自然な笑顔を作るコツとは?あなたの好感度が大幅アップ!

作り笑いではなく自然に出た笑顔は、多くの人を惹きつけます。笑顔は周りの人を癒すだけでなく、和らかく親しみやすい雰囲気を作り出してくれるなどメリットは多々あります。
笑顔があるかないかだけで、その人の印象が大きく変わると言っても過言ではありません。笑顔はプライベートだけでなくビジネスの場でも重要なポイントになるでしょう。
しかし、いつも笑顔がぎこちない、作り笑顔になってしまうと悩む人も少なくありません。ここでは、自然な笑顔を作るコツについて紹介していきます。

好感度アップ!モテる!笑顔がもたらすメリットや効果

自然な笑顔が作れるだけで、得することが増えます。なぜ、笑顔でいると周りからの好感度もアップするのでしょうか。
まずは、笑顔がもたらしてくれるメリットや効果について、理解しておきましょう。

人は見た目で判断される

人を外見だけで判断してはいけないと言いますが実際のところ、外見で判断することがほとんどです。
特に初対面の人をチェックするときは、表情や身だしなみからその人のことを判断してしまうでしょう。
好印象を与えるポイントのひとつが、笑顔です。素敵な笑顔の持ち主は、親しみやすい、優しいなど好印象を与えます。

癒される

自然な笑顔は人を癒す効果も期待できます。疲れているとき、イライラしているときこそ、笑顔を見ると癒されるのです。そのため、異性からも笑顔が素敵な人はモテます。

幸運を呼びんでくれる

笑顔が出るのは嬉しいことや楽しいことがあったときです。逆に、悲しいことやつらいことがあったときは、表情も暗くなるでしょう。
アメリカの心理学者の言葉に「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」という言葉があります。
常に笑顔でいられる人も、常に楽しいことやうれしいことがばかりが起こるわけではありません。

ツラく悲しいことがあったとしても、笑顔にすることで気持ちを明るくすることができるのです。笑顔には幸運を呼び込む力もあります。

美容効果にも期待

笑顔をつくるときは、私たちが思っている以上に表情筋を使っているものです。表情筋を使うことで、顔全体の血流もアップ。小顔効果やたるみ防止効果も期待できるようになるでしょう。

普段からよく笑うことも大切!自然な笑顔を作るコツ

笑顔がないと、顔立ちによっては相手に冷たく近寄りがたい印象を与えてしまいます。自然な笑顔を作るためには、日ごろのちょっとした努力が必要です。
自然な笑顔を作るためのコツを3つ紹介していきます。

口角をキュッと上げる

笑顔を作るには、周りに好印象を与えられるような表情を作ることが重要です。そのために、欠かせない要素となるのがキュッと上がった口角です。

口角をしっかりと上げて歯が見えるようにしましょう。下の歯よりも上の歯を多くみせるようにするのがコツです。口角を上手く上げられないときは、口を「い」の形にするように意識してみましょう。

他にも、割りばしを使ったトレーニング方法もあります。割りばしを横にして口にくわえ、30秒キープします。
最初はうまく作れなくても練習すると次第にうまく作れるようになっていきます。また、口角をあげる他にもいいことがあります。

  • ほうれい線の予防
  • 顔の血行促進
  • たるみ改善

といった美容効果も期待できるようになります。

目も笑っていること

たとえ口角が上がっていたとしても、目が笑っていなければ自然な笑顔とは言えません。目を少し細めて目尻を少し下げることで優しい印象を作れます。
よく目が笑っていないと言われる人は、目が笑うように意識してみましょう。鏡を見ながらトレーニングしてみるとわかりやすいと思います。
鏡と紙を用意します。そして、鏡を見ながら紙で目から下を隠して笑顔の練習をしてみましょう。
すると、目の部分だけがクローズアップされて、目も笑っているかどうかをチェックしやすくなります。
目が笑っていないときは、目を細めて目尻を下げるように意識してみましょう。笑顔を作ったときに、目も自然に笑えるようになってくると自然な笑顔に見えるようになります。

左右均等の表情

左右のバランスが整っていると、より自然な笑顔に見えます。顔には表情筋がはりめぐらされていますが、実は力の入れ方は入り具合など、人それぞれ微妙なクセがあります。
そのため、よく見ると左右均等に笑顔が作れていない人が多いのです。自分の笑った顔を写真で撮影してみると、笑顔のクセが分かりやすいと思います。
自分の笑顔のクセを見つけて、それを改善できるように鏡をみながら練習してみましょう。

表情筋を鍛えるのがコツ、素敵な笑顔を作るためのトレーニング

自然な笑顔を作ることができないのは、表情筋の使い方にも問題があるからです。特に日本人は、欧米人と比べて表情に乏しく、表情筋を使う割合も少ないのだとか。
そこで、表情筋のトレーニングを習慣化してみましょう。笑顔を作るのに役立ちますよ。

表情筋を鍛えよう

笑顔を作るときに使う主な筋肉は、以下の5つです。

  • 口輪筋
  • 笑筋
  • 大頬骨筋
  • 頬骨筋
  • 眼輪筋

です。これらを意識して鍛えることができるトレーニングがあります。

「い」「う」を繰り返す
大きく口を開けて「い」と「う」を繰り返すだけです。
舌回し
口をしっかりと閉じます。その状態で舌を時計回り、反時計回りにそれぞれ10回程回すだけです。このときに口が開かないように注意しましょう。
ウィンク
左右それぞれの目を5秒ずつしっかり閉じます。

表情筋を鍛えておくとたるみや老化防止にも効果てきめん!アンチエイジングのためにも取り入れてみましょう。

日ごろから笑うことを意識しよう!

人間の顔にはたくさんの筋肉がはりめぐらされていますが、使わない筋肉は衰えやすくなります。普段から笑わない人は、その状態で顔の筋肉が固まりがちに。
すると、笑おうと思って自然な笑顔が作りにくくなるのです。

  • パソコンに向かう仕事がメイン
  • 研究職
  • 開発職
  • 一人暮らし

といった人は、人と会話する機会が少なくなりがちです。普段から笑うことが少ないと、いざ笑おうと思っても上手く笑顔が作れないのです。
そこで、普段から笑う機会を増やしてみましょう。たとえば、自然と笑顔になれるような写真や画像をストックしておくのもおすすめです。
他にも、お笑い番組などを見る機会を増やして、思いきり笑うのもいいでしょう。普段から笑う回数が多いと、笑顔も作りやすくなるはずですよ。

練習すれば大丈夫!素敵な笑顔を作ってみよう!

自然な笑顔はそれだけで大きな魅力になります。普段から笑顔を作る練習をして、素敵な笑顔を作れるようにしておきましょう。
自然な笑顔が作れると異性や同性からも好感度がアップ、職場でも好印象を与えられるなど良いことがたくさんありますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る