仕事の辞め時はいつ?こんな兆候があったら転職を考えよう


仕事が嫌になると「辞めたい」と考えてしまうのは、社会人をしているならある意味仕方のない事なのかもしれません。しかし、この辞めたいと思う頻度が多いと、ちょっと問題です。
もし、辞めたいと感じる頻度が多いなら、どんな時に思い浮かぶのかをチェックしてみて下さい。その内容によっては、転職を考えた方が良い場合もあるのです。
どんな物事にも終わりがありますが、仕事にも新しい仕事に切り替えるべきタイミング「辞め時」が存在しています。この辞め時を見誤ると、自分の心や体、キャリアに悪い影響を与えてしまう場合もあるのです。
仕事の辞め時と見極め方を紹介しますので、辞めたいと感じた時は以下の内容を振り返り、試してみて下さい。

これに当てはまったら仕事の辞め時!転職を考えるべきポイント4

仕事の辞め時というのは分かりにくいものです。これは、退職や転職を考えるポイントがたくさんあり、それを見極める必要がある為です。
多くの人がこの辞め時の見極めで頭を悩ましてしまいますが、そのポイントの中には「これを強く感じたら転職を考えた方が良い」という、分かりやすいポイントも存在しています。
転職を考えるべき4ポイントを紹介しますので、自分の仕事を振り返りながらご覧下さい。

仕事で新しい事を覚える機会が無い

  • 会社で行う仕事内容を、イレギュラーな時の対応を含めて全て知っている
  • これから行う予定の仕事内容が、何度も経験した仕事しかない
  • 上司に将来の事や仕事の事について相談しても新しい意見を聞けない

等の場合、転職して新しい仕事を覚えられる環境に行った方が良い可能性があります。
仕事内容を、

  • 通常の状態
  • ミスが起きた時
  • イレギュラーな対応や作業をしなくてはならない状態

も含めて完全に対応し、業務をこなせる場合、その仕事に就いてほぼ完璧にこなせる状態であるといえます。
会社で仕事をしていて、自分が担当するすべての業務がこの状態の場合は、これ以上新しい仕事を覚えられない、という事でもあるのです。成長できない状態で仕事をしていて、それに不満を感じるなら、新しい仕事に挑戦した方が良いでしょう。
また、上司等にこの状態について相談してみて下さい。

  • 自分の仕事に対する意見や考え
  • 現在の自分にできる事

を相談した時、上司の反応とそれにどんな感情を持ったかによっては、新しい仕事を探した方が良い場合があります。
具体的には、上司に話をした時に

  • 現状維持や、現在の仕事に就いて深く考えていない事が分かる反応
  • 現在の仕事や地位に自分を閉じ込めようとしている発言
  • そもそも話が出来ない、聞いてくれない状態

になった場合、そこでは仕事による成長や新しい事への挑戦はできないと考えて下さい。
また、これらの反応が無かった場合でも、

  • ベストを尽くしたのに評価が低い
  • 上司の発言や態度に失望を感じた

のなら、ちゃんとした評価をもらえる場所への移動を考えてみてもいいかもしれません。
仕事に変化が無く、成長も認められない状態は、自分のキャリアを閉ざす可能性が高い状態です。この状態に不満があるなら、新しい仕事や職場に挑戦してみましょう。

異動や昇進が望めない

  • 異動部署が無い
  • 会社内部での評価が固定されており、他に行ける部署が無い
  • 今後昇進や昇給も認められそうにない

という事に不満を感じているなら、思い切って転職してみましょう。
企業の規模や状態によっては、評価に変化が生まれない場合もあります。それにより、現在の仕事に閉じ込められるような形になっているなら、思い切って別の仕事に挑戦し、新しいキャリアを築いてしまった方が良いでしょう。
同じ業種でも、企業の規模や状態によっては新しい仕事を覚えたり、キャリアアップを望めたりする場合もあります。また、経験者として入社出来る分、現在よりも良い状態でのスタートを切れるケースもあります。

