「つきましては」正しく使えている?その意味や使い方を徹底マスター

ジネスシーンでは、敬語や尊敬語、丁寧語を上手く使い分ける場面が多々出てきますよね。自分では上手く使いこなしているつもりでも、実は使い方を誤っていることもあるのです。
たとえば、「つきましては」という言葉。改まった場面や、ビジネスメールでもよく使う言葉ですが、その意味や正しい使い方について、よく知らない人が少なくありません。
誤った使い方を続けていると、「ビジネスマナーが身に付いていない」と思われてしまいますよ!ここでは、「つきましては」の意味と使い方について詳しく解説していきますね。

実は2種類の意味がある!つきましてはの意味とは

「つきましては」を漢字で表記すると「就きましては」と書きます。しかし、漢字よりもひらがなで表現することがほとんどです。
普段何気なく「つきましては」という言葉を使っているかもしれませんが、その意味は2通りあります。意味をはき違えて使っていることもあるので、正しい意味を押さえておきましょう。

文頭で使う接続詞

今までの話の内容を元にして、次の話題を振るときによく使うのが接続詞としての「つきましては」です。
もっと簡単に言うと、「そのため」や「そこで」をより丁寧に表現したいときに使います。

敬語表現として

会議などで自分に話しがふられたときに「○○につきましては」という使い方をすることがありますよね。
これは、「○○については」「○○に関しては」といった表現を丁寧にしたいときに使う言い回しです。

言葉や文章で、どこに「つきましては」を使うかで、その意味が異なってくることをしっかりと覚えておきましょう。

使い方を誤ると恥をかく!「つきましては」のを使うときの注意点

「つきましては」という意味は理解できたとしても、使う場面や使い方についての注意点や事例を知っておいた方が、より正しく言葉を使えるようになりますよ。

誰に対して使うのが適切?

言葉によっては、たとえ丁寧な表現であったとしても、使う相手を適切に選んだ方がよいこともあります。
「つきましては」という言葉ですが、それは目上の人に使ってもよいものなのか気になりますよね。

「つきましては」は、ビジネスシーンでもよく使われる言葉なので、目上の人に使っても問題ありません。

目上の人に使用するときの注意点としては、文章全体を丁寧にするように心がけることです。
「つきましては」を使っていても、そこだけが丁寧で他の部分の言い回しが異なると、言葉や文章全体のテイストがバラバラになってしまいます。

メールで使うとき

取引先などのビジネスメールでも、「つきましては」をよく使います。文頭で使う場合、「改行」するのが望ましいです。
基本的な文章の流れとしては、あいさつ文が最初に来て、その後本題に入るのが一般的です。

本題に入るときに「つきましては」を使って話の内容を切り替えることが多いので、改行した方が読みやすいメールになりますよ。

多用に注意する

丁寧な表現の「つきましては」ですが、文章や言葉で何度も繰り返し出てくると、しつこく感じます。使いすぎには、気を付けるようにしましょう。

類義語との使い分け

「つきましては」と同じような意味で使われている言葉もあります。類義語と使い分けることで、より的確に言葉を使い分けられるようになりますよ。

従いましては
「つきましては」は丁寧な表現ですが、よりかしこまった表現にしたいときは「従いましては」を使いましょう。
「従って」の敬語表現なので、以前に述べたことの結論を述べるときに使います。
おきましては、おかれましては
人や社名に対して使う言葉です。「おきましては」の尊敬語が「おかれましては」になります。「おかれましては」を使うときは、人や社名に続いて使うことが多いです。

また、国際化に伴って外国の会社と取引することも増えたと思います。ビジネス英語でも「つきましては」と同じような表現を知りたいときは、「Therefore」を使うのが適しています。

こんな風に使ってみよう!「つきましては」の使い方事例

「つきましては」という言葉の意味や使い方のコツを理解できても、いざ使おうとすると上手く言葉が出てこないことがあります。そこで、使い方の事例を知っておくと役立つかもしれません。

謝罪文で使ってみよう

ビジネスシーンでは、取引先や顧客に対して謝罪する場面も多々出てきます。そんなときにも、「つきましては」は便利に使えます。
このたびは、お買い上げいただいた商品に不具合がありましたことを深くお詫び申し上げます。つきましては、早急に新しい商品と交換させていただきたく存じます。
お詫びの言葉や理由を述べて、その後新たな提案を行うときに「つきましては」を使いましょう。

感謝やお礼を述べるとき

感謝やお礼の気持を述べてから、その気持ちを形として示す提案をするときに「つきましては」を使ってみましょう。
このたび、新しくお店を開業することとなりました。ご協力いただいたことに、深く感謝申し上げます。
つきましては、ご協力いただいた方へのお礼としてささやかではありますが、お祝いパーティーを開催する予定です。ご都合をお知らせいただけると幸いです。

依頼をするときに使用する

事実や理由を述べてから、相手にお願いをするときにも「つきましては」を使います。
このたび、新たに開業するための準備を行うこととなりました。
つきましては、より良い店舗作りのためにアンケートにご協力いただけないでしょうか?

案内で使うことも

社外に案内をするときにも、「つきましては」を使うことがあります。
このたび、株式会社○○は下記住所に移転することとなりました。
つきましては、○月○日は引っ越し作業のため連絡が取りづらいことがありますのでご了承願います。

「つきましては」の意味や使用例を知り、正しく使おう

わかったつもりでいても、実は使い方を誤っていることもよくあります。「つきましては」は、ビジネスでも使用頻度が多い言葉なので、しっかりと使えるようにしておきたいところです。
「つきましては」の言葉の意味について理解し、どのような場面で使ったらよいのか、使用時の注意点を押さえておくと、正しく使い分けられるようになりますよ!
「つきましては」という言葉ですが、ビジネスでよく使う表現の一つです。しかし、実際はその使い方が適切でない事も少なくありません。
「つきましては」の持つ意味と、注意点、使い方の事例から正しい使い方をマスターしていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る