知っておきたい退職願と退職届の違いとは?書き方と提出の仕方

転職などで会社を退職する際に必要な書類が退職願と退職届です。この2つの役割の大きな違いがあります。退職願は会社もしくは経営者に退職の意志を表明するものであり、退職願を出した時点であくまでもお願いをしていることになります。
一方退職届は、会社の可否を問わず、受理された時点で退職が決定します。これは労働契約を解約でき、民法の定めに則った形式であり、提出して一定の期間過ぎれば退職することになり撤回はできません。今回はそんな退職願と退職届の違いとその内容、書き方をご紹介します。

退職願と退職届の違いと内容、それぞれの大きな役割とは?

現代では自分のキャリアアップのために転職する人も徐々に増えてきています。そんな時、今の会社に退職意志を伝えて退職をしなければなりません。
そのためには退職願を提出し、退職届を出す必要があります。これらの書類はそれぞれの役割があります。

退職願とは

退職願とは、会社あるいは経営者に対して退職の意志を伝え、願い出るための書類です。この書類はあくまでも願い出ということであり、会社側が承諾をする前であれば撤回することもできます。もちろん願い出た時点では労働契約が解約されるわけではありません。

退職届とは

退職届は退職願とは違い、厳格な書類です。会社の可否を問わず退職できてしまいます。これは退職の意志表示により労働契約を解約できるという民法に定められ則った形式になります。これは提出後一定の期間が過ぎれば退職でき、撤回はできません。

書面はトラブルを回避するためにも必要な書類!

書面を提出しなくても退職が可能かどうかということ疑問がわいてきます。
民法627条では「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する」とされています。この定めから読み取れるのは、「解約の申し入れ」となっていることから、口頭だけでも退職することが可能ということになります。
ですが、口頭で伝えるということは、トラブルも起きる可能性もあることになります。本人は退職届のつもりで、口頭で伝えたが、受け取る側は退職願のつもりだったなんてこともあるかもしれません。そんなトラブルを回避するためにも書面に提出することはとっても大切なことです。

知っておくべきポイント!退職願・退職届の書き方

退職願・退職届ともにフォーマットや文面はほとんど共通しています。会社側から指定されたフォーマットがない場合は、A4サイズの便せんを使うのが一般的です。
もちろん手書きでもパソコンで作成してもOKですが手書きで作成するのが大半となっています。

書き方

1行目
「退職願」「退職届」と記入します。
2行目
本文の書きだしを「私事」または「私儀」とします。
3行目4行目
退職の詳細は記載せず、「一身上の都合により、」と記入します。そして改行し、退職したい日付を含めて「20××年×月×日をもって退職いたしたく」と書きましょう。この時お伺いを立てる書類なので、言い切り表現は避けて「お願い申し上げます」と記入します。
5行目
日付を記入します。この日付は退職願いを書いた日付ではなく、提出日付を記入します。
6行目
部署名、氏名を記入します。そして氏名の下に捺印をします。この時の捺印は、正式な書類のためシャチハタは避けます。
7行目
会社の正式名称と代表者の氏名を記入します。敬称は「様」または「殿」が一般的です。

退職届は4行目の「お願い申し上げます」という部分を「退職いたします」と記入します。これは退職することを明確にする書類となります。
そして白い封筒に入れて、表面に

  • 退職願
  • 退職届

と記入します。裏面には、

  • 部署名
  • 氏名

を記入して、完成になります。

退職願・退職届の良くある疑問

退職の理由に「一身上の都合により」と記入するのはなぜでしょうか?
例えば「転職ため」や「病気のための長期休養のため」など記入します。こういった詳細に記入すると、会社側では受理されないのが一般的です。
会社にとって、本人が退職を希望したことを証明する書類というのがポイントになり、解雇ではないことを証明する重要な書類になるからです。例えば、退職者が解雇のつもりだったが、会社側は退職者の都合と、意見の相違からトラブルになってしまうからです。
そんなトラブルを避けるためにも退職の理由には一切触れずほぼ慣例的に「一身上の都合により」となっているのです。

退職を心に決めた時にやっておきたいこと

転職などで退職を心に決めたいときにやっておきたいのが、就業規則の確認です。

一般的に就業規則には退職も申し出を行うタイミングなどが記載されています。確認しておくことで、スムーズに退職の手続きが進みます。

次に退職するには、直属の上司と面談を申し出ます。退職者が出るということは、会社側としても準備があります。もちろん強く慰留される場合もあります。こういった場合は退職願を承認されるまでに時間がかかることもあります。

退職願・退職届を理解してスムーズに穏便に退職を!

退職願・退職届は双方にとって重要です。「形式的なことが面倒くさい!」ではなく、務めた会社を円満に退社できることが自分にも周りにも大切です。次の新しい生活へ踏み出す前に、トラブルになってもやもやした気持ちを引きずらないためにも、しっかりと手順を踏んで退職すること必要です。ぜひ退職の際は参考にしてみてください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る