テレアポで成果を上げる極意とは?アポ率を上げるコツを紹介


テレアポの仕事は難しいそうな上に顔が見えないため、相手に伝えるのに苦労することもあります。さらに声の質や話し方などで相手をイライラさせてしまい言葉や内容が伝わらない時も…これではアポイントをとる以前に電話を切られてしまいますね。
ノルマがあるテレアポでは、アポイントがとれないことが大変プレッシャーです。焦るあまり強引になり過ぎてせっかく興味を持ってくれている人を逃してしまうこともあります。
これでは仕事として成り立たず、働いていることがストレスになってしまいます。
この記事では、テレアポで成果を上げる極意、コツなどを紹介していきます。少しでもストレスを軽減して楽しく働きましょう。

テレアポの目的とは?仕事内容を知っておきましょう

よく聞くテレアポの仕事。仕事内容は意外にシンプルです。

テレアポの目的

テレアポの仕事は、企業の商品やサービスなどを電話をして相手に興味を持ってもらい、アポイントを獲得する仕事です。
電話相手は企業や個人など様々ですが、会ったことのない相手に電話だけでいかに興味を持ってもらえるかがポイントになります。
商品やサービスを売るのではなく、興味を持ってもらいアポイントを獲得することが基本的な目的になります。

どのような人に向いているか?

営業の仕事に近いですが、オフィス内で電話で仕事をするので体力は必要なく、女性に向いている仕事と言われています。
比較的、未経験OKな企業が多く、しっかりとした研修があるのでどのような人でも働くことができるのでおすすめです。

テレアポにコツはあるの?アポ率を上げるポイント6つ

シンプルな仕事内容でもノルマがあったり、ノルマなくてもアポイントがなかなか獲得できないことはプレッシャーですね。
アポイントを獲得しやすくなる極意をいくつかあげてみます。

説明は簡潔にする

親切な人ほど詳しく説明をしがちです。どれだけ商品やサービスが良いかを説明してあげようという気持ちでいっぱいになり細かく説明をしてしまいますが、実は聞いている側は退屈している可能性があります。
よく考えてみればわかりますが、長い話を聞き続けるのは大変疲れますね?同じようにテレアポでもどんなにいい話だとしても長ければ長いほど聞くことが苦痛になっていきます。
結果、最後まで話を聞いてもらえずに電話を切られてしまうパターンに。
詳しい話は営業のプロが担当してくれるので、テレアポでは簡潔に話しましょう。

【極意】

  • 興味を持ってもらえそうな内容に絞って話す
  • 全部を話そうとしない
  • テレアポの目的を思い出す

電話で接客をする

電話で話すということは、商品やサービスの説明写真などを見せることができないため口頭で伝えるしか方法がありません。「なんとかして伝えよう」という強い気持ちが裏目に出て、気が付けば一方的に話をしているということが多くあります。
販売員の仕事を思い出してみましょう。お客様との会話はキャッチボールが行われています。お客様のご要望を聞き、それに対して応える。テレアポも電話で同じようにキャッチボールを意識した会話をします。
自然な会話のキャッチボールができるようにトークスクリプトをつくっておくと便利です。相手が応えてくれる質問を考えておくと、比較的スムーズに会話が流れます。

【極意】

  • 一方的に話さない
  • 会話のキャッチボールを大切にする
  • キャッチボールがスムーズになるようにトークスクリプトを用意しておく

聞きにくい話し方はやめる

テレアポの仕事は、ただ話せばよいというわけではありません。顔が見えないため、声だけで伝えなくてはなりません。声や話し方が不愉快だと、聞き手は大事な時間を割いてまで話を聞こうとはしません。
以下のような話し方は相手を不愉快にさせるためテレアポには向かないのでチェックしてみましょう。

【不愉快な話し方】

  • 元気でテンションが高め
  • 声が甲高い
  • かわいいと言われる話し方
  • 早口

女性特有の「かわいい話し方」。自分ではかわいい、女の子らしいと感じて話しているかもしれませんがテレアポでは不要です。
聞き手からすると言葉が聞きにくく、仕事があまりできない人という印象を与えがちです。結果、信頼を得ることが難しいため話を最後まで聞いてもらえなくなる可能性が高くなります。
テレアポの目的を思い出し、仕事中の時には話し方を変えてみましょう。

【極意】

  • 落ち着いたトーンで話す
  • 独りよがりな話し方はNG
  • 聞きやすいスピードで

興味のなさそうな相手を追わない

テレアポの仕事をすると、アポイントメントを獲得しようとするあまりに興味がなさそうな相手まで追いかけてしまうことがあります。相手からすると押し売りされているような気分になり、印象がマイナスになります。
まったく興味を示さない相手にをムリに追ってもアポイントメントを獲得することは難しいのです。どんなにがんばってもアポイントメントが獲得できなさそうな相手に時間をかけず、少しでも興味を持ってもらえそうな相手に時間を費やしましょう。

【極意】
ダメそうな相手は諦める

セールス感を出さない

知らない相手から電話がかかってくると、相手は「営業電話だ」「押し売りされる」「面倒だ」などネガティブな感情が生まれてきます。言葉や話し方に注意して相手にはセールスで電話しているという印象を与えないようにします。
相手にどのような言葉を使えば聞いてもらえる確率が上がるのかを考えてみましょう。
単に「商品紹介をする」「案内をする」というスタンスで会話をするのではなく、少しだけでも耳を傾けてもらえるように「ご確認したいことがある」などの言葉を選択してみましょう。少し話を聞いてくれる確率がアップするはずです。

【極意】

  • 押し売りしない
  • 営業電話という印象を極力なくすような言葉を選ぶ

クロージングする

まずは「クロージング」という言葉の意味を知りましょう。

【クロージング】

  • ビジネスにおいてお客様と契約を結ぶこと
  • テレアポではアポを獲得するまでのアプローチ過程を指す

                                                                               テレアポの目的はアポイントメントを獲得して会う機会を与えることです。そのためにはクロージングをしっかりとすることが重要です。
商品やサービスの説明、相手へのメリットを簡潔に伝えた後には必ずクロージングをしましょう。
クロージングをしているか?していないか?だけでアポイントメント獲得率が違ってきます。断られることを恐がらずにクロージングをどんどんしてきましょう。

【極意】
クロージングをどんどんしていく

テレアポはある程度断られて当たり前という覚悟も必要

テレアポの極意をすべてできるようになったからといって全部アポイントメントが獲得できるわけではありません。とちらかといえば、テレアポでは断られることも仕事のうちというスタンスでいることがよいでしょう。
断られる度に落ち込んでいるとテレアポの仕事は疲れてしまいます。「断られる確率は高い」とう心構えでテレアポの仕事をするのがもっとも重要な極意といえるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る