転職活動で給与交渉を上手に行うコツ!年収アップも夢じゃない!

転職を決める理由は人それぞれだと思います。しかし、前職の給料に不満があり転職を決める人も大勢います。
給与アップを期待して転職活動をしているとき、給与交渉をする場面に出くわすことがあります。
内定をもらっているならまだしも、まだ面接を受けている段階で給与交渉をしていいものなのか迷ってしまうことでしょう。
しかし、給与のことを曖昧にしたままで転職先を決めてしまうと、後で後悔するかもしれません。
ここでは、転職活動で給与交渉を上手に進めるコツについて、紹介していきます。年収アップを期待する方、必見ですよ。

面接で条件交渉に入ったときがチャンス!給与交渉のタイミング

まだ内定をもらっていない段階で給与交渉に入ってしまったら、面接官の心象を悪くしてしまうのでは?と考えてしまいますよね。
だからといって内定後に給与交渉をしても、成功する確率は低くなります。給与交渉を行うときは内定を得る前に行うのが適しています。

状況に応じて判断することが大切

転職を希望する企業の面接を受ける前に、給料や福利厚生といった条件が提示されているはずです。
面接がすすんでくると、年収や待遇について企業側から同意を求められることがあります。
それが、給与交渉のチャンスです。ただし、やみくもに給与交渉を行っても上手くいくとは限りません。たとえば、以下のようなケースであれば、給与交渉を有利に進めていくことができるでしょう。

同業界、同職種での転職
転職の場合、給料の相場は業界、職種、経験によって決まります。そのため、交渉次第では給与アップが期待できるようになります。
前職の給料
給料を決める要素である業界、職種、経験から平均値と比べたときに、平均よりも給与額が低かったとき、給与アップ交渉が成功しやすくなります。

逆に、給与交渉が上手くいきにくいケースもありますので覚えておきましょう。

経験不足
前職とは異なる職種や業界に転職を希望している場合は、給与アップが期待できません。
要求額が大きいとき
たとえ経験があったとしても、要求額が平均を大きく上回るような場合、給与交渉を有利に進めることが難しくなるでしょう。

給与交渉がスムーズにすすむような条件が揃うようであれば、条件提示の際に給与交渉を行ってみましょう。

内定後の給与交渉は難しい?

面接のときは面接官に気を遣って、給与交渉ができなかったとします。しかし、内定が決まったら給与交渉をしようと思っても、難しいのが現状なのです。
それは、企業側が条件として提示する給料や待遇を受け入れたと判断するからです。内定後に給与交渉を行うと、条件を受け入れられないと判断して内定を見送る企業もあるようです。

自分から切り出すのも手段のひとつ

面接は何度かに分けて行われることがほとんどです。最終面接まで残り、最後まで待遇や給料に関する質問がなかったときは、自分から切り出してみましょう。

ただし、1次面接で給与交渉をしてはいけません。1次面接で給料の話を出してしまうと、面接官の心象を悪くする可能性大だからです。

面接の最後に、面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれたときが、給与交渉のチャンスです。切り出し方や話し方も給与交渉を成功させる大切な要素になりますよ。

転職エージェントの活用など、給料アップを成功させるコツ

転職で給料アップを成功させるためには、そのコツについて知っておくことが大切です。ここでは、具体的な策について詳しく紹介していきます。

自分の市場価値を知ること

転職で給与交渉を成功させるためには、給与をアップしても欲しい人材だと、企業側に思わせることです。そこで、一度自分の市場価値を調べてみることをおすすめします。
自分の価値を知ることで、自分の能力を過大評価することを防げます。自分の能力以上の給与を求められても、企業側は受け入れるはずはありません。
自分で自分の価値を判断するのは難しいですから、転職エージェントに相談したほうがより客観的に自分自身を見ることができるでしょう。

待遇にこだわりすぎないこと

面接のときに給与交渉を行うときは、それだけで多くの時間を費やさないことです。
給与や待遇ばかり気にしていると、「待遇が良ければどこでもいいのでは?」と、面接官に思われてしまうからです。

