転職で上京する時にすべきこと。後悔しないためのポイントまとめ

このまま地元で働いていいのだろうか。やりたいことを実現するために上京して転職した方が良いのではないだろうか。
そんな風に思いながらも、実際に上京するとなるとかなり勇気がいりますよね。
たしかに東京には地方と比べて仕事がたくさんありますが、その分本当に自分にあった仕事を見つけるのはなかなか難しいのです。
せっかく上京したのに「こんなはずじゃなかった」と思わないために、転職で上京するときに注意して欲しいこと、考えて欲しいことをまとめました。
上手く進められればいい就職先が見つかるかもしれないですし、人によってはやめた方がいいこともあります。
上京して転職活動をすることのメリット、デメリットをそれぞれ知っておいた方がいいでしょう。

上京して転職を成功させるために知っておくべきメリット、デメリット

わざわざ大変な上京をしてまで転職することは本当に良いことなのか、そのメリットとデメリット、両方を知っておくべきでしょう。

給料はやはり高め

都会のいいところは、やはりお給料が高いというところでしょう。
物価が高い分、お給料もそれなりにいいところが多いです。

求人数が多い

地方と比べて東京は会社の数が多いです。
その分求人数も多いわけで、チャンスが多ければ転職が成功する確率も上がるということです。

地方にはないような会社、職種がある場合も。自分の可能性を広げることができるでしょう。

目標がなければ都会でも仕事は見つからない

会社も仕事もたくさんあるから何とかなるだろう。そう思うのは非常に危険です。

たしかにいつでもどこかで仕事を募集しています。しかしそれは、誰でもいいから雇ってくれるというわけではありません。

自分が何をしたいのかという明確な目的なしに上京しても、仕事は見つかりません。
また、会社はたくさんありますが、その中にはブラック企業だってあるのです。
何でも決まればいいやと適当に転職先を決めてしまうと、入ってから後悔することになるでしょう。

都会だからって理想の仕事が見つかるとは限らない

仕事が多い=理想としている仕事がある、ということではないのです。
都会は華やかなイメージがあると思いますが、そのような華やかで稼げる仕事は当然人気がありますよね。
競争率だって高いのですから、それなりのスキルがなければ採用はされません。
デザイナーになりたいなどの夢をもって上京したものの、全く相手にされなくて帰るはめになったという人だって少なくはないです。
また、理想の仕事が理想の働き方であるとは限りません。

考えもしなかった激務で体調を崩して地元に帰ることになる人もいます。現実は意外と厳しいのです。

生活環境がガラッと変わる

のんびりしたところで暮らしていた人は、東京の人の多さ、満員電車などになれるだけでも一苦労だと思います。
朝の満員電車は路線によっては殺人的で、乗ってから降りるまで全く身動きができないことすらあります。
仕事というよりも東京の水が合わないという理由で帰りたくなる人もいます。
これまでの生活とは環境がガラッと変わるということを覚悟しておいた方がいいでしょう。

慣れない電車移動は結構大変

東京で一番戸惑うのは電車での移動ではないでしょうか。
とにかく路線が多いので、何に乗ればいいのか、どこで乗り換えればいいのかなど、東京に住んでいる人ですら迷うことがあります。

移動は基本的に電車になりますから、路線を調べるアプリなどをインストールして電車の移動に慣れることは必須です。

知り合いがいないと孤独との付き合いが大事

東京に知り合いがいない人は、孤独と上手くつき合うことが大事になってきます。
就職が上手く決まったとしても、誰も知り合いがいない都会で、休日は一人なんてこともあり得ます。

友達を作るのが得意な人はまだいいとして、人見知りする人の場合はゼロから人間関係を構築していくことに苦労を感じるかもしれません。

上京するにはお金がかかる!転職するまでに必要なお金

上京するにはそれなりにお金がかかります。
引っ越し費用はもちろんのこと、一人暮らしをしていくにも地元と比べてお金がかかることを把握しておかなくてはなりません。

引っ越し費用

引っ越しにかかる費用としては、

  • 1〜2ヶ月分の家賃
  • 敷金、礼金(最近はゼロのところもアリ)
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 引っ越し費用
  • 新しい家具、家電などの費用

ざっと考えてこのくらい。30〜50万円くらいはないと不安です。
家賃は都会から離れるほど安くなりますし、都会でも駅から遠いところ、バスを使うようなところは安くなる傾向にあります。

