懸賞、ポイ活、節約生活をはじめるならチャンスイット

つみたてNISAを始める前に知っておきたい!おすすめ商品の銘柄

更新

将来のために投資をしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

株や投資など調べても難しくなかなかチャレンジできないという人もいるかもしれません。

そういった初心者でも始めやすい投資として名前が挙がるのが「つみたてNISA」です。

つみたてNISAは少額から投資できる非課税制度で、選ぶ商品も限られているため投資初心者でも始めやすいと言われています。

「初心者でも始めやすい」「非課税」という言葉を見ると始めてみようかなと思いますが、つみたてNISAを始めるためにもいくつか気を付けなければいけないことがあります。

それが選ぶ銘柄です。つみたてNISAで現在、おすすめと言われている商品の銘柄について紹介します。

購入前につみたてNISAとはどういうものか知る

つみたてNISA(つみたてニーサ)を始める前に、まずはつみたてNISAがどういうものなのかを知ることが大事です。

つみたてNISAはどういうものなのかをここでは紹介していきます。

つみたてNISAの概要

つみたてNISAは、2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度のことを言います。

対象となっている商品の基準は次のようなものです。

  • 手数料が低水準
  • 頻繁に分配金が支払われない

長期・積立・分散投資に適したものに限定されています。

取り扱っている商品は次のようなものです。

  • 公募株式投資信託
  • 上場株式投資信託(ETF)

そのため、幅広い年代や投資をしたことがないという人でも利用しやすくなっています。

つみたてNISAについて表にまとめると次のようになります。

利用できる人 日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座
非課税投資枠 新規投資額で毎年40万円が上限
(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年

(出典:金融庁「つみたてNISAとは」)

投資対象商品は長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託になります。

その中でも公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たしていなくてはいけません。

  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • 販売手数料はゼロ(ノーロード)
  • 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

まずは、つみたてNISAの概要を知ることから始めましょう。

つみたてNISAの商品を選ぶときのポイント

つみたてNISAは一般NISAに比べて商品数が少ないので選びやすくなっていますが、全ての商品が高い利益を生むというわけではありません。

そのため、商品選びが重要なポイントになってきます。

投資信託の運用手法で選ぶ

投資信託を購入する場合、まずは運用手法を知ることが大事です。

投資信託には、2つの運用手法があります。

特定の指標(TOPIXや日系平均株価など)と連動した運用成果を目指すのが「インデックス型」、指標を上回る運用成果を目指すのが「アクティブ型」になります。

運用手法 目指す運用成果 コスト リスク
インデックス型 指標と連動する運用成果 低い 低い
アクティブ型 指標を上回る運用成果 高い 高い

(出典:ちばぎんブログ「運用手法」)

上記の一覧を見ると分かりますが、インデックス型は運用にかかるコストは低く、指標と連動した運用成果なのでリスクも低くなっています。

アクティブ型の場合は、ファンドマネージャーなどのプロが情報などを集めて自分たちで考えて投資をするためコストがかなりかかります。

そして指標と連動しなくなる可能性もあるため、リスクも高いです。

リスクが高くなる分、投資が上手な人はアクティブ型の方が収益を得ることもできます。

「リスクが少し高くても収益を得たい」「少しだけ上回る程度でいい」など自分が何を目標としているのかをしっかりと決めておかないと商品を選ぶ時に困ります。

どういう運用方法がいいのかをまずは決めておきましょう。

アセットクラスで選ぶ

投資対象資産の種類をアセットクラスと言います。

ファンドはアセットクラスによって平均の利回りも違うので、購入の際はアセットクラスで選ぶというのもポイントの1つです。

アセットクラスには下記の表のような種類があります。

運用手法 アセットクラス 内容
インデックス型 国内株式 日本の株式に投資。TOPIXや日経平均株価に連動。
インデックス型 先進国株式 日本以外の先進国に投資。
MSCI World Index(MSCIコクサイ・インデックス)などに連動。
インデックス型 新興国株式 新興国の株式に投資。
MSCI Emerging Markets IndexやFTSE Emerging Indexなどに連動。
インデックス型 米国株式 米国の株式に投資。S&P500に連動。
インデックス型 全世界株式 全世界の株式に投資。
MSCI ACWI IndexやFTSE Global All Cap Indexに連動。
インデックス型 バランス型
(複数配合型)
複数の指数に連動。
債券やREITなど株式以外を含む場合もある。
アクティブ型 ファンドによる 運用担当者が株式・債券・その他資産の運用割合を決定するファンド。
指数との連動ではなく、指数を上回る運用成果を目指す。