言い方や話し方に気を付けること

給与交渉を自分ですすめるときは、言い方や話し方にも注意が必要です。たかがそれだけと思うかもしれませんが、言い方や話し方が少し違うだけで、面接官の受け止め方も大きく変わってくるものです。そこで、給与交渉を有利に進めるコツを知っておきましょう。

まずは質問から
いきなり給与交渉をしたいのですが、と切り出されると面接官も驚いてしまいます。
そこで、「給与体系について求人にて拝見しましたが、確認のため再度教えていただけますか?」と給与についての質問を投げかけてから、交渉に入っていきましょう。
冷静に交渉すること
語気を強めてしまったり、自信がなさそうに話したりすると、面接官からの評価を下げる一因となります。あくまでも冷静に対処することが大切です。
具体的な数字を提示すること
交渉を有利に進めるためには、具体的な金額を提示できるようにすることです。前職の給料も基本給や残業給、ボーナスなどを詳しく述べられるように準備しておきましょう。
前職の給料をベースにして、それよりも○%アップを希望するなど具体的な金額を伝えられるようにしておくのがおすすめです。
一貫性を持たせること
面接が複数回にわたって行われる場合、毎回異なる面接官が担当になることがあります。
面接の度に給料に関する質問を投げかけられることがあるかもしれません。その都度異なる答えを出していると一貫性がない人だと思われますので、注意しましょう。

自分から切り出すときは以上のような点に注意して、給与交渉をすすめてみましょう。

福利厚生や手当についても確認しておくこと

給与交渉を行うときは、基本給やボーナス、残業手当に目が行きがちです。しかし、それだけではなく、手当や福利厚生の部分も加味して給料交渉を行うようにしましょう。
たとえば、家賃手当があるかないかでも毎月使える金額が大きく変わってきます。それ以外にも資格手当や通勤費、家族手当の額によっては、基本給の不足分を十分カバーできるかもしれないのです。

その点も十分加味した上で、どの程度の給料アップを期待するのかを、決めるといいでしょう。

転職後の貢献度をアピールする

面接のときに採用後の貢献度をアピールすることで、給与交渉がスムーズに進むことがあります。それは、企業側が転職者に対して即戦力を求めるからです。
何かアピールできそうな要素があれば、面接のときに伝えられるように準備しておくといいでしょう。

転職エージェントに任せる

転職活動を自力で行うのではなく、転職エージェントに依頼するのもおすすめです。転職エージェントに登録することで、さまざまなサービスが受けられるようになります。

  • 応募書類の書き方
  • 面接のアドバイス
  • 希望に叶う転職先の紹介

などです。また、転職エージェント経由で給与交渉をお願いすることもできるのです。自分で給与交渉を行うよりも、転職エージェントが仲介に入ったほうが、交渉がスムーズに行うことも多いのです。
転職エージェントは、年齢層や業界、職種などから給料の相場を詳しく把握していますので、給料交渉を有利に進めやすいのです。
転職エージェントに給与交渉を依頼するときは、以下の点に注意してください。

早い段階で年収を伝える
転職エージェントに登録すると何度か担当のキャリアコンサルタントと打ち合わせをすることになります。
その時に、転職先に求める条件などを伝えると思いますので、希望年収についても早い段階で伝えておくことが大切です。
そのほうが、キャリアコンサルタントも希望の年収が叶うような企業を紹介しやすくなります。
理由を伝えること
なぜ、給与アップを希望するのか、その理由を明確にキャリアコンサルタントに伝えることも大切です。
転職エージェントを介して給与交渉を行うときは、企業側が転職希望者のモチベーションや不安をくみ取りにくいからです。理由があったほうが、説得力があります。

給与交渉を成功させるのは簡単ではありません。転職エージェントを利用したほうが、ものごとがスムーズに進む可能性画高いのです。

必要以上に恐れる必要はなし!給与交渉はできることがほとんど!

採用に影響があると考えると、給与交渉を切り出しにくいと考える人がほとんどです。
しかし、恐れることはありません。企業が最初に提示している年収も転職希望者が年収交渉を持ちかけてくることを前提に、低めに設定されていることがあるからです。
入社してから給料に不満を持ってしまうと、それが仕事のモチベーション低下や転職につながってしまいます。給与面で満足するためには、事前にしっかりと交渉することが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る