資信託は、国内外の市場で取引されている

  • 株式
  • 債権
  • 不動産

等の複数ある投資を組み合わせて運用する金融商品です。
組み合わせる商品は運用のプロであるファンドマネージャーが、

  • 経済状況
  • 市場の動き

等を見ながら組み合わせてくれます。
投資信託の場合、

  • 自分のしたい運用スタイルをファンドマネージャーに相談しながら選べる
  • 運用をプロに任せる形になるので、自分で金融商品を選ぶ手間が省ける

といったメリットがあります。
しかし、ちゃんと自分の運用スタイルや目的を考えていないと、効果的に資産を運用するのが難しくなります。投資信託を利用する場合は、自分の目的や運用スタイルを考え、まとめてから相談するようにしましょう。

国債

国債は債券の一つで、国が資金を集める為に発行しています。国にお金を貸す、という形で資産運用ができるのです。
国債を購入すると、購入してから返済期間まで、半年ごとに国から利息を受け取る事ができます。購入代金、つまり国に貸したお金は、返済期間が来れば返済金という形で帰ってきます。国債を購入したお金にプラスして、利息という形で利益を得る事ができるのです。
国債には個人向け国債もあり、1万円から購入できます。返済期間や利息の異なるタイプが3つあるので、そこから選ぶ形になります。売買が出来ないので利益を得る方法は利息のみですが、国が出している債権なので、安定性に優れています。
メリットとしては、

  • 他の債権や株式に比べればリスクが低い
  • 小額から始められるので、初心者でも手が出しやすい

という点があります。
他の債権や株式に比べればリスクははるかに低いですが、全く無い、という訳ではありません。また、リスクが低い分、運用していく金額も地味なものになりがちです。
運用計画によっては、他の運用方法と組み合わせて使用する事も考えましょう。

20代からお金の準備をする事はとても大切。資産運用を始めてみよう

金融商品はその商品ごとに特徴があり、正しく選ぶ必要があります。その為にも資産運用の目標や計画は大切ですから、目標や計画の内容は出来るだけ具体的な内容で作るのが、資産運用を成功させるコツです。
20代から資産の運用方法を知っておけば、いざという時にも慌てずにお金を用意する事ができるようになります。まずは資産運用の目的を決め、計画を立てる所から始めてみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る