(出典:ちばぎんブログ「投資対象とする資産の種類(アセットクラス)」)

アセットクラスで選ぶ場合、リスクと期待リターンをチェックします。下記のような点をまずはチェックします。

  • 地域で選ぶ場合、「国内<日本以外の国(先進国)<新興国」
  • 資産で選ぶ場合、「債券<複合型(バランス型)<株式」

利益ばかりだけではなくリスクも踏まえて商品を選ぶようにするのが最適です。

支払う手数料が安いものを選ぶ

つみたてNISAの説明を見ると「非課税」と書かれているため、購入金額以外にお金がかからないと認識している人もいるようですが、そうではありません。

商品購入時の手数料はかかりませんが、保有している間に運用代行費用として信託報酬という手数料を支払う必要があります。

その他、解約や換金時に手数料が必要な商品もあります。

つみたてNISAは最長で20年間投資ができます。そのため、信託報酬が負担になる可能性もあります。

信託報酬は商品によって違うので、購入時に手数料を調べておくことも必要です。

つみたてNISAおすすめ銘柄を紹介

つみたてNISAには2019年10月1日時点で148本あります。

一般NISAより銘柄の本数が少ないので初心者でも選びやすい数になっていますが、この中でどれがいいのかというのは見比べていかなくてはいけません。

148本の中でどの銘柄がよくチェックされているのか、どの銘柄が買付されているかでおすすめ銘柄の特色などを紹介していきます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

商品分類 インデックス型
投信会社名 楽天投信投資顧問
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 米国株式市場の動きをとらえることを目指して、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。
  • バンガードが運用する 「バンガード(R)・トータル・ストック・マーケットETF」を実質的な主要投資対象とします。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

商品分類 インデックス型
投信会社名 三菱UFJ国際投信
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 主要投資対象は、S&P500インデックスマザーファンド受益証券。なお、米国の株式に直接投資することがある。
  • 主としてS&P500指数(配当込み、円換算ベース)の値動きに連動する投資成果をめざす。
  • 対象指数との連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

商品分類 インデックス型
投信会社名 三菱UFJ国際投信
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 「外国株式インデックスマザーファンド」を通じて、主として日本を除く世界主要国の株式に投資を行う。
  • MSCIコクサイ ・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとし、同指数と連動する投資成果をめざして運用を行う。
  • 対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

商品分類 インデックス型
投信会社名 楽天投信投資顧問
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 楽天・全世界株式インデックス・マザーファンド受益証券への投資を通じて、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。
  • 対象指数に連動する上場投資信託証券(ETF)の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」を実質的な主要投資対象とする。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

商品分類 インデックス型
投信会社名 三菱UFJ国際投信
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 主として対象インデックスに採用されている日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券に投資する。
  • 国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内不動産投資信託証券および先進国不動産投資信託証券への実質的な基本投資割合は、純資産総額に対してそれぞれ12.5%とする。
  • 各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざす。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

商品分類 インデックス型
投信会社名 ニッセイアセットマネジメント
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 日本を除く世界主要先進国の株式に投資することにより、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざす。
  • 独自の計量モデル等を活用し、ポートフォリオを構築する。
  • 購入時および換金時の手数料は無料、信託財産留保額なし。

ひふみプラス

商品分類 アクティブ型
投信会社名 レオス・キャピタルワークス
買付手数料 なし
解約手数料 なし
特色

  • 主要投資対象は、国内外の上場株式。
  • 長期的な経済循環や経済構造の変化、経済の発展段階等を総合的に勘案して選ばれた国内外の株式市場のなかで、長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、定性・定量の両方面から徹底的な調査・分析を行う。
  • その時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に長期的に選別投資し、信託財産の長期的な成長を図る。

つみたてNISAで商品を選ぶ時は運用方法や手数料をチェック

つみたてNISAは一般NISAに比べると商品数が少ないので選び安いと言われています。

しかし、始めてだと少なくてもどれがいいか迷ってしまいます。

みたてNISAの商品を選ぶ時はリスクの高さはもちろん、運用方法や諸々の手数料についてチェックしましょう。

それでも迷ってしまう時は、その時にどの商品が1番購入されているか、またはチェックされているかを調べてみることも方法の1つです。

この記事をシェア