仕事量や仕事内容に疑問を感じている

  • 自分の給与や待遇に比べて仕事量が多い・少ないと感じている
  • 業績や評価が伸び悩んでいて、その原因に心当たりがある

といった場合も、仕事を辞めて転職を考えた方が良いサインです。
自分の

  • 仕事量
  • 仕事をする範囲
  • 仕事内容の種類

が適切でない状態で働くのは、モチベーションを維持する事が難しくなります。
モチベーションが低下した状態で仕事をしても、やりがいはもちろん、新しい事を学んだり、新しいキャリアを積んだりする事は難しくなります。そういった目的があるなら、転職をした方が良いでしょう。
また、仕事の質が低迷している原因が分かっていて、自分だけではその原因を取り除く事ができない場合も、モチベーションの低下を招きがちです。
この場合、会社や部署全体の状況が関係していますから、会社や部署全体で環境を変えなくてはなりません。この様な環境を自分だけで打破する事はとても難しいです。
環境を変える事が難しいなら、自分が別の環境へ移動した方が簡単に状況を改善できます。仕事をしていて自分の所属している企業が「どうしようもない状態」になっている事が分かるなら、仕事から学べる事は十分学べています。
学んだ事を新たに活かし、それを発展させる為にも、この様な状態に陥った時は転職を考えましょう。

仕事の悪影響がプライベートにも出てきている

  • 仕事の疲労やストレスの影響が心身に出ている
  • 仕事のせいで家族や恋人、友人と過ごす時間が多いに圧迫されている
  • 仕事に拘束される時間や状況が多いせいで生活がままならない状態になっている

場合は、仕事を辞める事を検討しましょう。
これらの状態は仕事によって健康的な生活が阻害されている状態です。仕事内容によってはある程度は仕方がないかもしれませんが、それでも日常生活を送るのが難しくなっているレベルなら、異常な状態です。
この状態を長く続けてしまうと、心や体に大きなダメージを負ってしまう可能性が高くなります。一度大きなダメージを受けた心と体は、回復に長い時間が必要です。働けなくなる状態が何年も続いてしまう場合もあります。

  • 会社の影響がプライベートにまで大きく影響している場合
  • 心身に悪い影響が強く出ている場合

は、自分の心と体の回復等を最優先にした行動を取るようにして下さい。場合によっては、会社を辞め、治療期間を設ける事も検討しましょう。

辞め時を感じたら、まずはこの2つの行動をやってみよう

辞め時のポイントを見て当てはまる所が合った場合でも、何も考えずに仕事を辞めてしまうのは危険です。
まずは以下の行動に挑戦してみて、頭を仕事から離してあげましょう。その上で、辞めるかどうか、辞めるならどんな行動を取るべきかを考えれば、間違った選択をして後悔する、といった事態を防ぐ事ができます。

仕事を辞める際のデメリットを考える

仕事の辞め時をチェックした時、同じようにチェックして欲しいポイントが「その仕事を辞めるとどんなデメリットが発生するか」という点です。

  • 自分の状態
  • 業種の状態(業種全体が不景気、転職が難しい業種である事等)
  • 企業の状態(社会的な信用度や、待遇等の安定性が高い企業に就職している等)

によっては、辞めた結果

  • 収入が不安定になる
  • 転職が上手くいかず、無色の期間が出来てしまう
  • 正社員として就職できず、社会的な信用が下がってしまう(賃貸等の審査に悪影響)

等のデメリットを抱え込む事になる可能性も考えられます。
これを避けるには、現在の状況とこれからしたい行動、それによる結果や可能性を見比べ、どちらの方が良い状態になるかを見極める必要があります。
辞め時のポイントを満たしていると感じたら、

  • 現状を続ける場合に発生するデメリット
  • 仕事を辞めたり、転職したりするときに発生するデメリット

を書き出して、見比べてみましょう。
デメリットを書き出してみると、その大きさを具体的・客観的に見る事ができます。実際に辞めるかどうかは、それによって判断するようにして下さい。

転職する場合は転職サイト等の活用を

現在の仕事を辞めるだけでなく、転職を考えている場合は、転職サイトを活用しましょう。転職サイトには専門のエージェントが転職について相談に乗ってくれます。この時、自分が現状にどんな不満があるのかを明確に伝えましょう。
現状を伝える事で、専門家と一緒に現状を変える方法を考える事ができます。少なくとも、現在と同じ状況になる可能性の高い企業は避けられます。
せっかく転職をしても、自分の力を活かせない所や、今までと変わらない所にいるようになっては意味がありません。現在の仕事で得た力を活かしつつ、新しい事を学べるような環境に行けるよう、転職サイト等を上手く活用していきましょう。

仕事の辞め時を見極めて気持ちよく働けるようになろう

仕事の辞め時は大きなポイントを押さえれば、自分でも判断する事が可能です。辞め時のポイントに心当たりがあるなら、ポイントを明確にし、冷静な判断が出来る状態を作っておきましょう。その上で、退職や転職を考えるようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る