バイトがめんどくさい!嫌な理由と乗り越える為の対処法


学業や家事の傍ら、バイトをしている人はたくさんいます。学費や生活費を稼ぐ為にやっている人にとって、バイトはどんな時も頑張らなくちゃいけない事となっています。
そんな人でも、どうしてもバイトに行きたくない、めんどくさいと感じてしまう時はあります。人によっては、そんな自分が嫌になってしまう人もいるかもしれませんね。こんな時、どうしたらいいのでしょうか。
そんなバイトをめんどくさいと感じる時、嫌だなと感じている時を、何とか乗り切る方法があります。
バイトがめんどくさくてつらい時や、どうしても乗り越えたい、気持ちを切り替えたいと思っている人に、役立つ方法を紹介しますので、参考にして下さい。

バイトはめんどくさいもの。めんどくさい理由を知っておこう

バイトといっても仕事の一部です。仕事の多くは面倒な作業が多く、気が滅入るのもある意味当然といえます。しかし、めんどくさいと感じる理由によっては、対処が必要になるのです。

バイトはどの仕事もめんどくさい

バイトの求人はどの業界にも存在している、といっていい程たくさん出ています。仕事の数だけ、バイトがあるといってもいいでしょう。そのバイトのどれにでも共通する事が、めんどくさい仕事があるという事です。

  • その業界の仕事が好き、得意
  • 将来はその業界やお店で本格的に働きたい

という目標を持ってバイトをしている人もいるかと思います。
そんな人達でも、やっぱり「バイトがめんどくさい」と感じてしまう事はあるのです。
バイトはどの仕事もめんどくさいという事は、バイトをする上でどうしても避けられない事だと思っておく必要はあります。逆を言えば、めんどくさいと感じるのは当たり前なのですから、その気持ちを悪く思う必要もないという事です。

めんどくさい理由を知っておこう

一口に「めんどくさい」といっても、それを感じる理由は実にたくさんあります。

  • 仕事内容が複雑、めんどくさい
  • バイト先にくるお客さんがめんどくさい
  • 人間関係がめんどくさい
  • 休み明けでバイトがいつも以上にめんどくさく感じる
  • 疲れがたまっていてバイトがめんどくさい
  • 通勤時間が長すぎてバイトをめんどくさく思っている

よくある理由だけでも、これだけの理由があるのです。
これらの理由の中には、ある程度自分で対処できる理由もあれば、自分だけではどうしようもない理由もあります。内容によって、対処できる場合と出来ない場合があるのです。

  • 対処できるものは自分で対処し、改善する
  • 対処できないものは助けを求める、あきらめる

等、ある程度めんどくさい事に対する対処をすれば、めんどくさい気持ちを軽減する事はできます。
また、ただ理由を知り、納得しているだけでも、気持ちの上では楽になる事もあります。めんどくさい気持ちや、それによって生まれたストレスの解消ができる場合もあるでしょう。
バイトをめんどくさいと感じたら、まずはその理由探しをしてみる事をおすすめします。

めんどくさい理由によっては、辞めてしまうのもアリ

バイトをめんどくさいと感じる理由によっては、いっそバイトを辞めてしまった方が良い結果を生む理由もあります。
自分一人では解決できない理由があり、

  • 他の人の助けが必要なのに、誰も助けてくれない
  • 解決する為に自分で動いたら、それを止められた、注意された

という場合は、他のバイトに移った方が良い場合もあります。
例えば、バイトをめんどくさいと感じる理由が『お客さんに絡まれる事があり、その対応がめんどくさい』だとします。
この理由の場合、

  • バイト先の先輩等に、お客さんのあしらい方を教えてもらう
  • めんどくさいお客さんが来たら、対応や仕事を代わってもらう

といった対応ができます。
しかし、

  • これらの対応を断られたり、ちゃんと対応してもらえなかったりする場合
  • お客さんが悪質で、めんどくさいと感じていた行為や内容がエスカレートした場合

等は、いっそバイトを辞めてしまった方が上手くいく可能性があるのです。

  • 自分一人で何とかできない場合
  • お店側でも対応ができない、難しい場合

は、バイト先を変えてしまうという選択も考えましょう。

バイトはめんどくさいけど乗り越えたい。そんな時の対処法

バイトはめんどくさいものですが、それを何とか乗り越えたい時というのはあります。そういった時、活用できる対処法を紹介します。めんどくさいけど、頑張りたいと感じた時は、試してみて下さい。

とりあえず『動く』

人のやる気は、作業に取り掛かる前よりも、作業中に段々やる気が出るような仕組みになっています。
めんどくさい事に取り組む時、どうしてもいやな気持が出てしまいますが、それを我慢して取り掛かると、以外にできてしまう、という現象は、このやる気のメカニズムが関係しているのです。
めんどくさい事でも、とりあえず目標を設定してそこまでに動くようにすると、やる気が出てきて乗り越えられるようになります。バイトも一緒です。
最初はバイトの行く準備、特にとても簡単な理由を目標にして、動いてみましょう。

  • ベッドや布団から出る
  • 歯を磨く、顔を洗う
  • 着替える
  • バイトに必要な道具を用意する
  • 靴を履く
  • 家を出る
  • バイト先の扉をくぐる

等、本当に目標となるか疑わしい位簡単な目標を立て続けて下さい。
バイト中なら、

  • 作業に必要な道具をそろえる
  • 品物を掴む、用意する
  • 掃除道具入れを開ける

等です。
これらの目標を達成したら次の目標を立て、それをまた達成して…。というのをどんどん繰り返していけば、いつの間にか仕事を終える事ができます。

給与の事だけを考える

めんどくさい事に取り掛かる時、

  • めんどくさい事を意識する
  • バイト以外の事を色々考える

といった事をしていると、余計にバイトをめんどくさく感じてしまうようになります。
めんどくさい気持ちを少しでも感じないようにする方法として、バイトによって得られ給与の事だけを考えるという方法があります。
めんどくさい仕事でも『これが給与の元になる』と考えるようにするのです。嫌な仕事だけど、これを我慢すれば給与(ご褒美)が手に入る、と考える事で、嫌な事を良い事につなげてしまうのです。
ちょっと強引かもしれませんが、めんどくさい気持ちや、それによって生まれる嫌な気持ちをある程度軽減できる効果があります。
給与の他にも、

  • まかない
  • バイトの後に、自分へのご褒美を設定する

等について考えるのも有効です。

めんどくさい作業を見直す

バイトの作業の中には、効率的でない作業をしている為に、めんどくさい事になっている場合もあります。バイトでする作業の中にめんどくさい作業があれば、その作業工程を見直してみましょう。
作業工程を見直すと、

  • やらなくても良い
  • 無駄が多い
  • 内容が複雑

等、めんどくささを感じる作業や工程が出てくる事があります。
こうしためんどくさい原因が明確化される作業があれば、徹底的に効率化してしまいましょう。めんどくさい理由が分かれば、改善点も分かります。改善点や改善方法が分かったら、すぐに実践したり、周りの人に相談したりして下さい。

バイトはめんどくさくて当たり前。何とか乗り越える事を考えよう

バイトはどうしてもめんどくさいと感じてしまう事です。めんどくさいと感じたら、それを当たり前ととらえて、乗り越える方法を考えてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る