ただ女性の一人暮らしはセキュリティも大事なので、安さだけで物件を選ぶわけにもいかないのが少々難しいところです。

転職が決まるまでの生活費

転職活動の期間ですが、通常はだいたい3ヶ月くらい、中には半年以上かかる人もいます。
もしも上京をしてから転職活動をするのなら、毎月の生活費として20万円ほどは必要になるでしょう。
無職の状態で転職活動を続けるとして、半年かかる場合、120万円は欲しいところです。

転職活動にかかるお金

その他、面接に行くための交通費など、細々したお金もかかりますね。交通費は3回の面接のうち1回分しか出ないという企業が多いようです。
もし地元から面接の日だけ休みをとって出てくるという場合でも、時間によっては宿泊しないといけないので、ホテル代なども必要になることがあります。

上京して転職を成功させるためのポイント

上京して転職を成功させたいと思うなら、次のポイントを抑えておいてください。

自分が何をしたいのかを明確にする

なぜその企業でなくてはいけないのか、自分がやりたい仕事では地元の企業では実現できないのか、自分がやりたいことをまずは明確にさせましょう。
単なる華やかなイメージだけで東京に出てくると、ほぼ失敗すると思います。
例えば地元では有名な大学を卒業していたとしても、東京の有名大学には知名度の点で劣ります。それだけでもハンデなのです。
都内の有名大学を出ている人たちに負けないように自分をアピールしていくためには、何故そこで働きたいのか、自分が何をしたいのかが明確になっていなければいけません。

東京の会社ならどこでもいいというスタンスではなかなか仕事は決まらないので、なぜ上京して転職したいのか、その理由を掘り下げてみてください。

業界研究、企業研究は必須!

この点は新卒の場合と同じですが、やはり業界研究や企業研究は必須です。
これをやっておかないと、入ってから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうでしょう。
本当にその会社で自分のやりたい仕事ができるのか、しっかり調べてください。

面接での熱意のアピール方法

面接では、必ずといっていいほど「なぜ上京してまでこの会社に入りたいのか」ということを聞かれるでしょう。

ずっと○○の仕事をしたいと思ってきました。地元では関連する仕事に就いてみたものの、やはりこの仕事がしたいという夢を捨てきれず、このたび御社を志望したしました。いつかこの仕事に就ける日を夢見て資格も取得しました。

その会社でなければ実現できないこと、どうしてもその業界に入りたいのだという熱意をアピールしましょう。

不満などネガティブな内容はNG

転職したいということは、何かしらの不満があったかもしれませんが、それは言わないことです。
不満があればやめるんだと思われてしまうからです。
不満があってもそれを言わずに、あくまでも自分の熱意など前向きな姿勢をアピールしましょう。

内定をもらってから上京する

お金の面からも、できれば内定をもらってから上京をすることをおすすめします。
往復の交通費、もしくは宿泊費はかかりますが、引っ越し費用や毎月の生活費と比べれば安いものです。

休みをとって何度も東京と地元を往復するのは大変かもしれませんが、なかなか決まらない時に不安な気持ちで転職活動をするよりはずっといいです。

積極的に知り合いを作る

転職活動をしながらでも、知り合いを作ることはできます。
転職関連のイベント、セミナーに参加したりして、積極的に知り合いを作りましょう。

情報交換できるような知り合いができるとちょっと心強いですし、転職とは全く関係ない趣味のイベントにも顔を出してみると、孤独感は薄れます。

どこで友達の助けが必要になるかはわからないので、色々と参加してみてください。無料のイベントやセミナーなどあちこちで開催されています。

転職エージェントに登録する

全て一人で調整しようとすると大変ですから、転職エージェントに登録をして企業との間に入ってもらう方が活動がスムーズに進みます。
面接の日が重なってしまった場合などはエージェントが調整してくれますから助かりますよ。

上京して転職活動をする時に後悔をしないために

上京して転職活動をするのは、普通の転職活動よりもずっと大変です。お金もかかるし、体力も必要です。
だからこそ、企業研究、自己分析などをしつつ、どうやって進めていくかの計画を立てることが大切なんです。
何となく東京に行きたいという漠然とした理由ではなくて、転職したい理由をしっかり掘り下げてくださいね!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る